フィリピンでの電気状況にいて

フィリピンでの電気状況にいて

フィリピンを含め海外留学で現地で生活するとなると、スマホの充電などで使う電気のことも気になってくると思います。海外では、基本的にコンセントの形状や電圧が日本とは違ってきます。知らずに渡航すると電化製品が使えなかったり壊れてしまったりします。また、このことは留学だけでなく、短期の旅行の際にも当てはまります。それでは、フィリピンの場合はどうなのか、フィリピンの電気事情についてご紹介します。

フィリピンのコンセントの形

フィリピンのコンセントは日本と同じ形でA型と言います。四角い穴が2つあるタイプですね。場所によってはB型やC型のプラグが併設されている場合もありますが、A型のプラグも必ず同時にあるので気にせず使うことが出来ます。

また、フィリピンで電化製品を購入した際に稀にA型以外のコンセントのものもあります。購入した冷蔵庫のコンセントの形が違っていて、丸いタイプだったといこともあります。その場合変換プラグが必要になりますが、フィリピンではホームセンターで安く買うことが出来ます。冷蔵庫を買うような人はかなり長く滞在している人なので説明は必要ないでしょう。

留学や旅行でフィリピンに行く人にとっては変換プラグは気にしなくて大丈夫です。

フィリピンの電圧

これは要注意なのですが、フィリピンの電圧は220ボルトです。日本は100ボルトなので変圧器が必要と説明されているケースが多いと思いますが、半分正解、半分不正解です。

日本の電圧は100Vですが、最近の電化製品のコンセントは100-240Vまで対応しています。確認して頂くと分かりますが、コンセントの指す部分や本体に100-240Vと書かれています。iPhoneの充電器やパソコンなど大体のコンセントは240Vまで使えるようになっているので、そのまま使えます。

ただ、ドライヤーや電気シェーバー、炊飯器など100Vのみ対応のものもあります。セブ島留学中に電気シェーバーを壊された方もおられます。1度コンセントに指しただけでボンッと爆発し二度と使えなくなってしまいます。

また、パソコンなど240Vに対応していても電圧が強いせいか、かなり熱くなってしまいます。特に高価なものは不安なので変圧器を使った方がいいと思います。

変圧器のオススメ

持参される電化製品で変圧器が必要なことが分かっている場合は渡航前に日本で購入されることをオススメします。

家電量販店などで購入出来ますが、かなり重いので荷物が増えるのが嫌な場合はフィリピンでも購入可能です。大型のショッピングモールやホームセンターなどで売っていて価格も日本より少し安いです。長期滞在で必要なものは現地で揃えたいという方はこちらで購入されてはいかがでしょうか。

また、ドライヤーなど安価なものはフィリピンで購入するのもオススメです。フィリピンではより安く購入出来ますし、留学の場合は先に留学していた学生が持っていることもあります。電気シェーバーやヘアアイロンなど普段使用している方も多いと思いますが、フィリピン留学の際はこだわりを捨て現地基準で生活しましょう。

フィリピンの停電について

余程の田舎でない限り、マニラやセブ島などの都市部ではほとんど停電することはありませんが、大雨や台風などの影響で年間2回程度はあります。その場合も日本人が滞在するようなホテルや語学学校の寮には自家発電機があり気にする事はないです。

例えば、パソコンの使用中だったとしても停電して充電がなくなってしまうというようなことはないと思います。部屋にいて突然真っ暗になることも数回発生する可能性もありますが、すぐに自家発電機が作動して10秒もすれば元通りです。

フィリピンの電気に関するまとめ

ご紹介してきたように変換プラグはほとんど不要、変圧器は場合によっては必要です。渡航前に電圧を確認し、大切な電化製品を壊すことのないようご注意ください。電圧以外の違いはフィリピンと日本でほとんどありません。

お得になるフィリピン留学バナー

フィリピン留学情報