ドイツ留学の費用やビザ情報・語学学校までご紹介

ドイツ留学の概要

Germany

ドイツは、中世の伝統や文化を色濃く残し、町を歩いているだけでもヨーロッパの歴史を感じられる国ドイツ。歴史や伝統がしっかり残っている一方で、自動車などの重工業も盛んで先進国の中でも先端を走っています。

ドイツの人々は、ドイツの国民としてドイツの歴史や文化、そしてドイツ語に誇りを持っている一方、グローバル化もうまく受け入れ、ドイツ語だけでなく英語も上手に話せる人が多いです。移民の受入にも昔から積極的で、ベルリンやミュンヘンをはじめ様々な民族・人種が暮らしています。ドイツ語は日本と同じようにほぼドイツでしか使われていませんが、周辺国のスイスやオーストリアでも公用語になっています。ドイツ語人口は世界で約1億3000万人。比較的多くの人達がドイツ語を利用しています。

また、クラッシック音楽やピアノ、サッカー、ハンドボール、卓球などドイツ語が幅を利かせている分野もありますので、将来の進路によってドイツ語が役に立つ場面も出てきます。また自動車産業や医薬品業過などでは、英語だけでなくドイツ語も操れることでビジネスチャンス拡大も狙えます。

留学スクエアでは、ドイツ留学では語学留学を主にサポートしています。またドイツ語を学びながら、ピアノや音楽のレッスン、サッカーのレッスンなどのお稽古留学も扱っています。ドイツの語学留学先としてはベルリンやフランクフルトを中心としたエリア、ミュンヘンなどが多くなっています。

また、日本とドイツはワーキングホリデー制度の協定を結んでおり、12ヶ月間ドイツで働きながらの滞在も可能です。

ドイツ留学の費用

ドイツの留学費用は、思われているほどはお安くはありません。ドイツの留学先で多くの留学生が選ぶエリアは、ベルリンまたはミュンヘンとなっています。これらの都市にはドイツ語の語学学校も多くありますので、選択肢も数々あります。またドイツは、他の都市にもいくつか学校もあるため、フランクフルト・ハイデルベルグなど物価が安い他都市で留学して費用を抑えることもできます。

1ヵ月ドイツで勉強してホームステイした場合、授業料と滞在費、及び航空券等の合計で約37万円~が相場感です。1年間だと、約200万円~となりますが、年間250万円台程度は見ておいた方が良いでしょう。もちろん、学校・レッスン時間・滞在先のタイプにより料金は異なってきます。

1ヶ月 約37万円 約42万円
3ヶ月 約70万円 約75万円
半年 約125万円 約140万円
1年 約200万円 約250万円

ドイツ留学でのビザ

ビジター

日本国籍保有者の場合、ドイツ滞在が3ヵ月未満であれば事前のビザ申請は必要ありません。

学生ビザ

3ヵ月以上ドイツに滞在して語学学校に通う予定の場合は、学生ビザの申請が現地ドイツで必要となります。語学学校で学生ビザを取得した場合は、働くことができません。学生ビザは、他にも大学に向けた進学準備のタイプと実際に大学の学位コースを受講できるタイプにも分かれます。

ワーキングホリデー

18歳以上30歳以下で要件を満たせばドイツのワーキングホリデービザを申請することができます。日本で事前に申請するか、またはドイツ現地にて申請する方法と2種類あります。

失敗しないドイツ留学のコツ

まずは、留学の目的を定めたうえで、その目的が実現できるドイツの留学先を決めていきましょう。ドイツのほぼ7割の語学学校はダブリンまたはミュンヘンに集まっています。

ドイツはワーキングホリデーを取得することで、現地で働くことも可能です。ヨーロッパで就労体験をしてみたい方には最適な留学先の一つになると思います。

どういったドイツ留学を希望するか、しっかり希望を考えて留学先を選んでいくようにすることが、まずは失敗しない留学の第一歩です。その他にも、学校やホームステイ、授業の先生、クラスメイト、など失敗につながる要因はいくつかありますが、まずは希望に合ったドイツの留学先を選んでいくようにしましょう。

ドイツ留学のメリット

ドイツには他の国にない留学先としてのメリットがたくさんあります。

  • 当然ですが、ドイツ語に浸れる
  • ワーホリで働くことができる
  • ヨーロッパへも気軽に、陸路でもアクセスできる
  • 意外に英語も使える場が多い
  • 国全体で治安が良い

代表的な留学先都市

ドイツの留学先は、前述しているように、ベルリンとミュンヘンに語学学校が多いです。ベルリンもミュンヘンも、ドイツでは大都市で都市型の留学生活を送ることができ、ワーキングホリデーでも比較的仕事場を見つけやすいということもあって人気があります。もちろん他にも、フランクフルトや、ケルン・ハイデルベルグなど、ドイツの中でもいくつか留学先は選べるようになっています。

ベルリン

  • ベルリン留学
  • ベルリンは、ドイツの首都で政治の中心都市です。人口もドイツの中で一番多く、約350万人の人口を擁しています。東西冷戦を象徴していたベルリンの壁が有名で、崩壊後再開発が進みヨーロッパの中でも有数の政治都市・観光都市となっています。また多くの大学や研究機関が集まっている場所でもあり、医療や工業などの研究も盛んな場所となっています。

ミュンヘン

  • ミュンヘン留学
  • 南ドイツを代表する最大の都市です。バイエルン州の州都となっています。150万人規模の人口を擁し、日本で言えば福岡と同規模となっています。自動車メーカーのBMWやシーメンスなどが本社を構えています。ドイツの中でも比較的移民の多い街で、ドイツ人だけではなく様々な人種が行きかう多民族都市の側面も持っています。サッカーで有名なバイエルンミュンヘンはここが本拠地です。

フランクフルト

  • フランクフルト留学
  • ドイツを代表する経済金融都市。ドイツで一番の国際空港もあり、世界中から人や資金が集まる都市です。日本からドイツへ行く場合、日本との直行便も飛んでいるので、ほとんどがまずこのフランクフルトに降り立つことが多いです。国際的な展覧会も多く開かれる都市で、ドイツの中で一番国際化が進んでいるといっても過言ではない町です。

ハイデルベルグ

  • ハイデルベルグ留学
  • ドイツ南西部のフランス国境やスイスにも近い15万人規模の小都市です。ドイツでも一番暖かエリアにあります。ネッカー川に流域にあって、川とハイデルベルグの旧市街地が歴史と伝統を感じさせるコントラストが非常に印象的です。バロック調の建築物が特徴的な町でもあり、小さい街ながらも昔ながらのドイツを感じることができる歴史溢れる町となっています。

ドイツで人気の語学学校

ベルリン

ミュンヘン

ドイツの基本情報

国名 ドイツ
人口 約8300万人
首都 ベルリン
使用通貨 ユーロ(EUR)
公用語 ドイツ語
日本との時差 -8時間

ドイツに関するよくある質問

ドイツへ留学するにはビザは必要ですか?
3ヵ月以上であれば学生ビザ、またはワーキングホリデーであればワーホリビザが必要です。学生ビザは現地での申請になりますので事前の申請は必要ないですが、ワーホリビザは事前申請または現地申請で取得できます。
ビザ詳細へ
ドイツ留学中に働けますか?
ワーキングホリデーはもちろん可能です。ドイツ語学習目的で学生ビザを取得された場合は、現地で働くことができません。

ドイツ留学体験談

ドイツ留学の体験談をまとめています。ドイツ留学の様子がわかりますので、参考にできる体験談となっています。体験談を掲載している方は、複数のテーマで分けて寄稿頂いているので、読み物として続きが読めるようになっています。

選ばれる理由バナー

問い合わせバナー