アイルランドのワーキングホリデーで、仕事をするとなると気になるのが銀行口座をどう開設していくかだと思います。

銀行口座の開設方法については、国それぞれで異なりますので、アイルランドでの銀行口座開設方法についてご紹介します。

仕事がないと開設できない?!

アイルランドでの主な銀行は、Bank of Ireland(BOI)又はAllied Irish Bank(AIB)がメジャーな銀行で、大半の人がどちらかの銀行口座を持っています。アイルランドでの銀行口座開設は、必要書類さえ揃っていればとても簡単にできますが、その書類を揃えるのが大変です。

基本的に銀行開設に必要な書類は以下の3点です。

  • パスポート
  • 住所証明(自分の使命が記載された公共料金の証明又はRevenueオフィスからのレター)
  • 在職証明(支店により必要の有無が異なります)

結論から言うと、上記の住所証明をするために仕事が必要になります。仕事が必要だというものきちんと国に税金を納めているという証明が必要なわけです。

アイルランドに短期で語学留学をしている場合、銀行口座を開設するのは、なかなか厳しいのが現状です。大学や大学院、語学学校(学校によりけり)にフルタイムで通っている場合は、在学証明書があれば、学生用の口座を開設することができます。

そのため、ここではワーキングホリデー向けに、住所証明をどのようにして取得するかについて、詳しく説明していきます。

PPSナンバー取得について

INTREOオフィス

銀行開設までの簡潔な流れは以下です。

PPSナンバー取得

税務署(Revenue Office)の登録

銀行開設の手続き

PPSナンバーとはアイルランドでの就労時に必要な社会保障番号のことで、Revenue Officeで手続きをする際に必要になるため、結果として銀行開設の手続きに必要な流れになります。

PPSナンバーを登録するには、まずオンラインで事前予約をして、ダブリンであれば、指定日にParnell StreetにあるIntreoというオフィスに必要書類を持っていきます。

必要書類は以下の通りです。

  • パスポート
  • オンライン予約票(プリント済のもの)
  • 在職証明(会社からのレター)
  • 住所証明

ここでの住所証明の方法はいくつかありますが、在職証明に現住所を記載してもらうのが簡単です。または外国人登録の際に届いたレターを持って、Gardaに行き住所証明のスタンプを押してもらうか、住居のオーナーに住所証明のサインをもらいます。

PPSナンバーの登録は、GNIB カード(外国人登録)の登録とは異なり、手続きにそれほど時間はかかりません。手続完了後、営業5日以内に自宅へカードが届き、PPSナンバー取得完了です。

Revenue Officeからのレター

レベニューオフィス

銀行口座開設の際の住所証明として認められている書類は、基本的に自分の名前が記載された公共料金支払い票ですが、シェアハウス等をしていてその家の持ち主でない限り、その証明は不可能なので、次の手段として、Revenue Officeからの税金に関するレターが、住所証明に代わりになります。

Revenue Officeとはいわゆる税務署です。ここで税金に関する手続きを済ませ、その完了手続きのレターが自宅に届けば、それが住所証明の代わりになります。

ここでもまた長時間待つことを覚悟して、時間に余裕を持っていく必要がありますが、事前にRevenueのページでMy Accountを作成し、税務署から仮パスワードのレターを受け取るところまで完了しておく事で(なお、この時点でのレターでは住所証明になりません)、当日Revenue Officeでの滞在時間が短縮でき、手続きがスムーズになります。

必要書類

  • PPSナンバー
  • FORM 12A(会社が用意してくれます)

ようやく口座を開設

Revenue Officeからレターをもらったところで、ついに銀行へ行って口座を開設しますが、口座を開設するにあたって、やはり事前の予約が必要です。この予約も支店によって、予約方法が異なるため、一番確実な方法は、開設したい銀行の支店へ行き、口座開設の予約をしたいと伝えるのが良いです。

予約の混雑具合は、支店によって異なるものの、早めに予約をしておくと後々時間をロスせずに済みます。又その際に必要書類も重ねて確認しておくと、口座開設同日にスムーズに事が進みます。(たまに支店によって言うことが違う事があるためです。)

一般的にワーホリで給料振込みのために口座を開くとなると、AIBであればBasic Account、BOIであれば、Basic Bank Accountで口座を開く事になります。この口座だとデビットカード機能のみで、クレジットカード機能を付与する事ができませんが、日常生活では何の支障もありません。

口座開設当日は、必要書類と携帯番号、メールアドレスが必要になります。大体30分程度で、手続きが完了し、3日後にPINナンバーが届き、5日後にカード本体が届きます。

ダブリンで出会った日本人に銀行開設までの道のりを聞いてみると開設までの経緯は人それぞれでした。やはり銀行の支店や対応してくれる人によって、どのくらいスムーズに開設できるかが左右されるという印象です。ただ事前予約をし、必要書類さえ揃っていれば、ものの30分もせずに手続きが完了します。やはり銀行口座は持っていると便利なので、まずは開設したい銀行の支店に行き、何が必要なのか確認/予約するのが一番早い方です。

アイルランド留学バナー

アイルランドお役立ち情報リンク