留学スクエア

留学TOP >  カナダ留学 > カナダ英語がアメリカ英語・イギリス英語とどう違うか

カナダ英語がアメリカ英語・イギリス英語とどう違うか

カナダ英語の違い

日本の小中高教育での英語学習は、主にアメリカ英語に基づいていますが、さて、カナダの英語と言われると、どんな英語か思いつきますか?


今回は、カナダ英語がどのようにアメリカ英語やイギリス英語と違うか見てみましょう。


アメリカ英語とイギリス英語の違い

まず、アメリカとイギリスでは、スペリングが異なります。例を見てみましょう。


アメリカHonorColorFavorCenterOrganization
イギリスHonourColourFavourCentreOrganisation

カナダ英語だと

そして、カナダ国内ですが、-or/-our単語ではイギリススペルが主流だったり、-zation/-sation単語は、アメリカスペルを使う人が多いのも事実ですが、この二つのスペルスタイル、どちらとも受け入れられています。


どちらかが間違い、正しいということはないのです。スペリングの他にも、語彙の違いもあります。


アメリカでも地域によって呼び名が違う“炭酸飲料”の意味の、popとsodaですが、カナダではpopと呼ぶ人がほとんどです。


お手洗いの英語は、アメリカではrestroom、カナダではwashroomと耳にすることが多いでしょう。


他にも、スニーカーのことをアメリカでは"Sneakers"と呼ぶのに対して、カナダでは"Runners"と呼ぶこともあります。


またカナダ独特の呼び名をするものもあります。


寒いカナダでは大活躍のニット帽ですが、カナダでは"Toque"(トゥーク)と呼びます。


また発音の違いとして有名なのは、アルファベットの"Z"です。


アメリカ英語では、"ズィー"と発音しますが、カナダでは、日本でもよく耳にする"ゼット"と発音します。


カナダ英語の訛り

ちなみに、日本に方言や訛りがあるように、アメリカでは、地域によって、イントネーションやアクセントが違うことが多いのですが、カナダでは、東西南北、英語が大きく変わることはありませんので、喋り英語だけでは

どこの出身かは想像できないでしょう。


その中でもカナダ人独特の喋り英語で有名なフレーズが一つあります。


それは、他国の英語でもよく使われる、"huh?" や "right?" と同等の意味をもつ、"Eh?"を語尾に付けることです。


例えば、"It's pretty chilly today, eh?"(今日は結構冷えるねぇ)などと使います。


この"eh?"の使い方ですが、問いかけ文にも主張文にも使えますが、ニュアンスを理解して正しい場面で使えるようになると、カナダ英語の上級者と言っていいでしょう!


この部分を気にしながら、カナダのネイティブスピーカーの英語に耳を傾けてみましょう。


カナダ留学バナー

留学スクエア お問い合わせ 082-275-5199 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

カナダ留学情報

カナダお役立ち情報

カナダ基本情報

無料お問い合わせ無料お見積り