留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > オーストラリア  > オーストラリアの時差について

オーストラリアの時差について

オーストラリアは、世界で6番目に広い大陸国です。

広さは日本と比べて21倍!

そんなオーストラリアには、なんと、
同じ国のなかでも3つの時間帯が存在します。

さらに夏の間、一部の州では『サマータイム』というものが存在し、
最大5つの時間帯が存在するようになります。

オーストラリアと日本の時差


オーストラリアの経度は、日本とかなり近い場所に有るので、
日本との時差は30分〜2時間ほどです。

ヨーロッパやアメリカと比べて、
日本の友達と連絡をやりとりするのも簡単で、
時差ぼけもほとんど起こらないのでとっても楽です♪

4月〜9月の秋から春にかけて
南半球にあるオーストラリアでは、日本と季節がまるで真逆です。

12月〜2月が夏、3月〜5月が秋、6月〜8月が冬、9月〜11月が春、

となります。

秋から春にかけては、時差のエリアは島を縦3つに分けていて、

・地図に向かって左側の西オーストラリア州は1時間、
・真ん中のノーザンテリトリー及びヴィクトリア州は+30分、
・右側のクイーンズランド州及びニューサウスェルズ州は+1時間

という時差関係になります。

不思議な事に、経度は日本とかぶっているのにも関わらず、
日本と同じ時間の場所はどこにもありません…。

また、同じ国の中に2時間の差があるのも少し不思議な感覚になります。

10月〜3月にかけて(サマータイム)


夏の間は、ヴィクトリア州及びニューサウスウェルズ州では、
サマータイムが存在します。

サマータイムになると、時計が1時間早まり、
いつもより1時間早く起きなければなりません。

時差も5つの時間帯が存在する事になります。

国内ツアー等でオーストラリアに訪れる際は、
時間は特に気をつけるべき事のひとつです。

時差を忘れていて、集合時間を間違えた、という話も珍しく有りません。

(現地時間)を毎回意識する事をお勧めします。

このサマータイムの時期になると、シドニーやメルボルンとパースを比べると、
同じ国内で3時間以上の時差が存在する事になります。

サマータイム時の時差について


特に複雑になる、サマータイム時のオーストラリアの時差紹介します。

東京    12:00
シドニー  14:00
メルボルン 14:00
ダーウィン 10:30
アデレード 11:30
パース   09:00

例えば地図でみると、アデレードとダーウィンは
経度の位置ではそこまで大きく差がないにも関わらず、
なぜか1時間半も違いがあります。

このように、とても日本では体感できない不思議な時間帯が存在するオーストラリア。

国内旅行をする時などは、現地時間を意識するのをお忘れなく♪

■ 関連リンク
オーストラリア留学
オーストラリア語学学校一覧

ページの先頭へ