オーストラリアへ旅行した際の注意点!してはいけないこと

オーストラリアへ旅行した際の注意点

日本とオーストラリアでは文化が違います。さらに季節も常に反対です。だからこそ、日本では感じられない魅力的なモノが向こうにあり、オーストラリアへ旅行したり留学をしてみたいという気になるかもしれません。

ただ、海外旅行や留学に向けて準備は進めて行くわけですが、特にオーストラリアへの旅行においては他の国とは違って、もうワンランク上の下準備が必要になってきます。そこで数種類の項目に分けて旅行や留学、ワーホリでオーストラリアに渡航をする時の注意点について考察していきます。

事前チェック:オーストラリアへ持ち込みできないもの

事前に持ち込みできないものを知っておかないと、没収されて最悪の場合罰金を払うことになってしまいます。気を付けましょう。

持ち込めないものの種類は野菜、卵、卵製品、乳製品、缶詰以外の肉製品、オーストラリア原産以外の植物または種子、ナッツ類とたくさんあります。これらのものでもオーストラリアならではの厳しくて細かい規定をクリアすれば持ち込める場合があります。

お菓子は全般的に問題ありませんが、一例として日本原産のお菓子である亀田製菓の『柿の種(せんべいとビーナッツが混合したお菓子)』はこうして考えると微妙な扱いとなってしまいます。中にはこういったグレーゾーンな項目もありますので、ケースバイケースによって持ち込み可能かそうでないかは、結局のところオーストラリア税関職員によって判断されることになります。

また入国カードに必要な項目に記入しておかないと、グレーゾーンと言われるものすべてが持ち込み不可になってしまいますのでご注意ください。

事前チェック:オーストラリアへ持ち込みできるもの

オーストラリアのスーパー

もちろん、持ち込み可能なものもあります。

先ほど少し触れましたが、たいていは機内で入国カードを受け取り、オーストラリアに着くまでに記入することになります。持参物を正直に書いて申告する必要があります。くれぐれもウソの申告はしないようにしてください。

持ち込みできるものをざっと書いておくと、食料品、常備薬、お金、ブランドバック、お酒など一定の条件を満たせば持ち込み可能です。とはいってもどこの国でもある検疫所を通して問題なければ持ち込みが可能になりますが、場合によっては『没収または処分』の対象となることがあるため、全てのモノが必ずしも持ち込めるとは限りませんのでご注意ください。

ご参考オーストラリアへ薬を持ち込む方法について

事前チェック:ツアー旅行と個人旅行とでは

旅行に限って言えば、オーストラリア旅行において上記の持ち込み物について項目を注意書きしてお知らせしているツアー会社が多いです。オーストラリア旅行のツアー平均金額は3泊4日おひとり様で約7万円です。個人旅行で1泊2日で行く場合はもっと安く済みますが、短いスパンでその頻度があまりにも高いと、入国審査で職員に「本当に観光目的ですか?」と疑われてしまう場合があるので、注意しましょう。

払う罰金の額は思っていたよりも手痛い…

罰金のイメージが湧かない人は、罰金を払わないといけなくなった例をテレビ番組でも知ることができます。

日本テレビ系で放送されている世界の様子を紹介していく番組のオーストラリア担当の方が『ボーダーセキュリティ』というオーストラリアでは人気の番組を一部紹介しています。あくまで一部ではありますが、入国カードに燻製肉を持ち込んでいるのにも関わらず、『はい』のところにしるしをつけずに後から見つかったら、罰金を払う羽目になってしまいます。

無事にオーストラリアに入国できても、現地のルールを破るとさらに罰金を払う羽目になってしまうことがあります。

いくつかの例を観光客視点をもって挙げますと、『J-ウォーク罰金』をまず挙げます。端的に説明すれば、日本でいう渋谷のスクランブル交差点の行為を現地警察が現認したら即罰金の対象となってしまうのです。いわば道路をナナメ横断することを禁止しているわけです。そのため、きちんと横断歩道の表示に従って道路を渡りましょう。

他には許可なくビーチで飲酒、シンガポール同様に空き缶などのポイ捨て、公共交通機関内(バスや電車内)で飲食する行為が罰金の対象になってしまいます。日本では何気なく無意識のうちに出てしまうこれらの行為はオーストラリアでは厳禁なわけです。

現地の治安状況は

日本とオーストラリアでは常に季節が逆なので、日本が冬の時にオーストラリアは夏なので、夏の服装を用意して旅行に行くことになります。

またオーストラリア北部の場合は日本の季節関係なく夏の服装が必須になります。旅行に向かう先と季節に注意しておくことが大事です。

オーストラリアではどんな服装で過ごすべき

日本とオーストラリアでは常に季節が逆なので、日本が冬の時にオーストラリアは夏なので、夏の服装を用意して旅行に行くことになります。またオーストラリア北部の場合は日本の季節関係なく夏の服装が必須になります。旅行に向かう先と季節に注意しておくことが大事です。

ご参考オーストラリアでのワーホリ中の服装について

現地でチップにおける文化の有無

アメリカではチップの文化はありますが、オーストラリアでも最近はチップの文化が急速に普及し始めています。

どういった場合にチップを渡すのかというと、ホテルのスタッフに業務とは違う行為をさせた時や高級レストランで思っていた以上のサービスを受けた時などが挙げられます。基本的には渡さなくても構いませんが、感謝の念が大きくなり温情に駆られた時に渡しておきましょう。

現地の紫外線は…

オーストラリア北部では常に夏の状態なので、紫外線対策が必要です。

砂漠地帯以外のオーストラリア南部(主に南東部)は日本と同じで夏場は対策が必要ですが、冬場はそこまで注意していなくても大丈夫です。

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報