留学に向けて考えること

皆様も、ご承知の通り先日金曜日にフランスのパリで大規模なテロ事件が発生しました。世界を震撼させただけでなく、今後の海外留学や海外旅行にも二の足を踏んでしまうような大きな出来事です。

弊社でも何人かフランスに滞在されている方もおられますが、ほとんどの方と連絡が取れ無事を確認できております。1名の方からはまだ返事が返ってきませんが、何もなかったことを祈るばかりです。現地の学校や日本大使館から、外出自粛の連絡が来ているそうです。

今後も現地での入念な情報収集と周辺への注意を怠らないように、安全第一で行動されるようお願いしております。

残念ながらテロ行為は、事前に予測することができません。全世界のどの国でも起こりうることなので、この国だから絶対大丈夫と言うことは無いと思います。その為、不要不急の外出は避けると言ったことや、不特定多数の人たちが集まる場所に行かないなど、日ごろから注意喚起しておく必要があるかと思います。とは言えども、外出や不特定多数が集まる場所に行かないというのはほぼ不可能に近いと思うので、しっかりとニュースに耳を傾ける、周囲に目を光らせるなどの日ごろの心がけを怠らないようにするしかないかと思います。

こういったことが起こると、どこに留学すれば影響がないかという質問も受けたりするのですが、正直ここだったら絶対大丈夫と言える場所はありません。ただ、都市部よりも地方や田舎のような場所は、まだ危険性が低くなるかもしれません。ただし、断言はできません。もちろん都市部には魅力が多く、留学先としても都市部を選ばれる方が多いですが、語学学習と割り切って、地方や田舎への留学に目を向けてみるのも一考かとは思います。

ただただ、このような事件は、二度と繰り返されてはいけないですし、各国政府には繰り返されないような施策をしっかり練って実行してほしいと思います。

今回の事件で被害に合われた方の哀悼の意を表させていただきながら。

ページの先頭へ

-->