セブ島にあるショッピングモールを徹底解説

セブ島にあるショッピングモールを徹底解説

セブ島へフィリピン留学をするとどこかのショッピングモールに行く機会も出てくるかと思います。セブ島にはいくつかショッピングモールやショッピングセンターがありますので、どのショッピングモールに行ってよいか最初は分からないことも出てくるかもしれません。ここではセブ島を代表するショッピングモールをいくつかご紹介しますので、それぞれの特徴を知り行きたいところを探してみてください。どのモールも共通して、日本のイオンのようにスーパーがあり、何軒かショップが入っている、そんなイメージです。

大型のショッピングモール

セブ島には2つの大型のショッピングセンターが存在します。フィリピン留学中に恐らく少なくともどちらかのショッピングモールに出かける機会が出てくると思います。

アヤラモール

セブ市内にある1番大きいショッピングモールで、デパートのような場所です。1日で回りきれないほどの広さで売っていないものは無いと言っても過言ではありません。高級なものが多く、客層はセブ島の富裕層と外国人が多いです。レートが良い両替所もあり、日本人にとって1番有名なモールです。レストランも何軒も入っているので食べる場所にも困らず、ペッパーランチや和民、ラーメン屋など、日本食レストランもいくつかあります。他にもユニクロやH&M、映画館や家電量販店、携帯電話会社、宅配業者など色々なサービスがあるので長期滞在者でもよく行く場所です。

SMモール

アヤラモールの近くにあり、大きさも同じぐらいですがこちらは現地の庶民がよく行く場所です。日本人の留学生、観光客も多く、セブ市内でNo.2くらいのモールです。入っている店もアヤラモールと似たようなもので、映画館やボーリング場などもあります。特にここに入っているKulturaというお土産屋さんは安くていい商品が多くオススメです。短期滞在ならアヤラモールかSMモールのどちらかに行くことが多いです。

セブ市内から車で30分ほど郊外にSMシーサイドというモールもできました。セブ島最大のモールですが、場所が少し不便であまり日本人が行く機会はありません。留学で長くいる方に観光として訪れるのにオススメです。

中型のショッピングモール

上の2つの大型ショッピングモールほどではないですが、規模が少し小さめの中型とも呼べるショッピングモールがセブにはいくつか存在します。

Jセンターモール

セブ市の隣のマンダウエ市にあります。ここはイミグレーションと免許センターが入っているので現地在住の日本人がよく行きます。東横インと繋がっているため、滞在する観光客には便利です。また、屋上にはプールと日本人経営のマッサージ店があります。

パークモール

マンダウエ市のマクタン島寄りにあり、マクタン島からセブ島に行くなら近くて便利です。ここはコピー商品が有名な場所で、情報を知った日本人、韓国人観光客が来ているのをよく見かけます。ロレックスの時計、ルイヴィトンのバッグ、シュプリームのTシャツなど色々なブランドのコピーがあります。

JYモール

語学学校が多いエリアにあるので日本人をよく見ます。留学中は毎週行っている人もいたりします。一幸舎という有名なラーメン屋も入りました。

ロビンソンモール

マンゴーストリートの近くのフェンテオスメニアサークルとフェリーの港の近くにあります。港の方は最近日本食レストランが増えていて一幸舎もできました。ダイソーやトイザらスも入っています。オスメニアサークルの方はサミットサークルホテルと繋がっていてこちらに滞在する方には便利です。

マリーナモール、アイランドセントラルモール

マクタン島にあるモールで、道路を挟んで2軒並んでいます。マクタン島滞在の方はセブ市内までタクシーで30分~1時間以上かかるので時間が無ければこちらがオススメです。

ガイサノモール

庶民向けのモールでセブ島の至る所にあります。スーパーで買い物をする程度ならここで十分なので、滞在先の近くにあれば行ってみてもいいと思います。特にタランバン、コンソラシオン、タリサイというセブ市内から離れた地域にも語学学校があるので、他のモールが遠いという方にはオススメです。日用品がメインなので観光客には向きません。マクタン島にも3軒あります。

Eモール、APM、コロネード、138モール

ほとんど現地の庶民しかいません。ブランドのコピーのTシャツやズボンが200円で買えるような場所です。治安が悪い場所にあり商品の質も悪いですが、激安なので旅慣れた方や長期滞在の方向けでもあります。特に138モールはネットなどでも紹介されているようで行ってみたいと言う日本人がいます。

その他

セブ島には本当に多くのショッピングモールがあり、全ての名前を挙げることはできませんが、他にも小さいモールが何軒かあります。また、現在も発展し続けているところなので新しいモールもできています。有名なITパークにも近々アヤラモールがオープンする計画もあります(2019年現在)。日用品の買い物なら滞在先の近くのモールで済ますのがオススメです。

まとめ

ほとんどの語学学校では、オリエンテーションで初日に近くのショッピングモールに案内されます。セブ島ではスーパーが少なく買い物はショッピングモールに行くことになります。長期であれば滞在中に何度か行くことになるので、滞在先の近くのショッピングモールを調べてみてください。

お得になるフィリピン留学バナー

フィリピン留学情報

フィリピンの基本情報

フィリピン留学/生活お役立ち情報