HOME > 留学スタイル

留学スタイル

語学留学

語学を学びながら海外での生活・文化を体験!

語学留学とは、英語圏・フランス語圏・スペイン語圏などで生活を体験しながら、英語やフランス語、スペイン語などの語学の習得と現地の文化体験を目的とした留学です。

留学風景

  1. アメリカ語学留学
  2. イギリス語学留学
  3. カナダ語学留学
  4. オーストラリア語学留学
  5. ニュージーランド語学留学
  6. アイルランド語学留学
  7. フランス語学留学
  8. フィリピン語学留学

ページの先頭へ

語学+おけいこ

語学はもちろん、お菓子やパン作り、ダイビングやスキーなども体験

語学プラス留学とは、英語圏などで生活を体験しながら、英語などの語学の習得や現地の生活体験だけでなく、スポーツや習い事などの様々なアクティビティを行うことを目的とした留学です。

おけいこイメージ

ページの先頭へ

ワーキングホリデー

働きながら、学校に通いながら、海外生活!

ワーキングホリデーイメージ

ワーホリともよく呼ばれているワーキングホリデーでは、休暇を楽しみながらお互いの国の文化や生活習慣を体験することができます。

詳しくはこちら>>

ページの先頭へ

フィリピン2カ国留学

フィリピンで英語漬け+欧米で本場の英語を磨く!

フィリピン2カ国留学イメージ

フィリピンで英語漬けになって英語の基礎を学び、その後に欧米の語学学校で本場の英語環境で英語力をさらに鍛えます。フィリピンをセットにすることで、短期間で更なる英語力の向上も期待できます。

詳しくはこちら>>

ページの先頭へ

大学・大学院進学

専門的な教育を本格的に学ぶ

英語圏の大学の制度は、大きく分けて北米型と欧州・オセアニア型の2つに分かれます。

北米型(アメリカ・カナダ)は、日本の大学と同じ4年制が多く(専攻によっては3年や5年といったものもあります)、最初の2年間は一般教養課程で、最後の2年間に専門課程に入るという制度です。入学の際にあまり専門領域の知識を求められることはないですが、初めの2年間でいろいろな科目を履修していきながら、関心のある分野を見つけ出し、残りの2年間の専門課程で専攻を決め、その分野の学習に深く入り込んでいくことになります。

欧州・オセアニア型(イギリス・オーストラリア・ニュージーランド)は、日本の大学の制度とは異なり主に3年制となっています。北米型のように一般教養課程というものはなく、1年目から専門課程に入っていきます。従って、入学に際し専門領域の知識が必要となりますので、英語の入学基準が達していても1年目から入学するのは困難です。また入学できたとしても1年目から授業についていくのはかなりハードです。

MBAやマスターなどの大学院の修士課程はアメリカは2年、イギリスは1年、その他は1~2年で修了することが可能です。但し、入学の際に求められるアカデミックレベルや学部時代の学業成績、そして英語力は非常に高いですので、それ相応の準備が必要です。また、修士課程の先に博士課程もあります。

留学スクエア お問い合わせ 0829-30-2220 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

ページの先頭へ