留学スクエア

留学TOP > オーストラリア留学 > オーストラリア留学ワーホリ体験談その2(1回目)

【オーストラリア体験談】オーストラリアでの意外な英語学習方法

オーストラリアでの英語学習法

オーストラリアには、たくさんの日本人が住んでいます。日本人のコミュニティーも大きく、確かに英語力がそれほど高くなくても、生活することは可能。でも、英語が話せればその分だけ世界が広がるのも事実です。出来る仕事の数が増えます。外国人の友達も出来ますし、一人でオーストラリア内をラウンドトリップ出来てしまうかもしれません!


ではどのように英語を学べば良いかという疑問が出てきますよね。簡単に英語学習と言っても、方法はたくさんあります。もちろん、IELTSやケンブリッジの検定を受けるとなれば話は別ですが、英会話において座学はそんなに重要ではないと私は思っています。今回は、私が経験した中で、誰でも気軽に現地ではじめられる英語の学習方法についてお伝えしていきたいと思います。

語学学校で外国人の友達を作り英語を使う環境に慣れる

食事しながら英語学習

まずは、自分が英語を話すという、日本では非日常的な環境に慣れることが大事です。「How are you doing?(元気ですか?)」などの簡単な一言でも、急に言われると初めは慌ててしまうものです。英語を話す環境にいることを自覚するだけで、落ち着いて話が出来るようになります。


そのためにもまず、友達を作りましょう。友達は、日本以外ならどこの国の人でも良いと思います。英語が上手な人でもそうでなくても構いません。大切なのは正しい英語が使えるようになることではなく、英語を話す機会を作ることだと私は思っています。ネイティヴの英語はスピードが早過ぎてしまい、とても聞き取りづらいです。特にオーストラリアは訛りが想像以上に強く、私は正確に聞き取れるようになるまで何ヶ月もかかりました。


友達作りは語学学校に入学することが最も手っ取り早く簡単です。勉強が苦手という方もいると思いますが、語学学校は数週間だけ入学することも可能です。語学学校でできる友達は皆母国語が英語ではありませんので、使う単語は簡単です。中学校で習うような単語だけで十分です。日本人は受験等で英単語をたくさん学習し、ボキャブラリーが多いですが、むしろ難しい単語はヨーロピアンやブラジリアンにはあまり通じませんでした。簡単な英語でコミュニケーションさえ取れれば、友達を作る機会はたくさんあります!


オ―ストラリアはその温暖な気候から、バーベキューを良くします。ビーチ沿いや大きめの公園には必ず、誰でも無料で使えるバーベキュー台があるほどです。学校主催のイベントもありますので、自然と友達が作れるでしょう。私は語学学校が運営している寮に入り、イタリア人、フランス人、スイス人の友達が出来ました。毎日顔を合わせるため絶対に英語を話さなければならない環境になりますので、学生寮に入ることもオススメです!

外国人が働いている職場で働く

外国人が働く場で英語学習

ワーキングホリデーの特長として、現地で仕事が出来ることが挙げられます。さらに、職場も、決められたところに行かなければいけないなんていうことはなく、自分で選ぶことが出来るのも魅力の一つです。ですので、せっかくならオーストラリアで「ジャパニーズレストラン」と呼ばれる日本人経営の日本食屋さんなどではなく、外国人が働いている職場で働きましょう!同じ職場に居る日本人の割合が少なければ少ないほど望ましいです。


私はオーストラリアで5つ仕事をしましたが、一番英語が伸びたと感じたのは大きなホテルのハウスキーピングの仕事をした時です。オーストラリアはビーチリゾートが楽しめる観光地ですよね。各都市に有名なビーチがあります。例えばゴールドコーストならサーファーズパラダイス、シドニーならボンダイビーチ。ビーチ沿いにはたくさんのお店やホテルが立ち並んでいます。ホテル関係の仕事も他の国に比べるとかなり多いのではないでしょうか。仕事は日本語の現地情報サイトでも探す事ができます。


私が働いていたホテルでは、ネパール、マレーシア、韓国、台湾などのアジアを主とした日本以外の国籍の人が9割を占めていました。もちろん、上司も同僚も英語しか通じません。友達との気軽な会話とは違い、指示を明確に受け取り、遂行しなければなりません。また同時に、疑問や困ったことはすぐに伝えないと一人ではどうすることも出来ない状況になります。その緊張感が、聞く力と意思を伝える勇気を育ててくれるのです。

考えるより笑顔でいよう

友達作って英語学習

文法や単語をインプットすることも、もちろん重要です。ですが、アウトプットする時は「正しい英語」に囚われる必要はありません。間違いを恐れずに英語を使いましょう!


日本人の特徴として、日本語を頭の中で英語に直してから発言してしまいがちです。日本語と英語はあまりにも遠い言語なので、それは仕方のないことなのです。でも実際のところ、頭の中で(英語で何て言おうかな)と考えているうちに、相手はすでに次のトピックに移っています。会話はリズムが大事です。正しい英語を使うことよりも、簡単な英語の相槌でいいのでコミュニケーションを取り続けることを優先にしましょう。


海外には、たくさんの移民が住んでいます。その中には、文法や発音が間違っていてもネイティヴと難なく英語で会話を楽しんでいる人もたくさんいるんです。皆、文や単語の正しさはおろか、会話の内容よりも、その人とコニュニケーションを取っていること自体を楽しんでいるのだと、私は思います。


日本でも同じです。新しい友達が出来る時って、まず人柄に惹かれて、会話を重ねたくなりますよね?つまり、外国でも日本でも、好かれる人は同じ。笑顔で話しかけやすい人でいることを心がけましょう。恐れずに英語を使えるようになれば、きっとあなたの世界が大きく広がります!

オーストラリア留学バナー

理由バナー

留学スクエア お問い合わせ 082-275-5199 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

オーストラリア留学情報

無料お問い合わせ無料お見積り