フィリピン入国時の注意点

フィリピン入国時の注意点

留学や観光などでフィリピンへ来られる場合に備えて、この記事ではフィリピンへ入国する際の注意点について説明していきます。セブ島の空港での入国審査はどうすればいいのか、空港を出たあとの動きは、気をつけるべきことなど、セブの場合を例にしながらセブ島留学経験者の体験談を元にご紹介します。

基本的には留学生向けにご紹介していきますが、観光客にも当てはまる部分も多々あります。異なる点のみ別途観光向けにご紹介します。

入国審査

フィリピンの入国審査は厳しくありません。語学学校からも指示があると思いますが、機内で配られる入国カードに氏名や住所など必要事項を記入し、税関に提出します。機内で貰いそこねた場合も空港に置いてあります。その際滞在目的などを聞かれますが「観光」と言うだけで大丈夫です。フィリピンは事前のビザなどは必要なく、入国する時点で30日間の滞在が許可されます。

ここで注意しなければならないのが、復路のチケットを見せる必要があることです。

これは日本を出国する際にも聞かれるので日本出国時点で持っていない方はいないかと思います。たまに日本の空港で慌てて買わなければいけないことになる方もいるので気をつけましょう。

長期滞在を予定していて帰国日が決まっていない方も出国用チケットは必要です。よく使われる手段としては東南アジアへの安いチケットを購入しておき使わずに捨ててしまいます。いわゆる捨てチケットと言うのですが、これはフィリピン在住者か帰国日が決まっていない方向けです。ただ、留学の場合半年先でも帰国日は決まっている場合がほとんどだと思いますので、忘れないよう事前に準備しておいて下さい。

また、30日以上留学予定の方は税関で少しややこしくなります。語学学校によっては滞在目的を観光と説明するようにと指示されますが、帰国用チケットはかなり先の日付けです。

30日以上滞在する場合ビザの延長が必要になるので、どうするんだという話になってしまいます。

英語が分からなければ大変になるかもしれませんが、今やセブ島は留学生が多く、税関の職員も理解しているため、ここでトラブルになることは無いのですが、スムーズに通れるように「留学目的で来た。ビザは後で延長する。」と英語で言えるようにしておきましょう。

以前はセブ島の空港は時間帯によって非常に混むことで有名でした。特に深夜0時頃日本、韓国、中国から同時刻に何機もの飛行機が到着するため、税関で2時間待つこともしばしば。ですが、2018年7月から空港が新しくなり税関のレーンも増えていて、今は長くても30分待ち程度です。

税関~空港出口

入国審査後、荷物を受け取ったあとの流れになります。

基本的には他の旅行者の流れに合わせて動けば問題ないのですが、空港を出る直前に両替所があります。長期滞在の場合は最低限の1万円だけ両替し、残りはレートのいいショッピングモールで両替しましょう。あらかじめ語学学校からの指示がある場合は両替の必要がないこともあります。留学初日の月曜日の朝にショッピングモールを案内してくれる学校が多いです。

【観光の方向け】

フィリピン在住者、旅行者のブログによっては空港はレートが悪いため必要最低限のみ両替するようにと書いてある場合もありますが、それほど悪いレートではありません。セブ市内で一番レートのいい場所と比べても1万円当たり数百円の差です。高レートの両替所をわざわざ探して向かう手間や時間を考えると、短い滞在期間を無駄にしないよう空港での両替をオススメします。

空港を出たあと

ほとんどの場合、語学学校のスタッフによる送迎があります。空港を出てすぐのところに学校名が書かれたボードを持ったスタッフが大勢立っています。何社もありますがすぐに分かると思います。

【送迎が無い場合】

セブの空港を出て少し歩くとタクシー乗り場があります。最も安い方法は初乗り80円の白いタクシーを使う事ですが、時間帯によって長蛇の列ができていたり、タクシーが来ないこともあります。

時間短縮で行きたい方は初乗り150円の黄色のエアポートタクシーを使いましょう。タクシーの列に向かうまでにレンタカーの押し売りがあるのがセブ島の空港のいやらしいところです。ここで交渉するとタクシーの2倍程度かかります。30分~1時間の距離で1000円程度と日本に比べればかなり安いので、待ち時間を気にする方は使っても良いと思いますが、絶対に最安値で行きたいという方は注意してください。

セブ島のタクシー
セブのタクシー

フィリピン入国時のまとめ

入国時の注意点は大体ご理解いただけたでしょうか。留学で初めてフィリピン、セブ島に来られる方も多いと思います。今は空港が新しく、大きくなり、留学生も観光客も数がどんどん増えています。空港職員も慣れているのでトラブルになるようなことはほとんどないと思います。とはいえ気になることは事前に調べて、少しでも不安を解消してから渡航してください。

お得になるフィリピン留学バナー

フィリピン留学情報

フィリピンの基本情報

フィリピン留学/生活お役立ち情報