語学留学にまつわる質問

英語の訛りを考慮して留学先を選んだ方が良いですか?

イギリスやオーストラリアには訛りがあるから、留学先として選ばないほうが良いですか?という質問を時々いただくことがあります。
答えとしては訛りは気にする必要はありません。英語の方言などの好みがあれば別ですが、訛っているからという観点で留学先を選ぶ必要はありません。
そもそも訛りとは何を基準にして訛っていると考えられるでしょうか。恐らく日本ではアメリカ英語が標準的な英語としてみなされているので、アメリカ以外で話されている英語は訛っていると思われる傾向にあるのかもしれません。ただ、世界的に見ればアメリカの英語もれっきとした独特な英語を話す国です。イギリスやオーストラリアから見れば、しっかりアメリカ英語も訛っています。
日本語でもその土地それぞれで方言があるように英語でも国ごとに方言がありますし、さらにその国の中でも方言があります。どれが訛っているとは一概には言えません。
しかも訛りがあるからと言って、英語学習歴がそこまで長くない場合だと即座にその訛りで話せるようにはなりません。日本人であればやはりジャパニーズイングリッシュの域を超えるのは相当な時間英語に浸るか使っていかないと難しいと思います。逆にその土地の所謂訛りのある英語を使いこなせるようであれば、もう立派に英語を駆使できるスキルをお持ちであると思ってよいと思います。

語学留学に関する質問一覧

>>よくある質問一覧に戻る

留学スクエアバナー
問い合わせバナー