パースの魅力、メリットやデメリット

パースの魅力、メリットやデメリット

オーストラリアで留学やワーキングホリデーをしようと思うと、シドニーやブリスベンなど東側が候補に挙がる場合が多いですが、西側のエリアはどういったところなのか気になりませんか?

オーストラリアの西側エリアで代表的な都市と言えばパース。そんなパースで留学やワーキングホリデーで生活していく上でどんな魅力があり、どんなメリットがあるのか、生活先の候補地として気になる所だと思います。

このページでは、オーストラリアの西側を代表するパースの魅力について、留学やワーホリで生活する上での魅力や、メリットデメリットなどをご紹介していきます。パースがどういった町でどんなメリットがあるのか大体の概要はつかめてくると思います。

西オーストラリア州・パースはどんなところ?

パースは東海岸シドニーとは正反対のインド洋側に位置しており、オーストラリア大陸西側3分の1を全て西オーストラリア州が占めています。

北は赤道そしてインドネシア、南は南極海、西にインド洋、そして東に大きな砂漠が広がっています。

その州都であるパースは、東海岸よりも賑やかさの規模は劣るものの、こじんまりとしつつも都会と自然が綺麗に融合された街で、世界で最も住みやすい都市No.1に選ばれたこともあります。

資源も豊富で、かつてはゴールドラッシュに湧いた時期もありましたが、現在では鉄鉱石やダイヤモンドなどが盛んです。

気候は地中海性気候で、夏はカラッと乾燥し、冬に雨が沢山降ります。

ヨーロッパの地中海沿岸と同じように柑橘系やオリーブ、ブドウなどがよく育ちます。

パースの魅力とは?

留学生やワーホリを経験された方たちが仰るのは、やはり「賑やかすぎない」というところでしょうか。

都心部はとてもコンパクトで、1日あれば徒歩または無料バスに乗って市内観光が出来ること、買い物しやすいところなど。

空気も綺麗で夏空は常にクリアな青、太陽も眩しくこれぞ外国だ!って感じられます。

街中でも自然豊かな公園がすぐ近くにあり、現地の方々は仕事の合間の休憩や、家族や友達とのピクニックなど、のんびりくつろいでいる方が本当に多いです。

海に行けばインド洋の紺碧が美しく、真っ白い砂浜が綺麗に映え、夕焼けのグラデーションも素晴らしく、この海が大好きな日本人の方は実にたくさんいらっしゃいます。

パースを選ぶことのメリットは?

パースの魅力は日本人が少ない

留学生やワーホリを経験された方たちが揃えて口にすることは、ズバリ「東に比べて日本人が少ない」です。

最近では街を歩いていても日本人らしい方をお見かけすることが増えてきましたが、それでも郊外に出ればほとんど見かけることはありません。ごちゃごちゃした雑踏が苦手な方にはもちろんのこと、ローカルな環境でガッツリ英語を学びたい、そういう方にパースをオススメします!

パースに向いている人はどんな人?

パースの人々はとってもフレンドリーです。

お店に行けば「Hello!」が飛び交い、店員さんとお客さんは店内で会話を楽しんでいることがほとんど。

商品の所在など、店員さんに直接聞いて助けてもらうことが普通です。

初対面の人同士でも電車やバスの中でお喋りする人もいれば道を歩いてていきなり知らない人から話しかけられることも多いです。

街中ではあまりありませんが、郊外の住宅地ですれ違うご近所さんには「Hello!」とにこやかに挨拶を交わすことが常です。

日本ではあまり見かけることのない、見知らぬ人から話しかけられる光景に抵抗のない人が向いているでしょう。

喋るのが苦手な人への対策としては、常に口角を上げること。

話さなくても目が合えばニッコリと笑うだけでも大丈夫。オーストラリア・パースの空気感に無愛想は似合いません。

パースで気をつけることは?

パースで気を付けるべきこと

治安の面については日本と同等またはそれ以下くらいだと考えていいでしょう。

基本的には平和ですが、殺人よりもスリや空き巣、車上荒らしなどの小さな窃盗事件が圧倒的に多いです。

あとは夜に女性一人だけで出歩かない、カバンを置きっぱなしにしないなどの海外では当たり前の基本さえきっちり守れば大丈夫です。

たまにコインをねだられたりすることもありますが、無視せずちゃんと断るようにすればそれ以上食い下がって来ません。

住宅街での強盗事件などのニュースも時折入ってきますが、大抵は静かで真っ暗な深夜帯が多いので夜外出される方は十分周りに気をつけるよう気を引き締めてください。

パースの魅力のまとめ

海外が危険なのはどこも同じですが(最近では日本も平和だとは言えませんよね)、オーストラリアはまだ治安の面では安全なほうです。

現地のオージーのほうがむしろ平和ボケしている人が多いので、そこまでピリピリしなくても大丈夫です。

旅行をされる方も、留学される方も、オーストラリアのフレンドリーな空気感に顔が緩む人のほうが多いです。

オーストラリアのパースは一度来たらまた来たい!と思って戻って来られる人も多く、ぜひ一度この空気感を味わっていただきたいと思います。

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報