留学スクエア > 留学の最新情報 > イギリス情報

イギリス情報

【ワーホリ】イギリスワーホリYMS2016について

イギリスのワーキングホリデー用のYMSビザの申請方法が11月30日に発表されました。

2016年度のワーキングホリデー(Tier5: Youth Mobility Scheme)詳細

毎年定員の1000名の枠で募集がかけられるイギリスのワーキングホリデー(YMS)ビザですが、2016年度も定員100名でまずは抽選という形式になります。

メールをイギリスの英国ビザセンター( YMS2016-APPOINTMENT@vfshelpline.com )へ、
2016年1月11日午後12:00(日本時間)~2016年1月13日午後12:00(日本時間)の2日間のあいだに送るようになります。

当選者の方へは、2016年1月20日に抽選結果の返事が来ます。
(なお、今回から初めて、当選しなかった方へも2016年1月22日に落選メールが届くようになっているとのことです)

※2016YMS発表について:https://www.gov.uk/government/world-location-news/youth-mobility-scheme-2016-for-japanese-nationals

英国ビザセンターへ送るメールの件名は、フルネーム、生年月日(日/月/西暦年)とパスポート番号を記載してください。
(例:YAMADA Taro – 31/01/1990 – TH123456789)
メールの本文には以下の内容を英語で記入して送信します:
• 名前
• 生年月日(日/月/西暦年)
• パスポート番号
• 申請国(日本で申請の場合は「Japan」)
• 自宅と携帯の電話番号

当社では、2016YMSに当選した方のみにYMSビザ申請サポートを承ります。

【特集】English Language Centre Brightonでのイギリス長期留学

イギリス・ブライトンにあるQuality English・IALC・TEN認定校のEnglish Language Centre Brighton(イングリッシュランゲージセンター・ブライトン)で開講されているStudy Year Programmeは、ブライトンでの長期留学ご希望の方に、お得でフレキシブルなプログラムになっています。

一般英語からスタートし、レベルが上がれば、ビジネス英語・ケンブリッジFCE/CAE/CPE・IELTSなどのレッスンへ、追加料の支払い無しで変更することができます。

ELC Brightonの建物


以下にEnglish Language Centre BrightonのStudy Year Programmeの特徴をまとめてみます。

【特徴1】
25レッスン、または30レッスンで選べる

【特徴2】
24週間から

【特徴3】
初心者レベルから参加可能

【特徴4】
試験対策英語などへ追加料なしで変更できる(基本同じレッスン時間のコース対象)

【特徴5】
試験料が2回分無料(試験対策レッスン受講者対象)

【特徴6】
25レッスンでは、30レッスン授業も最長4週間まで(33週間までの受講者)、または最長8週間まで(34週間以上の受講者)受講できます

English Language Centre Brightonは、ブライトンの郊外ホーブ地区にあり、学校からビーチまでも近く、徒歩5分ほどでビーチにも行けることができます。ブライトン中心部エリアまでも徒歩20分~30分で出て行けます。社会人向けのプログラムも開講されていることもあって、他の学校に比べると少し落ち着きのある雰囲気です。イギリス長期留学で、最初はどのコースにしたらいいかわからなけど、最後は英語の試験にトライしてみたいという方には、よいプログラムかと思います。

Brighton Beach


English Language Centre Brighton 学校情報




【割引】Oxford House College (OHC) イギリス校 授業料割引(2015年9月30日まで)

イギリスの、セントラルロンドン、ロンドン郊外リッチモンド、オックスフォード、ストラットフォードアポンエイボンに校舎を構えている、オックスフォードハウスカレッジ/Oxford House College (OHC)より、授業料割引キャンペーン継続のお知らせです。

2015年9月30日のお申込み、かつコース開始を2015年年内に開始される方を対象としております。

割引概要


■ 割引内容 ■
・23週間までのお申込み:授業料5%オフ
・24週間~35週間のお申込み:授業料10%オフ
・36週間以上のお申込み:授業料15%オフ

■ 適用条件 ■
(1)2015年9月30日までにお申し込み(学校が申し込みを受領する時点)
かつ
(2)2015年中にコースを開始

■ 適用コース ■
・Intensiveコース対象



OHCイギリス各校案内ページ


OHC London/ロンドン(中心部)

OHC Richmond/リッチモンド(ロンドン郊外)

OHC Oxford/オックスフォード

■ OHC Stratford-Upon-Avon/ストラットフォードアポンエイボン
※リンクは無いですが、ストラットフォードアポンエイボン校も当社でお申し込み可能です。

【割引】Capital School of English 特典情報(2015年7月31日まで)

イギリス・ボーンマスのCapital School of Englishから特典情報が発表されています。

■ 特典(1)

4週間以上お申込みの場合、4週間後毎に小旅行が1回無料

■ 特典(2)

スタンダードコースを20週間以上お申し込みの場合、集中コース(Intensive)へ無料アップグレード

■ 特典(3)

ケンブリッジFCE/CAEコース対象:
2015年9月以降にコース開始の場合、100ポンド割引

■ 適応条件 ■
2015年7月31日までに学校へ申込み

Capital School of Englishは、イギリス南西部の町、ボーンマスにあります。ボーンマス駅からバスで15分、徒歩25分、ボーンマスの町の中心までは20分~25分の距離に立地しています。学校は郊外の小さな町の目抜き通りにあり、銀行やスーパーなど近くにあり、すぐ住宅街が広がる落ち着いたエリアです。イギリスでも最安部類に入る学校です。

Capital School of English 学校情報

【割引】CES Centre of English Studies イギリス各校 (2015年12月18日まで)

イギリスはロンドンウィンブルドン・オックスフォード・ワージング・リーズ・ハロゲイトに校舎を構えるCES Centre of English Studies(センターオブイングリッシュスタディーズ)が現在、10%授業料の割引を実施しています。2015年いっぱいの12月18日申し込み分まで適応可能です。以下割引内容の詳細となっていますので、ご確認ください。

【割引率】
10%(授業料のみ)

【対象コース】
●Standard
●Intensive


【割引適応条件】
2015年12月18日までのお申込み対象
※お申込み書類が学校で受け付けられる日付が基準となります。

【学校情報】
CESロンドン校
CESオックスフォード校
CESワージング校
CESリーズ校
●CESハロゲイト校

【割引】Stafford House School of English イギリス各校 (2015年8月31日まで)

イギリスはロンドン・ブライトン・カンタベリーに校舎を構えるStafford House School of English(スタッフォードハウススクールオブイングリッシュ)が日本人学生向けに授業料の割引を発表しています。以下割引内容の詳細となっていますので、ご確認ください。

【割引率】
15%(授業料のみ)

【対象コース】
●General English
●Academic Year
●Flex Course
●Intensive English
●Super Intensive English
●IELTS対策
●ケンブリッジ試験対策
●TOEFL対策
●ビジネス英語
●マンツーマン

【割引適応条件】
2015年5月1日~2015年8月31日までのお申込み対象
※お申込み書類が学校で受け付けられる日付が基準となります。

【学校情報】
スタッフォードハウス・ロンドン校
スタッフォードハウス・カンタベリー校
スタッフォードハウス・ブライトン校

【割引】ユーロセンター (Eurocentres) 割引情報(2015年6月30日まで)

ユーロセンター(Eurocentres)からイギリスケンブリッジ校・ブライトン校・ボーンマス校における授業料割引特典情報です。

2015年6月30日までのお申込み対象となりますので、ご検討の方はこの機会をうまくご利用ください。

<<対象校>>
ユーロセンター ケンブリッジ校
ユーロセンター ボーンマス校
ユーロセンター ブライトン校

<<対象コース>>
・ベーシック20
・インテンシブ25
・スーパーインテンシブ30
※今回は、オープンチョイス/フルタイムIELTSは対象になっておりません。

<<割引内容>>
授業料の10%引き

<<適応期限>>
2015年6月30日までのお申込み(学校受領時点)

【ビザ】イギリス健康保険料のESVV適応ついて最新情報

前回ご案内した、イギリス健康保険料の支払いについてですが、UKVIにも確認をとり、11ヵ月まで滞在可能な英語学習用のビザESVVには適応されないということが確認できました。ですので、オンライン申請用紙を出力しましたら、Health Surchargeの支払い手続きを経ることなく、予約した日時にそのままビザ申請センターへ書類提出していくことになると思います(今後特に大きな変更がない限り)。

ただし、通常通り、SVVやESVVを除くTier4やYMSのビザにはこのHealth Surchargeは適応となります。ビザ申請サンタ―への予約日時までにHealth Surchargeの支払いを済ませておく必要があります。

If you apply for a Student visa(including 11 months – an extended visa), You do not have to pay the healthcare surcharge.
https://www.gov.uk/healthcare-immigration-application

弊社では、ESVV・Tier4・YMSのビザ申請サポートも行っております(ビザサポートのみは有料、学校申込みとセットだと無料)。お気軽にご相談ください。

※ESVVから名称が変わり、現在施行されているShort Term Study Visaの英語学習ビザ(11ヶ月有効のもの)には、このHealth Surchargeは適応されるようになっています。




【ビザ】イギリスビザの一部が変更となります(2015年4月から)

本日ブリティッシュカウンシルのイギリスビザセミナーに参加いたしました。イギリスの学生ビザ(Teri4)・長期学生ビジタービザ(ESVV)・ワーホリビザ(YMS)のビザの内容がこの4月で一部変わる予定です。以下、現時点で発表となっている変更点となります。

①IELTSテストの変更
まずTier4に関わってくることではありますが、これまで認められてきた英語能力テストがIELTSのみになります。しかもビザ向けのIELTSテストでスコアを提示しなければなりません。認定を受けた試験会場で受験したIELTS for UKVI/IELTS for Life Skillsというカテゴリーで、ビザ申請用のIELTSスコアを提示しなければなりません。この措置は4月6日から実施される予定です。通常のIELTSでは基本的に受け付け不可となります。詳細は以下のブリティッシュカウンシルのリンクをご確認ください。

ブリティッシュカウンシルのIELTS試験に関する発表
日本英語検定協会からの発表

②健康保険付加料について
これは、学生ビザだけでなく、イギリスに6ヵ月以上滞在する目的でビザを申請される方全てが対象となります。そのためYMSでもESVVでも対象となりますのでご注意ください。イギリスの健康保険NHSのサービスを受けるための負担を6ヵ月以上滞在の外国人にも求めるようになりました。学生ビザで年間150ポンド、学生ビザ以外だと年間200ポンド別途保険料として支払いが求められます。こちらも4月6日からの申請に適応されます。

健康保険付加料に関する英国大使館の発表

それ以外では、学生ビザの申請方法について変更が行われる予定ですが、まだその内容について発表になっていないので、正式に発表が出てからこちらのホームページでも情報掲載したいと思います。

イギリス語学学校ランキング(格付け)2015

イギリスの語学学校格付け(ランキング)について恒例のEl Gazette誌が2015年版をまとめていますのでご紹介します。

この格付けは、ブリティッシュカウンシルのインスペクション(審査)による結果をもとにまとめられています。

強み(Strength)を15項目(経営・学習環境・教え方・学生サービス)で評価し、
そのうちどのくらい強みがあるかで評価しています。

この格付けで語学学校の全てが決まるわけではないですが、
一つの参考としてチェックしておくのもよいかと思います。

ただ語学学校のレッスンは、他の方々が良いと評価していても、
個人的にはあまり良い評価ではなかったという個人差も出てきますので、
あくまで一つの資料としてご参考にしていただければと思います。

15 Strength(満点)


ウィンブルドンスクールオブイングリッシュ(ロンドン郊外)

14 Strength


ビートランゲージセンター(ボーンマス)
イングリッシュインチェスター(チェスター)
レイクスクールオブイングリッシュ(オックスフォード)
■NILE(ノリッチ)

13 Strength


ベルケンブリッジ
ケンブリッジアカデミーオブイングリッシュ
ユーロセンター ボーンマス
ユーロセンター ケンブリッジ
ユーロセンター エルサム
ユーロセンター ロンドンセントラル
ヒルダーストーンカレッジ(ブロードステアーズ)

12 Strength


ELCブリストル
ロンドンスクールオブイングリッシュ(ロンドン)
■EFマンチェスター
■EFオックスフォード
ELCブライトン
エクセルイングリッシュ(ロンドン郊外)

11 Strength


アングロコンチネンタル(ボーンマス)
ブリティッシュスタディセンターオックスフォード
チャーチルハウス(ラムズゲイト)
■インターナショナルハウス ニューカッスル/エジンバラ
カプラン マンチェスター
■キングスウェイイングリッシュセンター(ウスター)
セントジャイルズ ブライトン
スタッフォードハウス カンタベリー
セントクレアーズ オックスフォード

10 Strength


■ロンドンスクールオブイングリッシュ(カンタベリー)
■EFブリストル
■EFロンドン
エンバシーイングリッシュ オックスフォード
ユーロセンター ブライトン
ハムステッドスクールオブイングリッシュ(ロンドン郊外)
■インターナショナルハウス ブリストル
カプラン トーキー
カプラン ロンドン
セントジャイルズ ロンドンセントラル
トーキーインターナショナル

9 Strength


■イングリッシュエクスペリエンス(ノリッチ)
カプラン バース
カプラン エジンバラ
キングス ロンドン
キングス オックスフォード
スタッフォードハウス ブライトン
ロンドン芸術大学付属ランゲージセンター(ロンドン)

8 Strength


■ECSスコットランド(エジンバラ)
アングロラングアカデミーオブイングリッシュ(スカボロー)
ベル ロンドン
イーストボーンスクールオブイングリッシュ
ECマンチェスター
■エクセターアカデミー
インターナショナルハウス ロンドン
■INTOグラスゴーカレドニアン大学
■ISCAスクールオブイングリッシュ(エクセター)
カプラン リバプール
ルイススクールオブイングリッシュ(サウサンプトン)
■メルトンカレッジ(ヨーク)
スタジオケンブリッジ

7 Strength


■インターナショナルハウス アバディーン
CESオックスフォード
■デボンスクールオブイングリッシュ
ECロンドン
■EFケンブリッジ
■EFボーンマス
■グローブイングリッシュセンター(エクセター)
カプラン ケンブリッジ
カプラン ソールズベリー
ランゲージインロンドン
LSIロンドンセントラル
ライブランゲージ(グラスゴー)
ニュースクールオブイングリッシュ(ケンブリッジ)
セントジャイルズ ロンドンハイゲート
TTIスクールオブイングリッシュ

■ 関連リンク ■
イギリス留学
イギリス語学留学
イギリス語学学校一覧

ページの先頭へ

-->