HOME > 留学スタイル > ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの概要

ワーキングとあるので、働くことが中心と思われがちですが、ワーキングホリデービザを保持していれば、多くの国で1年間の滞在が許可され、その間仕事をしながら日銭を稼いで生活することもできますし、インターンシップやボランティア活動に精を出したり、旅行でその国のいろいろな場所を巡るということもできます。

ワーキングホリデーは、過ごし方、時間の使い方は自由自在で、遊ぶ・学ぶ・働くが一度に体験できる制度なのです。1年間という期間ですが、自由にいろいろなプランを立てて有意義に過ごしていきましょう。

英語圏で日本とワーキングホリデーの協定を結んでいるのは、カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・アイルランドです。この中でも、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドが日本人にとって最も人気の高いワーキングホリデー先です。各国ともにワーキングホリデー参加に向けていろいろな条件がありますので、以下で確認してください。

カナダ

【条件】
以前カナダのワーホリに参加していないこと
生活費、旅費等の必要な資金を有すること(目安50万円)
カナダで仕事が内定していないこと
参加者枠 期間 年齢 就学条件 就労条件
6,500人
(2012年)
1年間 18歳~30歳
(申請書受理時点)
6ヶ月以内 カナダ入国日より1年間

オーストラリア

【条件】
以前オーストラリアのワーホリに参加していないこと
2回目の場合は、1回目のワーホリで合計3ヶ月以上の季節労働に従事したこと
扶養する子供がいないこと
滞在費として十分な資金を保有していること(目安50万円)
参加者枠 期間 年齢 就学条件 就労条件
※1 1年間
(入国日から。但しビザ発給日から12ヶ月以内に出発)
18歳~30歳
(申請受付完了時点)
4ヶ月以内
(政府公認校のみ)
同一雇用主の下で最長6ヶ月

※1)基本的に枠はあるが、過去に枠を超える申請は無い

ニュージーランド

【条件】
以前ニュージーランドのワーホリに参加していないこと
帰国用の航空券又はそれを購入できる資金を保有していること
滞在資金NZ$4,200以上保有していること
参加者枠 期間 年齢 就学条件 就労条件
枠制限なし 1年間
(ビザ発効日から。滞在は入国日から1年間可能)
18歳~30歳
(入国時点)
6ヶ月以内 特になし

イギリス

【条件】
以前イギリスのワーホリに参加していないこと
滞在に必要な資金£1,800以上を有すること
扶養児童を同伴しないこと
参加者枠 期間 年齢 就学条件 就労条件
1,000人
(2013年)
2年間
(ビザ発効日から)
18歳~30歳
(申請時点)
特にないが、基本は就学ではなく就労である 起業やスポーツ選手以外に特別な制限はない

アイルランド

【条件】
以前アイルランドのワーホリに参加していないこと
生活費、旅費等の必要な資金を有すること(最低50万円)
医療保険に加入すること
参加者枠 期間 年齢 就学条件 就労条件
400人 1年間
(入国日から)
18歳~25歳
(申請時点) ※2
制限なし 期間制限なし。1週間39時間まで就労可能。

※2)全日制学校在籍者・常勤就労者は30歳まで可能

フランス

【条件】
以前フランスのワーホリに参加していないこと
生活費等の必要な資金を有すること(最低2,300ユーロ)
健康であること
帰国航空券またはそれを購入できる資金を有すること
扶養児童を同伴しないこと
参加者枠 期間 年齢 就学条件 就労条件
1,500人
(2012年)
1年間
(入国日から)
18歳~30歳
(申請時点)
制限なし 制限なし

留学スクエア お問い合わせ 0829-30-2220 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

ページの先頭へ