オーストラリア人の性格や特徴

オーストラリア人の性格や特徴、国民性について解説

オーストラリアに留学を検討するときに、「オーストラリアってどんなところかな?」と気になりませんか?オーストラリアは気候が良く、南国のイメージがありますよね。前向きなイメージの多いオーストラリアですが、実際にはどのような人達が住んでいるのでしょうか。

というわけで、オーストラリア人の特徴や国民性についてお話ししていきたいと思います!

このページで、だいたいのオーストラリア人のイメージがつかめてくると思いますよ。

オーストラリア人の特徴と性格

オーストラリア人といっても色々な人がいるので一概には言えない部分はありますが、実際にオーストラリアに住んでいる人の口コミを元に、オーストラリア人から感じる特徴や国民性についてまとめました。

オーストラリアの国旗

おおらか

オーストラリアには南国のイメージがありますよね。シドニーやメルボルンなどの都市部では四季もありますが、比較的一年中あたたかく、気候の良さから人間性もおおらかです。基本的に細かいことは気にしない、何かあっても「No Worries(心配ないさ)」が口癖の人々です。自分にだけでなく、相手にも完璧を求めることはありません。オーストラリアでは誰しもが、心からリラックスして過ごすことが出来るでしょう。

親切

親切な人が多く、困っているとすぐに誰かが話しかけてくれます。特に体力のある若い男性は、大きな荷物を持っている人を手助けするのも当たり前、子どもや老人はもちろん女性に席を譲るのも当たり前といったように、親切にすることに特別意識を持たず自然に行っています。

陽気

陽気な人が多く、道を歩いていると「Hi」と挨拶されます。まるで友達かのように、誰かれ構わず話しかけてしまうのもオーストラリア人の特徴の一つ。こういた光景は特にビーチ沿いの町で見かけることが多いです。

時間にルーズ

電車はしっかりと時間通りに来ることが多いですが、バスは時間通りには来ないことの方が多いです。また、コーヒー片手に仕事に遅れてくる人も普通にいます。遅刻を咎める人もいないので、時間を守らないことに対して「悪いこと」という感覚はないのかも知れません。良く言えばおおらか、悪く言えば時間にルーズということになりますね。

自己主張ははっきりする

オーストラリアで生きていくためには、意思表示が大切です。「イエス」「ノー」をはっきりと伝えること以外にも、例えばバスに乗る時は手を上げて乗る意思を表示しないとバス停に止まってくれないという制度になっています。「相手の気持ちを汲む」日本の文化とは180度異なるので、最初は戸惑うこともあるかも知れません。

プライベート重視

プライベートを非常に重視します。休日・祝日は出勤しないことが当たり前なので、アルバイトの場合は時給が倍になります。平日も定時に帰宅するので、午後5時ごろにはパブでビールを飲む人若い男性が増えます。また、ショッピングセンターやスーパーマーケットも、日本に比べると営業時間が短くなっており、利用者よりも働く人を優先にしていることが実感出来ます。

オーストラリア人で注意すること

オーストラリアの前向きな部分をたくさんご紹介してきましたが、マイナス部分もあります。マイナス面も頭に入れておくことで、総合的にオーストラリア人への理解が深まると思います。

意外とレイシスト

オーストラリア人のマイナス面の一つとして意外とレイシスト(差別主義的)な人がいるということです。

アメリカやカナダ・イギリスに比べると圧倒的にアフリカ系住民が少なく滅多に見かけることはありません。また、移民の中ではアジア系が多いですが、英語が話せなくても移住するアジア系は非常に多いので、「アジア系は英語が話せない」という先入観を持ち、そのことに対してマイナスイメージがあるイギリス系オーストラリア人は態度で示して来ることがあります。永住権の取得条件が年々難しくなっているのにも、こういった背景があるのかも知れません。

英語に癖がある

アメリカ英語よりもイギリス英語が強く、さらに訛りがあるので、日本人に馴染みのない英語を使います。「Day」を「ダイ」と発音したり、オーストラリアにしかない表現を使用することもあります。英語がもともとある程度話せる場合は問題ありませんが、オージーイングリッシュに慣れるまでには少し時間がかかるかも知れません。

Sorryと言ってはいけない

オーストラリアでは「Sorry」というと負けを認めたと認識され、強く非難される場合もあります。自分に非がない場合や100%自分の責任というわけではない時にはむやみにSorryと言わない方がよいでしょう。

また、人混みを通る時にも「すみません」の感覚で言いそうになりますが、オーストラリア人はそういう場合でも絶対に「Excuse me」と言います。実際にカナダでは「Sorry」を使う人もいるので、オーストラリア人の特徴ということなのでしょう。

オーストラリアの住民

オーストラリアの統計局によると、2016年の国勢調査では、国民の出生地の割合が出されています。それによると、トップ5の出生地で、イギリスが17.7%、ニュージーランドが8.4%、中国8.3%、インド7.4%、フィリピン3.8%です。

ヨーロッパ系やオセアニア系の割合が減り、東アジアと南アジアを中心としたアジア系の割合が増えてきている傾向です。

アボリジニ(先住民)

オーストラリアにはまだ、先住民が住んでいます。オーストラリアの先住民はアボリジニと言い、元々オーストラリア大陸に住んでいた人々です。以前はイギリス系移民によって迫害されてきましたが、現在は国家の保護を受けて生きています。オーストラリアはアボリジニとイギリス系移民とその他の移民によって成り立っているのです。

まとめ

オーストラリアは基本的に陽気で平和な国です。英語を勉強しながらものんびりと過ごしたい人にオススメで、心からリラックスして過ごすことができるでしょう。

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報