オーストラリア英語の特徴、アメリカやイギリスとの違いは?

オーストラリアに留学すると、英語の発音にびっくりすることでしょう。

オーストラリアで使用されている英語は「オージーイングリッシュ」と呼ばれ、アメリカやイギリスの英語とは少し違う、独自の発展を遂げた英語と言われています。

オーストラリアの英語の歴史は?

オーストラリアには、1770年にイギリスの流罪先としてイギリス人が移住を始めました。そのため、イギリス英語が基本となっています。

ただ、移り住んだイギリス人の出身地がバラバラで訛りがあったり、先住民のアボリジニやその後に移り住んだ移民の影響などから、オーストラリアらしい優しい英語に変化していったと言われています。

オーストラリア英語の特徴、アメリカやイギリスとの違いは? | 留学スクエア

オーストラリアの英語の特徴は?

イギリス英語より簡素で、陽気な国民性が現れているのがオーストラリア英語です。

発音に特徴あり

オーストラリア英語の最大の特徴は、発音です!発音の違いを知らないと、何を言っているのか理解するのに時間がかかるかも知れません。

Aをアイと発音する

良く使われる単語「Today」。この場合「トゥデイ」ではなく、「トゥダイ」と発音します。

曜日を表す「Monday」「Sunday」なども同じ発音です。オーストラリア独特の発音代表例と言えます!

語末のR・G・Tは発音しない

日本では馴染みがないですが、オーストラリアやイギリスでは「R」を発音しません。極端に例えれば、「Here」は「ヒィー」です。

G・Tについても、発音されないことが多い傾向にあります。「going」は「goin′(ゴーインッ)」、「can′t」は「can′(キャンッ)」となり、発音はしません。

省略するのが好き

短縮化させるのが得意なオーストラリア人。単語や文章を短くしてしまうので、初めて聞く場合には理解しづらいかもしれません。例えば、以下のようなものがあります。

  • How ya doin′=「How are you doing?(やあ、元気?)」
  • Ta=「Thank you(ありがとう)」
  • Cuppa=「Cup of tea(一杯のお茶)」
  • Have a G day=「Have a good day!(良い一日を!)」

語尾にieを付ける

Aussie(オージー)を代表とするように、何かにつけてieをつけるのもオーストラリア英語の特徴です。他にも以下のような例があります。

  • Brekkie=「Breakfast(朝食)」
  • No Worries=「No problem/Don’t worry(問題ないよ)」
  • Barbie=「BBQ(バーベキュー)」

このように省略したり、言葉尻に mate!(マイッ)をつけたり、とにかくオーストラリアの独特の英語に、ネイティブスピーカーやイギリス人でさえ『???』と混乱することもあります。

とはいえ、基本的にものすごく社交的な人種の人が多いので、「どういう意味?」と聞くとちゃんと教えてくれるので、わからない時ははっきり「わからない」と言って大丈夫です(笑)

アメリカやイギリスの英語とはどう違う?

アメリカの英語について

私たちが学生時代に習ってきた「英語」です。アメリカ英語の大きな特徴は、滑らかに舌を使い喉の奥から出るような発音をすること。具体的には、「T」の発音・「R」の発音が独特です。アメリカ英語だと、どちらも舌を巻くような発音になりますが、オーストラリアはイギリスの発音に近いので、あまり舌を巻くような発音はしません。

イギリスの英語について

イギリス英語は、オーストラリア英語の基礎になっているため、発音や文法はイギリス英語と似ています。違いとしては、イギリス英語は「T」を強く発音するところです。カタカナ表記すると「ッツァ」のような感じになります。

それぞれの訛りでWATERと言ってみよう!

各国の発音が分かりやすい単語として「Water」があります。カタカナ表記で表すと以下のようになります。

  • アメリカ:ワーラー
  • イギリス:ウォーッツァー
  • オーストラリア:ウォートゥー

それぞれの国の発音の違いが顕著に出ていますよね!この単語からでも、やはりイギリス英語の方がオーストラリア英語に似ていることが分かります。

オーストラリアで英語を学ぶからこそのメリット

このような特徴のある英語を使うオーストラリアですが、リスニング力を鍛えるにはもってこいの国です。

元々多くの移民を受け入れてきた国なので、ヨーロピアンはもちろん、アジア系のオーストラリア人も大勢いて、彼らはしばしば母国の訛りが入った英語を使います。

わかりやすい例で言えばイタリアやスコティッシュ、チェコリパブリックなどの人が使う英語です。彼らの英語の特徴は、何と言ってもRのアクセントをハッキリと言う事、

「fourteen」=「フォルティーン」

「inportant」=「インポルタント」

など、巻き舌を使って発音するので、はじめは何を言っているかわかりません・・・。

かといえば、フランス人に至っては、Hを発音しない癖があるので、

「her」=「アー」

「hungry」=「アングリー」

など、とにかく別の言葉と誤解しやすく、混乱することが多いです(笑)

こうやって様々な国の人の様々なアクセントの英語を聞くことで、よりリスニング力が鍛えられます。たった1〜2年では訛りはあまり関係ない・・・と言われますが、それぞれの特徴を掴んで話し方をアレンジしたりすると、もっと英語が楽しく、身近なものになります。

オーストラリア英語の特徴を動画でチェック

オーストラリア英語の特徴についての動画もYoutubeでたくさん紹介されていますので、オーストラリア英語に関する動画をいくつかここでピックアップしてみたいと思います。

アメリカ英語との違いに関する動画

アメリカ英語とオーストラリア英語との違いについて紹介している動画となっています。

こちらはバイリンガールの方が日本語でアメリカ英語とオーストラリア英語の違いを紹介してくれています。

イギリス英語との違いに関する動画

イギリス英語とオーストラリア英語との違いについて紹介している動画となっています。

オーストラリア英語についてのまとめ

オーストラリア英語は、イギリス英語に似ていますが、独自に進化しています。陽気なオーストラリアの国民性が現れたような、優しい発音、簡略化した単語などが大きな特徴。初めて聞くと聞き取りづらいので、留学やワーホリの前にしっかり特徴を捉えておきましょう!

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報