オーストラリアってどんな国?

オーストラリアの基本情報やオーストラリアの国について簡単に説明

オーストラリアといえば、日本ではコアラやカンガルーを思いつく方も多いと思います。オーストラリアには魅力的な観光地や一度はこの目でじかに見て見たい自然が多くあります。オーストラリアは地図上では日本の南あるため、訪れる地域によっては時差を感じることなく旅行ができる国の1つに数えられます。

オーストラリアについて基本的なことや知っておくと役立つことまで、様々なことを解説しています。オーストラリア旅行を考えている人には必見です!

オーストラリアの基本情報

オーストラリアは南半球に位置する国で大陸全土がそのまま国家として成り立っています。

この国の起源は1770年にスコットランド人のジェームズ・クックらがシドニー近郊のボタニー湾に上陸して領有を宣言し、入植が始まったことが要因だとされています。やがてイギリスの流罪植民地として活用され、先住民との構想を経て20世紀になって事実上イギリスから独立し現在に至ります。

地理的には離れていても国旗の左上にはイギリス国旗の文様が含まれているように、イギリスなどの欧米諸国と文化的・歴史的に結びつきが強いことが特徴です。

オーストラリアの面積は世界では第6位の広さを誇ります。

オーストラリア全体の人口は約2400万人と広い領土の割には少なく、人口の多くがオーストラリアの東海岸付近に集中していることが特徴的です。オーストラリアで最大の都市と言えばシドニーですが、首都はキャンベラとなっています。

オーストラリアの公用語

オーストラリアの公用語は英語です。

歴史的にイギリス系移民が入植したことがその要因となっています。

ただアメリカのように英語を独自に発展させた、『アメリカ英語』的な英語ではないですが、イギリス英語の流れを汲み、独特の発音や表現など『オージーイングリッシュ』としてオーストラリアの英語は親しまれています。

オーストラリアの通貨

オーストラリアの通貨は英国ポンドです

オーストラリアでは本家イギリスになぞられて、オーストラリアポンドと思いきや、そうではなくなぜか『オーストラリアドル』が使用されています。

日本円で1オーストラリアドル=85円あたりが相場となっています。そこまで値動きも激しくなく、金利が良い通貨として人気のある通貨にもなっています。旅行や留学する際にはオーストラリアドルと日本円とを両替をするのできちんとレートなどをチェックしておきましょう。

オーストラリアの自然と気候

オーストラリアは雄大な大自然が数多く点在していることで有名です。

有名なところとしてはオーストラリア北東部に広がるグレートバリアリーフと呼ばれる世界最大級のサンゴ礁地帯やオーストラリア内陸部にあるウルル-カタ・ジュタ国立公園(旧名エアーズロック)などがあります。

オーストラリアは日本と違って南半球にあるので、季節が真逆です。

また気候も分かれており、シドニー付近は温帯、赤道に近いケアンズは熱帯気候と1つの国で気候が変化し、内陸性気候も合わせると幾分にも細分化されます。

オーストラリアの観光地

オーストラリアには人気の観光地がいくつもあります。

仮にオーストラリアを始めて訪れる方であれば、シドニーにある世界遺産にも登録されたオペラハウスを見学するのは外せないでしょう。

またオペラハウス以外にもシドニー観光の定番としてハーバーブリッジも有名です。

シドニー以外にもメルボルンやダーウィン、ケアンズ、パースなど、自然や文化遺産などその地域で観光したくなるような魅力的なスポットがあります。

オーストラリア人の特徴

オーストラリア人は陽気な人で明るい性格の人が多い一方で、マイペースな人が多いです。

またイギリス人に似てプライドが高いことが特徴です。仕事に関して休み時は休む、働くときは働く、ときっぱり決めています。

そのためオーストラリアでは日本のような『残業』という概念を持ち合わせていないことが多いので、日本人がオーストラリア人と仕事上でやり取りするときにもしかしたらカルチャーショックを受けてしまうかもしれません。

バーベキューが好きなのもオーストラリア人の特徴と言っても良いでしょう。

最後に

オーストラリアに関して基本なことを取り上げてみました。オーストラリアは自然が豊かで観光スポットがたくさんあります。またオーストラリア人は陽気で明るい方が多いので、旅行先で困ったら現地の人に聞けば助けになってくれると思います。

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報