オタワでの公共交通機関の使い方

オタワでの公共交通機関の使い方

留学やワーホリで人気なカナダの首都オタワ。留学やワーホリで渡航する方々は車を購入することはなかなか難しく、どうしても普段の生活では公共交通機関を利用するようになると思います。

このページではオタワの公共交通機関について、カナダの首都オタワの公共交通機関について以下のことをご紹介してきます。

  • 1.オタワでの公共交通機関
  • 2.オタワでの公共交通機関の乗り方
  • 3.マンスリーパスの購入方法
  • 4.タクシー

このページをご覧いただくことで、日々オタワで利用するようになる交通手段の使い方がわかるようになります。

オタワでの公共交通機関の種類

カナダの首都オタワでの公共交通機関と言うと、以下の交通手段を利用することが可能です。

  • 公共バス
  • 地下鉄
  • 電車

2019年の夏まではバスがオタワ市内を移動する唯一の交通手段でした。しかし2019年に待望の地下鉄(LRT路線の一部が地下を走るタイプ)が開通し、オタワ市内の他エリアへ簡単に移動できるようになりました。

ここからはそれぞれ公共交通機関の概要と乗り方や運賃などについてご紹介していきたいと思います。

オタワの公共交通機関の乗り方

バス

Bus

まず初めにオタワ市内を網羅しているバスについて紹介します。

基本的にどのエリアに行くのにもバスがあるため便利に移動することができます。

バスの乗り方は、日本と同じように前、もしくは後ろから乗ります。

その際にパスをタッチするところがあるのでそこにタッチする流れになります。

降車の仕方は下車したいバス停につく前にバス内にある紐を引っ張るようになっています。

日本のようにボタンを押すわけではないので気を付けてください。

電車

O-Train arriving at Bayview

オタワには数か所だけ地下鉄と電車が通っています。2路線あって、どちらもO-trainと呼ばれています。

通常の電車が走る路線がトリリウム線。コンフェデレーション線と呼ばれる路面電車のようなタイプの電車(LRT)は、2019年に運用開始され、中心部以外の郊外では地上を走り、オタワ中心部では地下を走るようになっています。

それぞれの電車に乗る際にもバスの乗車時に使用したパスを使うことができます。

運賃

公共交通機関に乗る際には現金でも乗車が可能です。

一回乗車するのに後述するPresto Cardだと$3.55、現金だと$3.60になります。その後いったん乗ってしまえば90分間はどのバスに乗っても追加で料金はかかりません。しかし、現金の場合おつりが出ないため現金をぴったり渡さなければいけません。

ですので、バスや電車に乗る際には必ずおつりが出ないようにしておきましょう。

パスの購入方法

PRESTO card

プレストカードというパスをオタワ市内にあるリドーセンター(ライドーセンター)という大きなショッピングモールで購入することが可能です。

一度そちらでパスを購入したあとは、ショッパーズという薬局やインターネットからクレジットカードを使い毎月チャージができるのでわざわざ足を運ぶ必要はありません。

基本的に日本にも存在するSuicaやPasumoと同じ使い方になるので私たちには馴染みやすいです。

また学生や語学学校へ通っている方は学割の対象になります。購入する際には語学学校もしくは大学等の学生証を忘れないようにしてくだいね。

タクシー

海外旅行を経験している方々はすでに御存知かもしれませんかカナダにはUberとLyftのタクシーアプリが存在します。

こちらはアプリで事前にタクシーを呼び、目的地まで連れて行ってくれるものです。終バスがなくなってしまった時や、真冬などバスを待たなければならない時などには重宝します。

数回使用するとクーポンを使うことができるので便利です。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

カナダ留学バナー

オタワ留学情報