日本が「日本国」、アメリカが「アメリカ合衆国」であるように、オーストラリアには国名の正式名称が定められているのでしょうか。

オーストラリアは、ニューサウスウェールズ州(NSW)、ビクトリア州(VIC)、クィーンズランド州(QLD)、西オーストラリア州(WA)、南オーストアリア州(SA)、タスマニア州(TAS)の6州と、首都特別地域(ACT)・北部準州(ノーザンテリトリー)の特別地域で構成されている連邦国家です。


そのため、オーストラリアの国名の正式名称は、【オーストラリア連邦】となっています。では、英語表記もFederal Australiaといった呼び方になると思いきや、オーストラリア正式名称の英語表記は、【Commonwealth of Australia】となっています。カナカナで表記すると、「コモンウェルス・オブ・オーストラリア」という呼び方になっています。


コモンウェルスとは?

そもそもコモンウェルスって何でしょうか。

コモンウェルスとは、通常大まかに「イギリス連邦」のことを指します。19世紀に世界を支配していた大英帝国を構成していた国家の緩い連合体です。そのため、多くの旧イギリス植民地の国家がこのコモンウェルスに加盟しており、オーストラリアも加盟しています。オーストラリアの国家元首は今でもイギリスの国家元首となっていますし、オーストラリアの国旗にユニオンジャック(イギリスの国旗)が描かれていることからも、イギリス連邦の一員であるということがわかります。

コモンウェルスという国家連合体といえども、現在の欧州連合(EU)のような、共通の通貨を作り国境を無くしといったような政治経済などの分野で連携していくほど強固ではありませんが、昔ながらの結びつきは維持されています。4年に一度コモンウェルス大会というオリンピックのようなスポーツ大会も行われています。

このコモンウェルスには、オーストラリアの他に、カナダ・ニュージーランド・シンガポール・マレーシア・インドなど旧大英帝国の国々が加盟しています。

なぜコモンウェルスが正式名称か

オーストラリア地図

では、なぜ“Commonwealth”がオーストラリアの国名としてそのまま使われているのでしょうか。連邦国家なので、そのままFederal〇〇やFedrated〇〇という呼び方で良いと考えてしまう場合もあるかと思います。

オーストラリアは1901年に自治が認められ連邦国家となりましたが、その10年前にオーストラリアの憲法が制定されています。その際に連邦制の父とも呼ばれているヘンリーパークスが"Commonwealth"という言葉を使うよう提案しました。その後、シドニーで投票も行われ"Commonwealth"を使用した正式名称である【Commowealth of Australia】が正式に過半数を得ることになりました。

Commonwealth=イギリス連邦ということが名前の由来と考えられがちですが、このCommonwealthという言葉はイギリスの自治領という意味として使うのではなく、国民の“共通の富や財産”のために(for common good)という意味合いが込められています。Commonは共通という意味がありますし、wealthは富や財産といった意味があります。そういった国民の共通の富や財産のための国だということなのです。

では、そういった共通の富や財産とは何なのかといえば、オーストラリアにおいては私有財産や既得権益といったものではなく「政府」が国民共通の富であり財産であると定義されました。よって、オーストラリアにおいては、Commonwealth=Government(政府)のことを指すようになっています。ですので、決してCommonwealthはイギリス連邦の一員ということ指しているのではないのです。6州からなる連邦制ではありますが、オーストラリア共通の財産であるCommonwealthに各州が根差しているということにもつながります。

オーストラリアという名前の由来

オーストラリア国章

では、そもそもオーストラリアはなぜ「オーストラリア」と呼ばれているのでしょうか。

オーストラリア大陸は、昔からどうやら何気なく存在だけはヨーロッパの人々に知られていたようです。その為ラテン語で「Terra Australis Incognita」(未知なる南の土地)と呼ばれていました。このAustralisからオーストラリアの名前の由来が来ているとは想像がつきます。

ただ最初に実際にオーストラリア大陸を発見したのは、オランダでした。17世紀のことですが、当時はオーストラリアのことを新しいオランダということで「ニューホランド」と呼ばれていました。ニューヨークのニューアムステルダムのような経緯です。

その後、イギリス人の航海者であるマシューフリンダースがオーストラリア大陸をラテン語の呼び方に倣って、テラオーストラリス(Terra Australis)と呼びはじめましたが、省略され今のオーストラリアと呼ぶようになり、フリンダースも「オーストラリア」という名前を使用するように勧めていました。

幾度か、テラオーストラリスという名前に戻されたりもしましたが、最後はイギリスの海軍本部も1824年にオーストラリアという名称を使用することで承諾しました。

最後に

オーストラリアの正式名称は日本語で【オーストラリア連邦】、英語では【Commonwealth of Australia】と呼ばれています。オーストラリアは元々は未知なる南の土地というところから名前の由来があり、オーストラリア共通の富や財産のための政府という意味でCommonwealthという言葉を正式名称に使用しています。

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報