1ヶ月間のトロント留学にかかる費用はいくら?費用を抑える方法まで紹介

1ヶ月間のトロント留学にかかる費用はいくら?費用を抑える方法まで紹介

世界各国から移民が集まり、多様な文化を形成するカナダ。

カナダの中でも特に人口の多いトロントは日本人の留学先としても非常に人気の高い都市です。

しかし、いざトロントに留学するとなるとその留学費用が気になるものです。

結論からいえば、1ヶ月間のトロント留学には約36〜55万円の費用がかかります。

では具体的に留学のどんな部分にいくらかかるのか。

1ヶ月間のトロント留学にかかる費用とその詳細、また留学費用を抑えるポイントについて解説していきます。

1ヶ月のトロント留学にかかる費用

トロント留学で1ヶ月の間にかかる費用には以下のものがあります。

  • 語学学校の学費:12〜20万円
  • 滞在費:12〜15万円
  • 生活費:3万円
  • 航空券:8〜15万円
  • 観光ビザ:0円
  • 海外旅行保険:1〜2万円

など

これらを合計すると、1ヶ月間でおおよそ36〜55万円かかると予想されます。

ただし、航空券や滞在費などはシーズンによっても異なり、冬から春にかけてのローシーズンならそれぞれの費用が安くなります。

さらに、語学学校によっても授業料に差があるので、留学の仕方次第で全体的費用を安く抑えることが可能です。

それぞれの具体的な費用について、以下で解説していきます。

 

トロント留学の1ヶ月の学費

トロント留学の1ヶ月にかかる学費は以下のとおりです。

  • 授業料:8〜15万円
  • 入学費:1〜3万円
  • 教材費:1万円
  • 空港送迎:2万円

基本的にトロントの語学学校の授業料は、日本の私立大学1ヶ月分より高いです。

とはいえ、授業料および入学費は語学学校によっても異なります。

ほかにも授業体制や取り入れているアクティビティ、そして力を入れているポイントにも差があるので、必ず複数の語学学校を比較しましょう。

また、空港送迎を利用すれば行きと帰りで合わせて2万円ほどかかります。

空港に到着して自力でホームステイ先へ移動するのも可能ですが、荷物の量や見知らぬ土地での移動を考えると利用する価値は大きいです。

1ヶ月間のトロント滞在費

1ヶ月間のトロント滞在および生活にかかる費用には主に以下のものがあります。

  • 住居費:12〜15万円
  • 食費:3万円
  • 娯楽費:2万円
  • 交通費:1万円

トロント滞在中の居住形態は「ルームシェア」か「ホームステイ」の2つが一般的です。

中でも1ヶ月の場合はホームステイをオススメします。

費用だけでいえばルームシェアの方がホームステイよりも安価です。

しかし、たとえば初めてのトロント留学で下見をせずにルームシェアする部屋を決めてしまうと、ルームメイトとのトラブルや部屋の住みごごちが悪いなど、宿選びに失敗する可能性があります。

もちろんホームステイにおいてもホストファミリーとのミスマッチが考えられますが、基本的に自身でルームシェアの部屋を決めるよりも、学校や留学エージェントに登録してあるホームステイを選ぶ方が無難です。

また、多くのホームステイ先では朝と夜の2食が付いているので、食費を抑える方法としても有効です。

 

トロントのアクティビティとその費用

トロントに1ヶ月滞在するのなら、その間に現地のアクティビティを味わうのもオススメです。

トロントで人気のアクティビティとその費用は以下のとおりです。

トロント・バイシクルツアー:1.2万円

トロントの名所を自転車で巡るツアー。現地の自然に触れながらトロントに関する深い知識も得られるので、トロントの広大な自然を楽しみたい人にオススメ。

ビップ・オンタリオツアー:1万円

ナイアガラの滝を眺めるアクティビティ。世界三大瀑布とされるナイアガラを最高のロケーションで観光したい人にオススメ。

CNタワー・エッジウォーク:2万円

CNタワーに登って地上356mから金網の上を歩くアクティビティ。CNタワーはトロントに建造されている通信と観光を目的とした塔のことです。

トロント動物園:2,000円

287ヘクタール(2.87平方キロメートル)もの広大な土地を有すトロント動物園の観光。すべてのエリアを回るのには1日かかります。現地の動物を見ながら自然を味わいたい人にはオススメ。安価なのも利点の一つです。

トロント・PWC:1.7万円

ジェットスキーに乗って水上を走るマリンアクティビティ。五大湖の一つであるオンタリオ湖を爽快に駆け巡ります。

このように、トロントには日本であ味わえないさまざまなアクティビティを楽しめます。

トロント留学をするならぜひ検討しましょう。

トロントへの渡航にかかる費用

トロント渡航には以下の費用がかかります。

  • 航空券(往復):8〜15万円
  • 海外旅行保険:1万円
  • 観光ビザ:0円

航空券は冬から春にかけてのローシーズンなら比較的安価なので、費用を抑えて留学したい方はローシーズンを狙いましょう。

また、海外で病院へ行くと莫大な費用を請求されるため、トロントへ行くなら海外旅行保険の加入をオススメします。

保険業者によって費用は異なりますが、1ヶ月でおおよそ1万円前後なのでいざという時に非常に心強いです。

ここ数年で海外旅行保険もネット保険が登場しています。ネットの保険だと保険料もお安くなったりもしますの費用を抑える手段として検討してみましょう。

たびほバナー

なお、日本人がカナダ渡航する際、滞在期間が半年未満ならビザを申請する必要がないので、ビザにかかる手数料は0円です。

ただし、ビザの有無に関わらずカナダへの入国の際には「eTA」と呼ばれる、認証システムの申請が必要で、その申請手数料に540円程度かかる点に注意しましょう。

1ヶ月間のトロント留学で費用を抑えるコツ

留学費用を抑えるポイントは以下の5点です。

  • 海外旅行保険はクレジットカード付帯を利用する
  • 郊外に住んで居住費を抑える
  • なるべく自炊して滞在費を抑える
  • 授業数の少ないコースを選ぶ
  • 航空券は経由便を買う

多くのクレジットカードには、特典として海外旅行保険が付帯しています。

現地でクレジットカードを一度でも利用していれば、保険が適用され、事故や事件などのトラブルに巻き込まれても安心です。

年会費無料のクレジットカードにも海外旅行保険が付帯しているものが多くあります。

補償内容をチェックし、ご希望の内容と合致すればクレジットカード付帯の保険を利用することで海外保険料を抑えることもできます。

さらに、トロントは日本よりも物価が高く、都心部は家賃も高いため、郊外のホームステイに滞在したり、自炊や朝食だけにするなどして滞在費を抑えるのも手段の一つです。

また、航空券は直行便よりも経由便が安く抑えられるため、到着までの時間はかかりますが、費用を抑えるなら航空券の買い方にも工夫しましょう。

航空券を購入する時の注意点

航空券にかかる費用を抑えるのなら、できる限り早めにローシーズンおよび経由便の航空券を購入するといいです。

ただし航空券を購入するのは、入学許可証など語学学校から入学を認めるものが発給されてからにしましょう。

場合によっては学校の定員がいっぱいで、留学期間を変更する必要性が出てくる可能性があります。

仮に航空券を購入した後にスケジュールを変更するとなると、航空券をキャンセルして買い直ししなければいけません。

航空券はキャンセル料が発生するため、全額が返金されることは難しいため、費用を抑えようとしたのに結果的に余計な費用がかかることが考えられます。

そのため、航空券は確実に留学のスケジュールが決まってから購入しましょう

また、経由便で仮にアメリカを経由する場合、アメリカの入国に際して「ESTA」が必要になる点にも注意が必要です。

まとめ

1ヶ月間のトロント留学にかかる費用はおおよそ36〜55万円です。

具体的な内訳は以下のとおりです。

  • 語学学校の学費:12〜20万円
  • 滞在費:12〜15万円
  • 生活費:3万円
  • 航空券:8〜15万円
  • 観光ビザ:0円
  • 海外旅行保険:1〜2万円

など

ただし、留学費用は現地での過ごし方や語学学校の選び方、また留学する時期によっても大きく変動します。

きちんと計画を立てて費用を抑えるよう工夫すれば、費用を大幅に抑えての留学も可能です。

カナダ留学バナー

トロント留学情報