オーストラリアで変圧器

オーストラリアに変圧器は持っていった方がよい?

日常で必需品となっているスマホですが、オーストラリア留学の際にそのままiPhoneなどのスマホは充電できるのでしょうか?

また海外のコンセントは、日本のものと違うことが多いけど、オーストラリアのコンセントはどうなのでしょうか?

オーストラリアへ行く前に知っておかなければいけない、オーストラリアの電圧事情について調べてみました。

オーストラリアの電圧とプラグタイプ

国ごとに、電圧の違いというものがあります。

オーストラリアの電圧は240Vと高く設定されています。日本の電圧が100Vなので、日本と比べると非常に高い電圧に設定されていることがわかります。

電圧が高いということは、使用する電気機器がその高電圧に対応していない場合製品が故障、最悪の場合、火災の原因にもなってしまうため、注意しなければなりません。そのため、日本とオーストラリアの電圧のこの大きな違いは、十分に注意が必要です

iPhoneなどのスマホ充電には変圧器は必要?

日本で一般的に普及されているiPhoneや、その他のパソコン、スマートフォンなどは、100V〜240Vの電圧に対応しているものも多いので、日本から持参した電気機器が全てオーストラリアで使えないというわけではありません。

対応電圧を確認する際、電気機器の充電器部分に記載されていることが多いです。

例えば、パソコンの場合、アダプターに対応電圧などの細かな情報がラベルが表示されてありあます。文字が少し小さくて読みづらい場合もありますが、「INPUT: 100-240 V」と記載があれば、100ボルト~240ボルトまで対応しているという事になります。

パソコンのアダプター

オーストラリアの変換プラグ

また、オーストラリアのコンセントのプラグタイプは、日本の左右対称に2マタの差込口形状のAタイプとは異なり、八の字に穴があるOタイプとなっています。

Oタイプのプラグ

たとえ、使用する電気機器の電圧が240vに対応していても、変換アダプターを準備しなければなりません。

Oタイプの変換アダプターは安いもので、100〜200円で購入できるので、渡航前に購入しておきましょう。

Oタイプの変換プラグの実物は、このような形で、オーストラリアの電源差込口の形に合わせた仕様になっています。このプラグの反対側に日本で使用されている電源プラグを差し込みます。

Oタイプの電源プラグはオーストラリアの差込口に合わせて作られています

少し高くはなりますが、ほとんどのプラグタイプを1つのタイプでカバーしている変換プラグもあります。最近はUSBポートが付いていて、充電もできるようになっているものあったりします。

余談ですが、オーストラリアのコンセントにはスイッチが付いており、オンオフを切り替えることが可能です。

オーストラリアで変圧器は必要か?

オーストラリア留学の際に日本から、スマートフォンなどの電気機器をいくつか持参するかと思いますが、今はそのほとんどが、海外の電圧に対応していることが多く、基本的に変圧器を必要とすることはなさそうです。

ドライヤーなどのモーターを利用する電気製品は、電圧の他にも、ワット数にも対応していることがほとんどなく、この場合はどうしても変圧器が必要になってきます。しかし、変圧器は安くても4,000円以上し、サイズも大きい、そして非常に重たいです。

留学にそういった大荷物になる変圧器を持参するよりも、高電圧に対応していない電気機器は現地で購入する方が、現実的と言えます。

つまり、オーストラリア留学に変圧器は必要ありません。

変圧器の選び方と値段

もし、今日本で使用している電気機器をどうしても使用したいという場合は、変圧器が必要になります。

変圧器には、『ダウントランス』と『アップトランス』の2種類があり、240Vに対応していない電気製品をオーストラリア国内で利用する場合は、オーストラリアの240Vを100Vまで下げる『ダウントランス』の変圧器のほうを選ばなければなりません。

ダウントランスタイプ

ダウンなので、電圧を下げるということになります。日本よりも高電圧の国で100vの日本製品を使用する場合、現地の高電圧を100vまで"下げる"ようにし日本の製品をオーストラリアなど海外で使えるようにします。

アップトランスタイプ

アップなので上げることになります。ダウントランスの反対で、高電圧国仕様の海外製品を日本で使用する場合などです。例えば240v仕様の製品を使えるように、日本の電圧を"上げる"ようにし、高電圧国仕様の製品を日本で使えるようにします。

さらに、変圧器の購入にはワット数にも気をつけなければなりません。

持参する電気気には、ドライヤーのように1000ワット前後のものもあれば、パソコンなどの50ワット前後のものもあり、その差は非常に大きいです。

仮に変圧器がどうしても必要な場合は、そういったワット数も確認し、日本で購入しておいた方が良いです。

変圧器をアマゾンでチェック!

それでは、オーストラリアでも使える変圧器をAmazonでチェックしてみたいと思います。

全世界対応の変圧器で、お値段も2千円台です。重量も360グラムなので、そこまで負担になる重さではありません。

ドライヤーやアイロンなどには使用できませんので、その点は注意が必要です。Oタイプの変換プラグは別途必要です。

オーストラリアでも日本国内でも使用したいという場合は、こちらが便利です。400グラムで重さも若干軽く、持ち運びに便利です。2000Wまで対応しています。

まとめ

基本的にオーストラリア留学に変圧器は必要ありません

また日本から持参する電気製品が240Vに対応しているのかあらかじめ確認し、対応していないのであれば持っていかない。

そして、プラグタイプが日本とは異なるOタイプなので、プラグの変換アダプターだけは、確実に前もって購入しておきましょう。

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報