オタワで留学やワーホリするメリットとデメリット

オタワで留学やワーホリするメリットとデメリット

カナダのオタワで留学やワーホリしてみようかなと思うと、カナダでも人気の留学先でもあるバンクーバーやトロントと違って情報も少なく、オタワで留学したりワーホリしたりする難しさってどういうところなのか、他の都市に無い違いって何なのか気になる所だと思います。

このページでは、カナダの首都でもあるオタワでの留学やワーホリのメリットとデメリットについてご紹介していき、オタワで留学したりワーホリしたりする上での不安な点などを事前に解消できればと思っています。

オタワでの留学やワーホリを検討するにあたり、このページを最後までチェックしていただくことで、オタワに滞在できるイメージが付いてくるようになると思います。

オタワで留学・ワーホリするメリット

オタワのロゴ

オタワでのワーホリや留学のメリットは以下の点が挙げられます。

  • 日本人が少なく英語環境
  • カナダの首都であり治安が良い
  • 大きな都市なため様々な人種が多く差別が少ない
  • ケベック州と隣り合っているためフランス語も習得可能
  • 四季折々で一年間を通じで街を楽しめる

などなど挙げだすときりがありません。それではオタワのメリットを一つ一つ見ていきましょう。

日本人が少なく英語環境

オタワはトロントやバンクーバーなどの大きな都市に比べ、圧倒的に日本人が少なく良い英語環境です。ワーホリでオタワへ渡航しても日本語を耳にすることは滅多にないと思います。

カナダへ英語を向上させる目的として渡航する方も少なくないはずです。そういった方にはオタワを渡航先としてお勧めします。日本人と一緒に時間を過ごしてしまいがちなワーホリや留学先ですがオタワへ渡航すれば嫌でも英語漬けになります。

カナダの首都であり治安が良い

カナダは移民が多くすべての人々が仕事についているわけではありません。バンクーバーやトロントへ行くと分かるようにホームレスやその日暮らしをしている人々も多数います。 しかし、オタワはカナダの首都に位置し政府機関が多い街です。そのため他の大きな都市に比べ治安が良く、一人で街へ出歩いても危険は目には会うことはまずありません。(絶対ではないですが・・)

といっても日本ではないので夜間の一人での外出は控えるようにしましょう。

大きな都市なため様々な人種が多く差別が少ない

オタワはトロントやモントリオールについでに東海岸に位置する大きな都市になります。そのため小さな町に比べてたくさんの様々な人種が存在します。

アジア人だからということでの差別は少なく、伸び伸びとワーホリや留学生活を過ごすことが出来るでしょう。また様々な言語が飛び交っているので英語以外の言語を学ぶのにも良いかもしれません。

ケベック州と隣り合っているためフランス語も習得可能

オタワはカナダのオンタリオ州に位置する街です。

しかし、オタワのダウンタウンから一歩街を出て橋を渡るとケベック州に簡単に行くことが可能です。ケベック州は公用語がフランス語であり、標識は全てフランス語です。

また、飲食店やスーパーへ行くと基本的に皆んなフランス語で話しかけてきます。ちょうど英語とフランス語がほどよい感じに混ざり合っている感覚にもなれますので、フランス語習得にも良い環境です。

四季折々で一年間を通じで街を楽しめる

オタワは日本の様に春夏秋冬を感じることができます。春はチューリップ祭り。夏はパティオシートでビール飲みながら友人と時間を過ごす。秋はメープルの国旗で知られているカナダでの紅葉トリップ。冬は世界遺産のリドー運河でのスケートな四季折々異なった景色で私たちを魅了してくれる街です。

オタワで留学・ワーホリするデメリット

オタワの国会議事堂と鳥

オタワで留学やワーホリで滞在していく上でのデメリットは以下の点になるかと思います。

  • 日本人経営レストランが少なく英語が出来ないと仕事を探すのが難しい
  • 冬がとても寒い

日本人経営レストランが少なく英語が出来ないと仕事を探すのが難しい

ワーホリとして渡航した方の話を聞いたりすると、「日本人経営のレストランを見つけることは出来ませんでした。」という事をよく聞きます。

そのため、裏を返せば、オタワ渡航時にはある程度の英語力があると仕事をゲットするのが簡単とも言えます。

英語が一切出来なくても、例えばレストランでディッシュウォッシャーといった仕事が見つかったりもします。しかし、英語力がある事に越したことはありません。

オタワは英語環境でとても良いですが、逆に英語力が低ければ仕事を探すのはバンクーバーやトロントに比べると苦労すると考えておいた方が良いです。

冬がとても寒い

先程メリットの中で四季織々な街であると述べました。しかし、オタワの冬は一年間の約6ヶ月間を占めます。

そのため、11月半ばから雪が降り始めクリスマスが終わる頃には-20度まで冷え込む日もあります。1月や2月で最も冷え込む日は-40度にまで達する日もありました。寒いのが苦手な方は冬を乗り切るのは大変かもしれません。

一方で、余談ですがオタワとは逆に西海岸のバンクーバーは日本の冬より暖かいと言われています。

なお、冬は日本のコートやブーツでは対応しきれない寒さになります。そのため、オタワへ渡航される方はコートやブーツをカナダで購入することをお勧めします。

オタワのメリットデメリットのまとめ

ワーホリや留学先としてあまり知られていないオタワですが、オタワでワーホリをされた方のお話を基に、オタワでのワーホリや留学のメリット、デメリットについて触れました。

オタワで生活していくうえでの魅力や大変さ、難しさなど大まかに理解できましたでしょうか。こういった点をしっかり把握できているいないでは、実際に現地に行って大きく変わってくるので、オタワ留学やワーホリをご検討の場合にはオタワについて詳しくなっておきましょう。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

カナダ留学バナー

オタワ留学情報