メルボルンで留学生やワーホリの人が就きやすい仕事とその見つけ方

メルボルンへ留学、またはワーキングホリデーで渡航すると、メルボルンで仕事ができるようになります。

では、日本人の学生が留学やワーキングホリデーでメルボルンに行った場合に、どういった仕事につきやすいかといったことはあるのでしょうか。

もちろん英語レベルによって選択肢の幅は広がりますが、中級レベル~初級の上レベルの英語力でメルボルンではどういった仕事に日本人の学生が就きやすいのか、どういった方法でその仕事を探しているかについてご紹介したいと思います。

このページでメルボルンでの仕事の探し方について知識が深まると思いますので、是非参考にしてみて下さい。

メルボルン留学・ワーホリで就きやすい仕事

メルボルンで留学生やワーホリされる方が就きやすい仕事をご紹介します。日本から来られる方は英語力がそこまで高くないケースが多いので、仕事の幅を広げたい場合は英語力をしっかり上げてご希望の仕事を探すことをお勧めします。

1. 日本食レストラン

最も就きやすいといっても過言ではないのが、日本食レストラン(ジャパニーズレストラン)です。

求人サイトでも、比較的募集している回数が多いため、日本食レストランで働くチャンスは豊富にあると考えて良いでしょう。注意としては、日本食レストランでは法外な低賃金で働かせられる可能性があることです。

オーストラリアの最低賃金である19.49ドルよりも下回る時給であった場合、「違法」となります。そのような環境で働くことがないように、契約をするまえに時給をしっかりと確認しましょう。

2. ローカルレストランでの接客や調理

こちらも、求人サイトでの募集回数が多い職種となっています。ローカルレストランでの仕事は、給料も高く、現地の人と一緒に働くことができるため、留学生やワーホリをしている人の間で人気が高いです。

ローカルレストランでは地元の人々が多く訪れるために、十分な英語力とコミュニケーション能力が求められます。そのため、英語力の証明がないと面接を受け入れてくれないお店が多いです。応募をするまえに、英語力を十分に磨くことをおすすめします。

ローカルでの仕事を得るためのコツとしては、トライアル(お試しで働く)をお願いすることです。

無給とはなりますが、働きぶりを気に入ってもらえると、そのまま採用といったこともあります。トライアルでは、マニュアル通りの対応だけではなく、臨機応変な対応を心がけると大いに活躍できるでしょう。

メルボルンで就きやすい仕事

3. ファームジョブ

オーストラリアならではの職種とも言えるのが、ファームジョブと呼ばれる農場の仕事です。

ファームジョブは、頻繁に求人サイトなどで募集を行なっているため、比較的就きやすい仕事であると言えます。

ファームジョブでの主な仕事は、収穫やフルーツなどのピッキング作業。オーストラリアが誇る大自然を存分に味わうことのできる仕事は魅力的ですね。国際比率の良いファームを選ぶことができれば、働きながら英語力をアップさせることも可能です。

しかしこのファームジョブ、単純作業を長時間行ったり、体力を必要とする仕事なため、体を痛めたりするなどの辛い部分もあります。条件が自分に合っているかどうかをしっかりと確認したうえで契約をしましょう。

4. 美容師等を含む専門職

手に職を持っている人や、何か特別なスキルを持っている人は、仕事先での活躍が期待できるため仕事に就きやすい傾向があります。

メルボルンでは、美容師や調理師、バリスタとして活躍している人が数多くいます。メルボルン留学の前やワーホリの前に、日本で何かスキルを身につけることで、メルボルンでも仕事を手に入れやすくなるでしょう。

5. オーペア

ワーキングホリデーで滞在する方に人気なのがオーペアです。オーペアとは、オーストラリアの家庭にホームステイしながら子どもの世話や家事を行う仕事です。

給料は発生しませんが、家事や育児を手伝う引きかえとして、無料で住む場所を与えてもらえる仕組みとなっています。英語力を上げたいという方や、オーストラリアの文化を家庭に入って味わいたいという方に人気です。

メルボルンで留学生やワーホリの人が就きやすい仕事とその見つけ方 | 留学スクエア

メルボルンで働く先を見つける方法

メルボルンで働く先を見つける方法は大きく分けて4つあります。この4つは、日本でのアルバイト探しと全く異なるといったわけではなく、共通点があるので安心してくださいね。

ネットから求人情報を探す

多くのサイトには、オーストラリア全土から集まる求人情報が掲載されています。メルボルンの求人情報を探す際におすすめのサイトを以下に並べます。

知人から紹介してもらう

知り合いに求人を紹介してもらうことで、最短で仕事を得ることができるでしょう。知り合いの友人がレストランの経営者で、ウェイターとして働かせてもらえたというパターンもあるそうです。

このように、知り合いの友人ならば信頼できる・知り合いに頼まれたら仕方ないといったように、働く先を提供してくれる雇用主が多いです。ローカルのお店で働くチャンスに繋がることも期待できます。

お店の常連客になる

お店の常連客となり、顔を覚えてもらったりコミュニケーションを取ることで仕事を得やすくなる可能性があります。

レジュメを配りに行く際にも、「このお店の◯◯に惹かれて...」と説明ができると説得力が高まって、雇用主を動かす可能性もあります。

大学内の貼り紙を頻繁に確認する

大学の伝言板などには、求人情報が掲載されていることが多いです。レストランの調理師からウェイター、ベビーシッターまで数多くの仕事の求人が掲載されています。

一般に求人情報は、電話番号とともに掲載されているので、気になった方は連絡を取り合って契約を進めていきます。

ルボルンで就きやすい仕事のカフェ

最後に

留学やワーキングホリデーでメルボルンに滞在している人が就きやすい仕事と見つけ方についてご紹介しました。

留学生は、勉強を第一に優先させることを忘れないようにしましょう。勉強とアルバイトを両立できるかどうかをしっかりと考えたあとで、仕事探しを進めることをおすすめします。

ワーホリの方は、自分が持っている目標と仕事先の理念や労働環境、給料がマッチしているかどうかを考えてから契約を進めることで、理想のワーホリ生活を送ることができるでしょう。

メルボルンで仕事を得るには、英語でのコミュニケーション能力が鍵となります。日々の勉強や語学学校などで英語力を磨いて、理想の仕事を手に入れましょう。

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

オーストラリア留学バナー

メルボルン関連情報