語学学校のクラス

語学留学にまつわる質問

語学学校で行われるレッスンやクラスの雰囲気は?

語学学校のクラスは、グループレッスンが中心です。平均して1クラス10名~14名で授業を行うことが多いです。
1クラスの人数の幅は、学校やプログラムによって異なるので、それぞれの学校の一般英語クラス(フランス語であれば一般フランス語クラス、ドイツ語であれば一般ドイツ語クラス)の1クラス最大人数をチェックしてみましょう。1クラス最大人数が多ければ多いほど、平均的な生徒数も増えますし、少なければ少ないほど平均人数も少なくなります。
例えば、アメリカのコンバースという語学学校だと1クラス最大8名という少人数制で授業をしたりもしていますし、イギリスのフランセスキングスクールでは、通常の一般英語コースとは別に1クラス最大8名の英語プログラムも行われていたりもします。
少人数であればその分先生との距離も短くなり、発言機会も増えてくるメリットがありますが、その分授業料も高くなる傾向にあります。大人数クラスであれば、その逆です。
そして、傾向として初級レベル~中級の下レベルのクラスに日本人生徒が多くなる傾向にもありますので、日本人が比較的多い傾向にある学校で、日本人生徒が少ないクラスを希望される場合は、中級以上のレベルのクラスに入れるようにしていきましょう。
そして、ここ数年の間に30歳以上の限定クラスといった年齢層を限定したクラスを開講している学校も増えてきました。例えば、ECという語学学校では、30歳以上限定のクラスを設定しています。こういった年齢制限を設けているクラスでは、その年齢層に近い生徒だけで授業が行われるので、落ち着いてレッスンが受けられると好評です。

語学留学に関する質問一覧

>>よくある質問一覧に戻る

留学スクエアバナー
問い合わせバナー