HOME > 留学ビザ申請サポートについて > ビザ情報 > オーストラリア学生ビザ情報

オーストラリア学生ビザ情報

オーストラリア国旗オーストラリア学生ビザ情報

オーストラリア学生ビザ申請要件

以下条件に当てはまる場合、事前にオーストラリアの学生ビザ(Subclass 500)を申請しなければなりません。

  1. 語学学校などの教育機関で3ヶ月以上就学する場合

学生ビザを申請する必要がある方は、以下の必要書類を準備し学生ビザ申請の手続きに入ります。

以下の必要書類は、学生ビザのオンライン申請において最後に添付する必要がありますので、pdfなど電子ファイルで事前に用意してください。また、ビザの審査途中で別途追加の書類が求められる場合もあります。その場合もオンラインフォーム上で添付する形となります。


提出する書類は、国籍および就学先教育機関によって異なります。
事前にオーストラリア移民局のウェブサイトで国籍と就学先の教育機関を選んでどんな書類が必要になるかチェックしておいてください。

>>学生ビザサブクラス500の申請情報

学生ビザ必要書類*1

※日本国籍の方が、日本人を良く受け入れている学校への就学を前提としてご案内しています※


  • ●現在有効なパスポート(就学期間をカバーしているもの)
  • ●教育機関発行の入学許可証(COE)
  • ●OSHCの加入証明
  • ●Genuine Temporary Entrant

<<注意事項>>

*1.必要書類は全て英語で提出しなければなりません。日本語の書類は全て英語に翻訳しなければなりませんが、翻訳の際、専門の翻訳会社による翻訳を行い、その会社から翻訳証明を添付したものを提出することをお勧めいたします。


学生ビザ申請手順

  1. オーストラリア学生ビザの申請は、オンラインフォームへ入力する形式となります。
  2. オーストラリアビザのImmiAccountを作成します ⇒ ImmiAccount作成手順
  3. ビザ申請に必要な書類を揃えます。
  4. 作成したImmiAccountから学生ビザのオンラインフォームを完成させます。
  5. オンラインフォーム上で必要事項をすべて入力し、必要書類も添付します。
  6. クレジットカードでビザ申請料を決済し、オンラインフォームを提出します。
  7. 審査過程に入り、移民局より追加で必要書類が求められれば、用意して提出します。
  8. ビザの審査が終われば、学生ビザ発給許可レターの通知がメールに届きます。

※申請終了後、何も問題がない場合で審査結果に通常2週間程度かかります。諸事情により遅れることもありますので、早めの申請をお勧めします。

学生ビザで聞かれる項目

一般的に聞かれてくる項目をピックアップしています。パスポート番号など個人情報は基本事項としてここで取り上げていません。


  • ■ 家族情報(両親・兄弟・姉妹)
  • ■ 留学資金状況
  • ■ OSHC情報
  • ■ Genuine Temporary Entrant
  • ■ 学歴(卒業した学校情報も含む)
  • ■ 職歴(雇用者情報も含む)
  • ■ 留学後のキャリアプラン(300文字)
  • ■ 英語試験受験歴(過去2年)
  • ■ 海外渡航歴(過去10年)

※申請者のバックグラウンドによって問われる項目は異なります。上記の項目以外の内容が問われる場合もありますので、予めご了承ください。

Genuine Temporary Entrant

Genuine Temporary Entrantとは、学生ビザの目的にそってビザを申請しているかどうか、申請者のバックグラウンドや動機を確かめるためのエッセーです。
スペースも含む2000文字(単語数ではありません)以内で、以下の点に触れながらオーストラリアで学生ビザを申請する理由を論理的に述べなければいけません。もちろん英語で記入する必要があります。


  • ・ご自身の日本でのバックグラウンド(経歴・学歴・職歴など)
  • ・オーストラリアで何を学び、なぜそれを学びたいか
  • ・なぜオーストラリアで学ばないといけないのか
  • ・その学校を選んだ理由
  • ・オーストラリアへの過去の渡航歴
  • ・学んだことが今後どう活かされていくか
  • ・オーストラリアでの留学生活プラン
  • ・日本に帰国して何がしたいのか
  • ・オーストラリアで学んだことを日本でどう活かすか

内容的にダブるものもありますが、これらの点に触れながら、純粋な学習目的で学生ビザを申請したいことを審査官に納得してもらえる内容で書けると良いかと思います。

学生ビザの制約

学生ビジタの取得により、以下の制約条項が付与されます。

■ 就労は2週間につき40時間まで認められます。

■ 出席率は80%以上キープしておく必要があります。

■ 12カ月以上のコースを受講しない限り、他校へのトランスファーはできません。

■ 延長はできますが、出席率等の義務を満たしてない場合は、延長が認められない場合もあります。

オーストラリア留学ビザ申請サポートについて詳しくはこちら >>

ビザ申請サポートのお申込み

ビザに関する情報は予告なしに変更されることが多々あります。

当ウェブサイトではできるだけ最新の情報を掲載するよう努めていますが、やむを得ない事情により掲載情報が最新でなくなってしまっている場合もありえます。

当ウェブサイトでのビザ情報は参考としてご確認いただき、最新ビザ情報の詳細は必ず各国大使館のウェブサイトをご確認いただくか、直接大使館・領事館などへお問合せ頂きますよう、お願いいたします。

ページの先頭へ