オーストラリアの電圧~電子機器を使用するには

地球上の位置的に日本とは遠い南半球にオーストラリアはあります。

飛行機の長旅に疲れて、やっとホテルについてスマホの充電がなかったので日本から持ってきた充電器をホテルのコンセントにつなごうとしたら…

おっと、何も知らずにそれはやめておいた方がいいです。

場合によっては電化製品における電圧の違いで思わぬことになってしまう場合があります。

そう考えると電圧は世界共通ではないみたいですね…。

今回はオーストラリアの電圧について考察します。

オーストラリアの基本電圧

オーストラリアで使われている電気の電圧は、基本220~240Vとなっております。

仕事でノートパソコンをオーストラリアに持ち込んで使用する場合、240Vに対応しているものを使用しなければなりません。

それを怠ると、電圧の違いからパソコン自体がショートして使い物にならなくなる可能性があります。

もし不安な方は240Vまで対応している『変換アダプター』を使用・経由してノートパソコンを使うのがいいでしょう。

オーストラリアの電圧~電子機器を使用するには | 留学スクエア

日本や世界との違い

オーストラリアの基本電圧が最大で240Vなのに対し、日本は100~110Vなので差が2倍近くになっています。

ちなみにアメリカも日本と近く、120Vを自国の水準としています。

電圧に差が出るのは不思議ですよね。

でも世界水準が230V前後なので、そう考えればオーストラリアの電圧はその水準の範囲内ということなのです。

なんで日本の場合、こんなにも電圧が低いのかを簡単に説明すると、低電圧であれば誤って感電した際に人体への衝撃がより少なくすむことや、国内の電圧を初めて統一した大正時代において世の中に普及していた電球のほとんどが100ボルト用だったことが大きな理由のようです。

だから変圧アダプターが世界旅行する際には必要なのですね。

オーストラリアのコンセント

日本の電化製品を使用するにあたって…

オーストラリアに日本から持ち込んだ電化製品を使用する場合、上記で少し説明した通り、その電化製品がオーストラリアの基準電圧である240Vに対応している必要があります。

対応していなければ、使わずにおくか変換アダプターを経由して使うかのいずれかになります。

でも日本製のスマートフォン、パソコン、デジカメなどはほとんど240Vまで対応しています。

もし電圧が対応していても使えないことがあれば困るので、その場合はまず変圧器を用意して、次にタイプOの差し込みプラグを用意します。

Oタイプのプラグ

オーストラリア向けのタイプOのプラグは、ネット通販や家電量販店でも購入できます。

エレコム 安全仕様 海外旅行用変換プラグ Oタイプ (オーストラリア/ニュージーランドなど) T-HPAOWH

オーストラリアのプラグタイプO

最後にオーストラリアのコンセントプラグの順番で連結すれば、オーストラリアの電圧で電化製品を使用できるようになるわけです。

不安な方でもここまで徹底すれば安心してほとんどの電化製品が使えます。

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

オーストラリア留学バナー

オーストラリア留学情報

オーストラリア生活情報リンク

オーストラリアの基本情報