留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > イギリス  > イギリスでフラットシェアをする注意点-ロンドンを事例に

イギリスでフラットシェアをする注意点-ロンドンを事例に

ロンドンの不動産屋 留学やワーキングホリデー(YMS)でイギリスに渡航して気になることの一つが住まいについてだと思います。

イギリスの賃貸事情、特にロンドンの事例を中心に簡単にご紹介いたします。


もくじ

ロンドンの家賃は高い
イギリス留学での住居
イギリスで部屋の探し方
アパートシェアやハウスシェアの下見
イギリスでの賃貸契約
住まいを決める条件

ロンドンの家賃は高い

ロンドンの家賃は日本と比べるとかなり高いです。

お金に余裕がない限りロンドンの中心地で一人暮らしというのは難しいと思います。

都心から少し離れたZone3でも一人暮らしをするとしてだいたい£1300(約185,900円)ほどかかります。

日本円に換算すると東京の中心地に家を借りれる値段ですね。


ではみんなどの様にして家を借りているのでしょうか。

イギリス留学での住居

ホームステイや学生寮がイギリス留学では主流ではありますが、ホームステイが苦手だったり、学生寮が好きでない場合、ほとんどの留学生はシェアハウスをしています。

シェアだとだいたい4人ぐらいで一つの家を借りて1人£400(約57,200円)~£500(約71,500円)が平均的な値段です。

他人と共同生活なんて・・・と思うかもしれませんが意外と楽しかったりします。

色んな情報を交換できたり、色んな国の人達と交流できたり、それこそ英語を日常的に使うので英語の勉強になったりと。

イギリスで部屋の探し方

では、どこで部屋を探すか?街中にある不動産屋さんはもちろんですが、ネットで多くの人が利用しているのが以下のサイトです。

Gumtree(賃貸、仕事、売り買い、など現地の人達が主に使っている情報サイト)

spare room(シェアハウスを専用にしたサイト)

mixb(こちらはGumtreeの日本人向けバージョンで日本人同士での投稿サイト)

などです

一人暮らしをするとなるとイギリスに住んでいる保証人が必要だったり、年収がある程度必要だったりと最初から借りるとなると少しハードルが高くなります。

アパートシェアやハウスシェアの下見

シェアでしたらまずは代表の方か大家さんに連絡を取り、下見をする日程を決めます。

(※写真だけで決めないで下見もしっかり行くことをおすすめします!)

下見をする際注意して見ておく、聞いておくと良い点ですが、以下の点に気を付けて下見しましょう。

・どんな人が住んでいるのか(性別や国)
・喫煙禁煙
・アレルギーなどある人はペットなど
・どこまでが共有部分でどこまでがプライベートか
・家によってルール(掃除の分担や決め事など)があると思うのでどんなルールか
・セキュリティはしっかりしているか
など
・家電はしっかり動いているか(たまに壊れていたりカビが生えたりしていても気にしない人もいるので)
・大家さんは一緒に住んでいるのか、近くに住んでいるのか
・どんな家具がついているか
この国はほとんどのところが家具付きです。なので引越しの際に大荷物になる心配や初期費用がかかる心配はありません。
・引き払う際は何ヶ月前に言うべきなのか?
だいたいこれは日本と同じく1ヵ月~1ヶ月半のところが多いです
・光熱費、インターネット、住民税などは家賃に含まれているのかいないのか
などなど

あとは実際に見て気になった点は遠慮なく聞いておいた方がトラブルを回避できます。

イギリスでの賃貸契約

部屋が気に入り契約になったら、まずデポジットを払います。

これは日本でいう敷金的な役割のものです。

なので普通に暮らしていればほぼ返ってきます。

逆に礼金を払う習慣はないので結構みんな引越しを頻繁に行ってます。

そして、最初に部屋に入ったら写真を撮っておくことをおすすめします。

そうすればもし、何か壊れていたりしても証拠を残せておけるからです。

大家さんがもし近くに住んでいるのであれば英語が話せなくても笑顔であいさつをしておくと好印象です。

住まいを決める条件

家を決める時の条件としてはおそらく治安も決める要素になると思いますが、ロンドンでは西の方が東に比べて治安は良いです。

もちろんその分家賃も多少高くなります。

しかしやはりここは海外、昼間平気でも夜遅くなると危険です。

特に女性の方は夜遅くなる仕事をされるのであれば、人通りがある道沿いの家だったり駅やバス停から離れていない所を選ぶのがオススメです。

ご参考までに、

■日本人の多い比較的治安のいい地域■
Golders Green
Finchely
Swiss Cottage
Ealing
Hammer Smith

■麻薬の売人や貧困国からの移民が多い治安の悪い地域■
Brixton
Canning town
Hackney
Leyton

快適なロンドン生活を送るためにも家探しは慎重に決めてください。

くれぐれもネット情報だけで住居を決めないようにしましょう。

イギリス留学概要

ページの先頭へ