オーストラリアで気を付けたい病気とその対処法

オーストラリアは広く、場所によって気候が大きく違います。その為、流行する感染症も都市によって異なります。オーストラリアへ留学やワーキングホリデーなどで滞在する上で、基本的にどの都市でも考えられる気をつけたい病気についてご説明していきたいと思います。

オーストラリアは基本的に衛生的です。流行する感染症も日本のものと似ている場合がほとんどですが、オーストラリアならではの気をつけたい病気も何点かあります。

日焼けによる皮膚病

軽いもので言えば、日焼けによる火傷のような炎症です。重症の場合は皮膚ガンになります。オーストラリアに住んでいる主に肌の色が白い人種に多い病気です。肌に無数のシミ・そばかす・ほくろが出来ることでまだら模様になることもあります。

オーストラリアは上空のオゾン層が破壊されていると言われています。また、一年を通して過ごしやすい気候の地域が多く、ビーチで日光浴や屋外でバーベキューをする習慣があります。日光にあたる時間が長くなるので、日焼けの炎症が出やすい人は注意しましょう。

対処法は、日光に当たる時間を短くする、日焼け止めを小まめに塗る、サングラスを付けるなど日常生活の中で出来ることを行うしかありません。

オーストラリアで気を付けたい病気とその対処法 | 留学スクエア

ブルーリ腫瘍

近年急激に(主にビクトリア州)で流行している皮膚病です。痛みがなく、虫刺されのような発疹が出来たら要注意です。しこりが出来た後破裂して傷が残ります。細菌が体内に侵入することで起こりますが、今のところはっきりとした感染原因は不明のようです。

傾向として、草木の多いところや川の近くに行った場合などに発症しやすいため、子どもがかかりやすいそうです。虫や動物が原因の可能性がありますので、そう言った場所にはなるべく近づかない・虫除けするなどの対策をしましょう。

万が一発症した場合、抗生剤による治療が効果的です。迷わず病院に行きましょう。

破傷風

傷口から菌が侵入し毒素を大量に出すことで筋肉にしびれや痙攣などが起きる重病です。切り傷が大きくなくても、小さな傷でも感染します。

土の中に原因菌がいますので、オーストラリアでファームジョブをする人は特に気をつけましょう。感染後は3日〜3週間の潜伏期間があります。

発症した場合、顔が動かしずらい、口を開けにくい、体が痛いなどの症状が出た後、全身に痛みや痺れが現れます。

さらに進むと、体を反らすという症状や呼吸困難になり、最悪の場合は死に至る危険もある病気です。破傷風にかかった場合は病院で血清や抗菌剤を投与して治療します。

予防注射があり、基本的にはどこのクリニックでも接種可能なほどポピュラーなものですので、渡豪前に予防接種を受けることをオススメします。

ベッドバグ(南京虫)

シラミの一種で、ベッドに住み着いています。オーストラリアは、ホームステイやシェアハウス、AIR B &B、バックパッカーズなど部屋の貸し借りが盛んで人の出入りが激しいです。

掃除が行き届いていない場合、南京虫が住み着いている可能性があります。南京虫に噛まれると非常に痒く、また痒みをぶり返すことが特徴です。南京虫は1度に1ヶ所ではなく何ヶ所も刺します。

痒みが強すぎて掻いてしまうと、暫く消えない程痕に残りますので出来る限り掻かないように心がけましょう。

刺されてしまった場合、病院にいくと塗り薬を処方してくれます。また、出来るだけ刺されないよう不衛生な場所には泊まらないようにするといった予防が必要です。

万が一バックパッカーズなどで南京虫に刺された場合、持って行った衣服や鞄にも生息している可能性があるので、全て洗うようにしましょう。

具合が悪くなったらクリニックへ!

英語が心配という場合でも、大都市の場合は日本語通訳が付けられる病院があることが多いので安心です。保険加入時にもらうガイドブックに指定の病院が書いてある場合もありますし、記載がない場合はインターネットで検索して探すことも出来ます。

英語でも大丈夫という人はまずは近くのクリニックへ行くようにしましょう。通訳付きの基本的に総合病院などの大きい病院は紹介状がないと入れません。通訳付きの病院も、大きな総合病院でなく近所の小さなクリニックである場合が多いです。

海外では、かかりつけのクリニックがある人が多く重い病気や大きな怪我がない限りはクリニックにかかるのが基本です。

海外旅行保険に入ろう

怪我や病気が心配でなくても、万が一に備えて海外保険に入りましょう。

日本国内に滞在中の場合は、日本の保険会社がオススメです。海外の保険会社や現地の保険会社の場合、キャッシュレス診療が出来ない場合が多いからです。キャッシュレスの場合、保険証とIDだけあればどんな内容でも現金を用意する必要なく治療・診察をしてもらえます。

また、クレジットカード付帯の保険で済ませる人もいますが、クレジット付帯の保険の場合、使用する際にいくつかの条件をクリアしておく必要があり実際には保険が使えなかったということもありますのでオススメ出来ません。

病気や怪我を恐れて何も出来ない留学生活になってしまったらもったいないですよね。保険に加入して、毎日を充実させましょう!

たびほバナー

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報