ワーキングホリデーなど、長期の滞在をするにあたって必ず持ち込みたいのが常備薬。

人それぞれ個人差がありますが、頭痛薬・風邪薬、胃薬など、当然オーストラリアでは日本の薬は手に入らないので、事前に準備して持ち込む必要があります。

ここで気をつけなければならないのは、【薬の持ち込みは申告が必要】ということです。

もし申告するのを忘れてそのまま入国して、入国検査時に薬が見つかると、持ち込み可能な医薬品であっても没収されてしまったり、罰金を科せられる可能性があります。

特にオーストラリアでは、「口に入るもの全てに申告が必要」と言われているくらい食べ物や医療品の検疫には厳しい国です。

日本の市販薬だから大丈夫、とタカをくくらず、正しく申告して持ち込みましょう。

申告っていつするの?

海外旅行未経験の方には馴染みがない【申告】について。

これらは、オーストラリアへ向かう際の飛行機内で、オーストラリアへの入国カードが配られるので、そちらに記入します。
(※ペンは配られないのであらかじめ持ち物に入れておきましょう!)

常備薬を持ち込む際は、表側右手にあるオーストラリアへの持ち込み品の

【1、禁止または規制されている物、医療品、ステロイド、不法わいせつ物、鉄砲、武器、不法な薬物】

上記に該当しますので、はい、にマルをつけましょう。

基本的に日本からの便では日本語で書かれている入国カードが配られますが、トランジット(飛行機の乗り継ぎ)の関係で、英語の入国カードが手渡される場合があります。

基本的に質問事項が書いている位置は同じで、1項目目のyesにマルをつけましょう。
(※質問内容にmedicine(薬)と書いてあります。)

薬の持ち込み方法

手荷物では飛行機に乗る際に申告に必要な分だけ機内持ち込み手荷物(carry-on)として持ち、残りは一カ所にまとめて受託手荷物にいれましょう。

それぞれの箱や袋などに、分かりやすいメモシールなどを貼って、何の薬かを記入しましょう。

●頭痛薬…Headache(ヘッドエイク)
●腹痛…Stomachache(ストーマエイク)
●かゆみ止め…itch(イーチ)

持病の処方箋については、かかりつけ医の先生に相談し、あらかじめ成分などのメモを貰って細かく記載してください。

入国時にチェックを受けるときはとても緊張しますが、オーストラリアの検疫では結構色んな人が引っかかっているので、特に気にせず堂々としていましょう♪

ただし、基本的にスーツケースの鍵を開ける所から、すべて職員の手によって作業がされるので、スムーズかつ恥ずかしくないように、荷物はきちんと整理した状態でパッキングするのをおすすめします・・・。

オーストラリア入国時の薬持ち込みルール

オーストラリアの治療製品局(Therapeutic Good Administration)では、オーストラリア入国時の薬持ち込み方法に関するルールを明記しています。そのルールを以下に日本語でご紹介しておきます。

  1. 自分自身または家族以外で利用する目的の薬や医療機器を持ち込まない事
  2. 処方薬に関しては、処方箋を持参するか、または何をどの程度持参しているかを明記したかかりつけ医師からのレターを持参すること
  3. どういった薬なのか、その成分は何なのかわかるようにするため、薬や医療機器のパッケージは、剥がしたりせずそのままにしておくこと
  4. 3ヵ月以上に及ぶ量の薬は持ち込まない
  5. 入国時に申告が必要な薬を事前にチェックし、入国時に申告すること
  6. 成長ホルモン剤など人や動物に影響を及ぼすものを含む注射の持ち込みは、特別な許可が必要。インシュリンなどは除く。

事前許可が必要なもの

ちなみに、オーストラリアで常備薬等を持ち込む場合でも、3ヵ月以上の服用を目的とした量は事前に許可が必要です。

その他、ステロイドといった筋肉増強剤など事前許可が必要な薬やそもそも持ち込みできない薬もありますので、オーストラリア大使館のウェブサイトをチェックしておきましょう。

日本から持参すべき市販薬

日本から持参しておくと安心な市販薬について、いくつかご紹介しておきます。ご自身に合う合わないなども出てくると思いますので、必ずドラッグストアなどので薬剤師さんとご相談の上購入してください。

風邪薬

頭痛・鼻づまり・のどの痛みなどの風邪の諸症状を感じた時に服用される薬です。総合風邪薬でしたら、こういった風邪の諸症状に効き目があります。市販薬で言えば例えば、「パブロン」「ルル」「コンタック」など。

胃腸薬

オーストラリアに行くと、ビールを飲みすぎたり、肉料理を食べすぎたりといったことも出てきてお腹を壊す場合もあるかもしれません。その時に備えて胃腸薬もあると良いでしょう。市販薬で言うと、例えば、「キャベジン」「ガスター10」「太田胃散」などがあります。

酔い止め

オーストラリアへ向かう飛行機の機内や、オーストラリア国内でバス移動している際中に、飛行機酔いや車酔いという場面も出てくるかもしれません。そんな時に酔い止めがあると便利です。市販薬で言うと例えば、「ニスキャップ」「センパア」「トラベルミン」などがあります。

痛み止め

オーストラリアで急な頭痛や生理痛などの痛み対処用に何か手元にあると良いでしょう。市販薬で言うと例えば、「ロキソニン」などがあります。

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報