HOME > オーストラリア留学

オーストラリア留学

オーストラリアイメージ

日本のはるか南に位置する国、オーストラリアは南半球にあるため日本とは四季が逆転しています。国土は日本の約20倍で、一つの大陸を一国で占めている珍しい国でもあります。このオーストラリア大陸には、カンガルーやコアラといった固有の珍しい動物が生息していることでも有名です。

広大で豊かな自然に恵まれ、マリンスポーツや自然保護活動などが盛んな国ですが、シドニーやメルボルンといった大都市もあり、自然と大都市がうまく調和している国とも言えることができます。その為、オーストラリアの英語を学ぶだけでなく、一緒にサーフィンやスキューバーダイビングを楽しんだり、自然保護のボランティアに参加したり、英語を学ぶだけではない楽しみ方もオーストラリアでは可能です。

オーストラリアは日本からのワーキングホリデー先の国として人気を誇っており、ワーキングホリデービザで働きながらオーストラリアの生活を1年間満喫するといったこともできます。

オーストラリアの大学はイギリスの教育制度の影響を受けており、日本とは違い大学1年目の一般教養課程が設けられていません。英語力が基準に達し、その分野の専門知識がなければ直接入学は難しいですが、1年間ファウンデーションコースに通うなどして、大学進学への道も開けてきます。

オーストラリア留学の種類

オーストラリアで取り扱っています研修機関や学校を留学目的別に各ページでご紹介しています。

オーストラリア

特定の提携校のみをご紹介・お薦めすることなく、取り扱っている学校以外にもご要望に応じて様々な学校をお調べしご紹介しています。お気軽にご相談ください。

選ばれる理由バナー

オーストラリアの主な留学先

Sydney(シドニー)
Sydney(シドニー)
シドニーは、人口約400万人を抱えるオーストラリア最大の都市。経済・金融の中心として賑わいを見せています。高層ビルが立ち並び大都市でありながら、公園などの緑に囲まれ過ごしやすい都市です。ワーキングホリデーで滞在している日本人も多く、日本に関する情報や仕事のことなど情報も豊富にあります。日本に比べて湿度がかなり低いため、年中を通して快適ですが、一日の気温差が大きいので夏場でもある程度の肌寒さ対策は必要です。1月から6月にかけて比較的雨が多い時期でもあります。
Brisbane(ブリスベン)
Brisbane (ブリスベン)
クィーンズランド州の州都、ブリスベンは人口約190万人を擁するオーストラリア第3の都市です。街の中心にはブリスベン川が流れており、公園などの緑も豊富な為、水と緑に囲まれ過ごすには非常に快適な街です。冬場(7・8月)でも20度前後で温暖で過ごしやすい気候ですが、夏場(12・1・2月)は30℃を超える程の暑い日があったりします。湿気が少なく乾燥しているので、夏も比較的過ごしやすいです。オーストラリアで一番、安全で住みやすい街と言われるほど、安全で治安のよい街です。
Gold Coast(ゴールドコースト)
Gold Coast(ゴールドコースト)
温暖な気候に恵まれ、美しい海や熱帯雨林がある一方で、高層ビルなどのショッピングセンターもあり、自然と都市が調和したリゾートタウンです。天気もよく、1年間のうち300日以上も晴れる日があり、レジャーやスポーツには恵まれた場所です。その為、町はサーファーや観光客で賑わっています。雨が少ない分節水制限も厳しいので、滞在するには少し気をつけなければなりません。ゴールドコーストは、こういった滞在する上で過ごし易く、天候に恵まれているということもあり、ワーキングホリデーで多くの日本人も滞在しています。
Cairns(ケアンズ)
Cairns(ケアンズ)
グレートバリアリーフの入り口としても有名なケアンズは、人口13万人程度の小さな町です。町の中心は全て歩いてまわれるほどです。周りを珊瑚礁の海に囲まれ、たくさんの島にも囲まれている為、ダイバーを中心に多くの観光客で賑わっています。熱帯雨林気候で、四季が無く常夏な気候です。一番寒い時期でも15度を下回る程度で、暑い時期では40度近くにもなります。雨季と乾季がはっきりしており、12月~5月頃までが雨季となり、6月~11月ころまでが乾季となって降水量が少なくなります。
Melbourne (メルボルン)
Melbourne (メルボルン)
人口約400万人弱でビクトリア州州都であり、オーストラリア第2位の規模を誇る大都市です。全豪オープンテニスやF1グランプリも開催されることで知られています。市内には450以上もの公園があり、緑豊かで別名「ガーデンシティ」とも呼ばれている街です。メルボルンは移民の街としても知られており、いろいろな国から集まった人達による各国のレストランも数多くあり、食の都としての顔も持ち合わせています。年間を通して乾燥した気候で、夏の平均は24度~26度で晴れた日が多く、過ごしやすい天候に恵まれています。
Perth(パース)
Perth(パース)
人口約140万人を抱える西オーストラリア州の州都パースは、スワン川に沿って開けた緑豊かな美しい街。 地中海性気候で、穏やかな気候で夏は乾燥して晴れの日が多く、冬は穏やかな寒さで暮らしやすく、「世界で一番住んでみたい街」と言われています。オーストラリアの東海岸に比べて観光地化されていないため、静かで落ち着いています。そのためか、勉強しやすい環境と言うこともあり、留学生が多く集まっています。パースの公共交通であるバスは、市内のゾーン内であれば無料で乗ることができるのもパースならではで、その分生活費も抑えられます。

無料留学カウンセリング・資料請求

気になる語学学校や知りたい情報などありましたら、お気軽に資料をご請求ください。

カウンセリングも随時行っております。広島では出張相談を行っております。また、遠方のお客様には、メール・電話などでご相談に応じさせてもらっています。

  • 無料留学カウンセリング
  • 資料請求

ページの先頭へ