留学TOP >  ドイツ留学 > ドイツで病院にかかる方法

ドイツで病院へのかかり方

ドイツの病院トップ

ドイツに行くにあたりおそらく一番大変なのは、もし怪我や病気をした時にどういった対応を取れば良いのか、病院にはどう行けば良いのか、こういった事は出発前に心配になる事の一つだと思います。


ドイツで病院にかかる方法について、簡単に解説しています。ドイツ留学やドイツへの旅行で、病院にかかることがあれば参考にしてみてください。

ドイツの医療制度

ドイツの医療制度や保険制度、支払い方法は日本とは大きく異なるので知っておく必要があります。


一般的にはホームドクター制度といった自宅に近い、日本でいう町医者と同じようなクリニックを決めておき、まずはそこで診察を受けます。


その後、そのホームドクターを通し専門医や大学病院などの大きな病院に紹介してもらうことができます。


ホームドクターの診察を受ける際も電話をして予約を入れてから行った方が良いと思います。直接行っても診てもらえる可能性は十分にありますが、万が一予約が必要だと言われた場合を考えると一度、電話で確認を入れておいた方が無難です。


電話をするのがどうしても不安だ、という方は家から近ければ直接行って確認しても良いかもしれません。

ドイツの救急

また、救急車など緊急の場合、日本では「119」ですが、ドイツでは「112」になります。


しかし、救急車は日本と違い無料ではなく高額な費用がかかりますので注意が必要です。日本では119で救急車を呼ぶことには抵抗が少ないかもしれませんが、ドイツでは救急車を呼ぶ場合はまず、そろばんをはじき、呼ぶ必要がなければ呼ばないか、自分自身または周囲が病院に連れていくべきかというところの判断が求められます。そこでどうしても救急車が必要という判断の場合に、費用を負担して救急車を呼ぶことになります。

ドイツの病院での支払い

ドイツの病院での支払いですが、基本的に病院で支払うことはありません。


日本のように3割負担などではなく、薬代や初診の際に支払う金額以外は基本的に保険で全てがまかなわれます。


薬代と初診料といってもわずか10~20ユーロ程度です。よって一般的には医療費はそのまま保険会社に請求されます。


このように治療費のほとんどが保険でまかなわれますが、その分保険料は少し高いです。それでもドイツの医療レベルの高さや怪我や病気になった時のことを考えると有り難い制度だと思います。


例外を述べておくと、ドイツの歯の治療は負担が大きいため、高額な医療費がかかる場合があるので、ご注意ください。日本に帰る予定があるのなら、日本で歯の治療を受けることをおススメします。

ドイツの向けて保険に加入

ドイツの保険制度へは通常日本の旅行者や留学生が加入することはできません。今まで記載した内容の事を考えると、ドイツに旅行で来られる方も短期間の海外保険に入っておく方が良いと思います。


また、ドイツでワーホリや学生ビザを取得しようとお考えの方は保険への加入が必須になります。保険に加入していないとビザの取得が出来ません。


保険にも様々な種類があり、どの範囲まで保険が適用されるのかは保険会社によって変わって変わるのでそれぞれの保険会社を調べてご検討いただくと良いと思います。ただ、旅行や留学保険ですと、請求書が自宅に届き一度自分で支払ってから保険会社に連絡をし、その後に医療費が戻ってくるという場合もあります。


ドイツ留学バナー

留学スクエア お問い合わせ 082-275-51990 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

ドイツ留学情報

ページの先頭へ