留学スクエア

留学TOP >  オーストラリア留学 > オーストラリア留学費用

オーストラリア留学にかかる費用と予算

オーストラリアへ留学するにはどのくらい予算を見積っておけばよいのでしょうか。人気留学先シドニーやブリスベン、そしてメルボルン・ゴールドコースト・ケアンズ・パースなど、代表的な人気の留学先に留学した場合でオーストラリア留学に必要となる費用項目と各費用の概算を一例でご案内します。

オーストラリア留学に必要となる費用項目

オーストラリアへ語学留学する場合のおおまかな概算費用を期間別にご紹介しておきます。留学される都市や期間、そして何よりも為替レートの変動などなど諸要因に応じて異なりますので、一概に以下でご紹介する金額に収まるとは言い切れませんが、大体の目安としてご参考にしてください。

1ヶ月 約35万円 約45万円
3ヶ月 約75万円 約95万円
半年 約160万円 約180万円
1年 約300万円 約330万円

上記概算費用に含めている費用項目は次の通りです。

学費の違いについて

授業料や教材費などの学費は、学校やコース内容によって費用が異なります。オーストラリアではシドニーやブリスベンなどの大都市を中心に多くの語学学校があります。アメリカやイギリスと違って、オーストラリアにはあまり格安校と呼べる激安な学校は多くありません。特徴として大体多少の差はあれ、同じ価格帯にいくつもの学校が多く存在しています。

一般校

オーストラリアでは一般校というカテゴリーに入る学校が多く、世界的にグループ展開しているグループ校や地域に長年根付いた老舗校まで様々ですが、1クラスも12名~15名で人数が抑えられていて、設備もしっかり整っている学校が多いです。学校ごとにカリキュラムの特徴もあったりします。そのため、あまり学校のタイプによる学費の大きな違いは見られず、どちらかと言えばコースやプログラムなどカリキュラムによって特徴が分かれてきます。

大学カレッジ付属

オーストラリアにも、大学やカレッジなどの付属の英語プログラムもあります。アメリカほどの多さではないです。授業料は一般校レベルの学校や一般校より少し授業料がお安くなる学校もあったりします。

コース

オーストラリアでは、授業料の違いは学校のタイプというより、カリキュラムの違いによるところが多いです。そのためオーストラリアの学校では様々なコースやプログラムを提供していますので、どういったコースやプログラムを受講するかによっても授業料が変わってくるケースが多くなります。レッスン時間が少なければ少ないほど授業料もお安くなりますし、レッスン時間が多くなればその分授業料も高くなります。

オーストラリアでは学生ビザを取得する場合、ELICOSコースを申し込まなければなりません。またOSHCという強制保険も学生ビザでは必須になりますので、学生ビザを念頭に置く場合はレッスン数が短くお安いコースを選ぶことができなくなり高くつく傾向にあります。また、ワーキングホリデービザになると受講期間は4ヶ月までと制約が出てきますので、それに合わせて受講期間も決まってきます。


オーストラリアへの留学費用に関してお見積りや学校料金などご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

滞在費の違い

ホームステイやゲストハウスなどの滞在費は、都市により大きく変わってきます。オーストラリアの場合は、ホームステイは多くの場合で朝夕2食付きとなりますので、他の国に見られるように朝食のみや食事なしといった選択肢がないので、ホームステイのオプションで料金を抑えるということもあまりできないことが多いです。その分アパートシェアなどの物件が多数ありますので、気軽にアパートをシェアをして滞在費を抑える傾向が多くみられます。

シドニー

シドニーの滞在費

オーストラリア第一の都市であるシドニーは、オーストラリアでも人気の留学先となっています。アジアからの不動産投資も盛んで、ここ数年で地価も高騰気味になってきています。その為、滞在費も高めに推移しています。ホームステイは朝夕2食付きで、1週間$310(26,040円)前後が相場と言ったところです。

ブリスベン

ブリスベンの滞在費

Oストアリア第3の都市であるブリスベンは、シドニーに次ぐ人気の留学先でもあります。ホームステイは朝夕2食付きで、1週間$280(23,520円)前後が相場です。

ゴールドコースト

ゴールドコーストの滞在費

オーストラリアきってのリゾート地であるゴールドコースト。リゾート地ということもあり、ホームステイは朝夕2食付きで、1週間$270(22,680円)前後が相場です。

ケアンズ

ケアンズの滞在費

ケアンズはオーストラリアの留学先の中でも小さな都市ですが、過ごしやすく日本から近いとあって人気の留学先の一つです。ホームステイは朝夕2食付きで、1週間$270(22,680円)前後が相場です。

メルボルン

メルボルンの滞在費

世界でも住みやすい都市に良く選ばれているメルボルンは、シドニーに次ぐ大都市で、留学先の人気度も年々上昇しています。大都市ですので、滞在費もシドニー並みで、ホームステイは朝夕2食付きで、1週間$310(26,040円)前後が相場です。

パース

パースの滞在費

西オーストラリア州のパースは、海と自然に囲まれた都市です。ホームステイは朝夕2食付きで、1週間$280(23,520円)前後が相場です。

留学費用項目

学校関連

授業料

語学学校や大学などのオーストラリアの教育機関で授業を受講するために必要な費用です。1週間あたりの受講時間の長さと留学期間に比例してお高くなります。

入学金

語学学校などのオーストラリアの教育機関にお申込み時点で1回発生する費用です。キャンセル時などには通常返金されません。

教材費

授業で使用するテキストなどの教材費です。オーストラリアでは、多くの学校で教材費は授業料とは別に請求されます。週単位で加算される場合や、4週間などひとまとまりの期間で加算される場合があります。

送金手数料

授業料や滞在費など学校の費用を学校へ支払う際に銀行に掛かる手数料です。日本の銀行とオーストラリアの銀行とで2つ発生します。オーストラリアの銀行分として通常$25程度が目安となります。クレジットカードの場合には送金手数料は発生しませんが、クレジットカード会社への上乗せ手数料が請求される場合もあります。

OSHC

オーストラリアでは、3ヶ月以上の学生ビザを申請して留学する場合は、OSHCという保険料が必須となります。学校でOSHCに申込することもできますし、学校とは別にOSHCを販売している保険会社で購入することもできます。

※学校から請求されてくる費用や料金には、日本の消費税は不課税となり、別途消費税が課されることはありません。

滞在関連

滞在費(家賃)

留学中オーストラリアでの生活拠点となる滞在先の費用です。ホームステイ・ゲストハウス・寮などのタイプがあります。学校手配や自己手配など手配形態は選ぶことができます。学校手配ですと滞在先の形態が限られる場合もありますが、オーストラリアでは学生寮はあまり多く提供されていません。ホームステイはどの学校でも通常手配可能です。

滞在手配料

語学学校などに滞在先の手配もまとめてお申込みされる場合に、手配側から請求される一回限りの手数料です。キャンセル時には通常返金されません。

敷金

デポジットとも呼ばれる費用です。滞在先によっては、敷金を請求されることもあります。特にアパートを借りる場合は請求される場合がほとんどです。退去時に何もなければ返金されます。

光熱費

ホームステイや寮滞在では発生しませんが、ご自身でアパートを借りる場合になると必ず電気・ガス・水道代も考慮に入れておく必要があります。

空港送迎料

オプションサービスとなりますが、到着されたオーストラリアの指定空港にお迎えが参り、指定の滞在先までお連れするサービスです。

その他

航空券

日本からオーストラリアまでの航空券です。期間が短く、行きと帰りの便も予め決めて帰りの便が変更できないタイプ(Fixチケット)の方がお安くなります。オーストラリアは日本からJetStarといったLCCも就航していますので、他の国よりは渡航費が少しお安くなる場合があります。購入時期等にもよりますが大体往復10万円ぐらいにはなってきます。

海外旅行保険料

留学先で何か起こった時のため必ず加入するようにしてください。通常医療補償と損害補償が含まれています。また滞在先のタイプにより保険料も変わってまいります。

食費

オーストラリアで日々の生活を送るための食事代です。ホームステイなどの滞在先に食事が含まれていれば、オーストラリアで実際に支出する費用はお安くなります。個人個人で異なる費用です。

交通費

オーストラリアの学校まで通学する費用です。詳しくは学校に問い合わせてください。

娯楽費・交際費

オーストラリアで息抜きする機会も必ず出てきます。その時の飲み代や食事代、旅行の費用や映画や美術館などの費用です。個人個人で費用額は異なります。

その他諸費用

インターネット接続費・携帯電話料金・趣味を追求する費用など追加で発生する費用も諸々出てきます。

ビザ申請料

オーストラリア学生ビザ(就学許可)やワーキングホリデービザ(就労許可)申請時にはビザ申請料が発生します。

留学スクエアへ見積り お問い合わせ 082-275-5199 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

オーストラリア留学情報

無料お問い合わせ無料お見積り