留学スクエア

留学TOP >  アメリカ留学 > アメリカのチップ事情

アメリカのチップ事情

アメリカのコイン

アメリカで生活する上で、日本人が頭を悩ませる文化「チップ」


日本人にはチップの文化がないために、「なぜお金を多く払わなきゃいけないの?」なんて思う人も少なくないでしょう。


アメリカではチップを払うのが常識で、現地で気持ち良く過ごすには、そのチップの文化を理解していなければなりません。


ホテル・レストラン・タクシーなど、さまざまなシチュエーションで必要とされるチップについて見ていきましょう。


チップの相場

アメリカのチップの相場は、シチュエーションによって異なります。


1. レストラン(15~20%)

レストランでは一般的に、税抜きのお食事総額から約15〜20%のチップが相場です。


食事を行ったレストランのサービスの質によって、自分で調整することができます。


チップの払い方は、テーブルに現金を置いたり、直接渡したり、カード払いの場合は伝票にチップの金額を書き込むという方法があります。


伝票には、Amount(請求額)、Tip(チップ)、Total(総額)の項目があり、そのTipの欄に払いたいチップの料金を書き込み、チップ代を含めた総額をTotalの欄に記入します。


しかし、レストランによって初めから伝票にチップ代が含まれた状態でお金を請求されることがあります。


後で確認すると二重にチップを払ってしまっていた!ということを防ぐためにも、あらかじめ伝票はしっかりチェックしておく必要があります。


また、最悪のサービスをされたとしても、チップは必ず払わなければなりません。


もし、サービスが良くなかった場合、10%くらいはチップを払っておき、お店のマネージャーの方に、なぜチップが少ないのか訳を伝えましょう。


ノーチップがないようしてください。


ちなみに、ファストフードやフードコートでは、チップを払う必要はありません。


2. タクシー(15~20%)

タクシーのチップ代は約15〜20%です。最後のお会計の際に渡しましょう。


トランクに荷物を入れてもらったり、寄り道などで運転手に手間を取らせてしまった場合、20%払うのがマナーです。


また支払いの際、渡した紙幣を全てチップ込みの金額と思い、お釣りをもらえないことがあります。


お金を渡す際には、お釣りがいるのかどうか前もって伝えるようにしましょう。


3. ホテル

ホテルの中では、ドアマン、ベルボーイ、清掃員、ルームサービスなど、チップを払うシチュエーションがいくつかあります。


まず、部屋の清掃員に対しては、約1〜5ドルのチップを払うのが一般的で、部屋のグレードによって、チップの金額を決めます。


シングルの場合は1ドル、スイートの場合は5ドルが相場で、支払う時はベッドの枕元に現金を置いておきましょう。


次にドアマンに対してですが、基本的にホテルの出入り口でドアを開けてくれるドアマンにはチップを払う必要はありません。


タクシーを捕まえるのを手伝ってくれた時にだけは、1〜2ドルほど払うと良いでしょう。


続いて、ベルボーイに対して払うチップについてです。

ベルボーイとは、ベルマンという呼び方もされています。カバンを運ぶのを手伝ってくれる係員ですが、彼らに払うチップの相場は、カバン1つにつき2ドル払うのが一般的です。


重い荷物の場合には、5ドルほど払えば、ベルボーイも納得してくれるでしょう。


最後にルームサービスに対しては、レストランで支払うチップと同じ感覚で、部屋まで料理などを運んで切れてくれたウェイターの方に、利用総額の約10〜20%のチップを払いましょう。


ちなみに、高級ホテルとなると、先述した金額の2倍のチップを払うのが相場です。


まとめ

アメリカのチップの相場はほとんどが10〜20%です。


そしてサービスのグレードによってはそのチップの料金を通常より多くすることがマナーのようです。


チップはアメリカでは常識の文化です。


ノーチップで失礼のないように、また現地でチップの文化に困らないように、前もってチップの相場やシチュエーションを頭に入れておきましょう。


アメリカ留学バナー

留学スクエア お問い合わせ 082-275-5199 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

アメリカ留学情報

アメリカ生活情報リンク

無料お問い合わせ無料お見積り