トロントへ半年(6ヵ月)留学する場合の費用感

トロントへ半年(6ヵ月)留学する場合の費用感 | 留学スクエア

カナダの最大都市トロント。街が大きく発展しているので語学学校や仕事の種類も多く、留学した場合も生活に困る心配がありません。また、多様な民族・文化の方々が生活しているので差別が少なく、治安も比較的良好であることから、留学生でも滞在しやすいと人気の高い都市でもあります。

トロントへの留学を検討中の方も多いと思いますので、トロントに半年間留学した場合にかかる費用についてご紹介いたします。語学学校の費用目安や節約方法も併せて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

トロントに半年留学する場合にかかる費用

トロントに半年間留学する場合、120~250万円程度の費用がかかります。ここでは、費用を各項目に分けて詳しく解説します。

学費

トロントの語学学校に半年間通う場合の費用は、35~80万円程度です。学校によって学費は大きく異なりますので、しっかりと比較しましょう。

ただし、「学費が安いから」という理由だけで選ぶのは望ましくありません。「少人数制でしっかりと授業に参加できる」「日本人の割合が少ない」「アクティビティが多く友達を作りやすい」など学校ごとに特色が異なります。

納得のいく留学をするためには、学費だけでなくさまざまな条件を比較し、自身の希望に合った学校を選ぶことが大切です。

居住費

トロントの滞在費用は半年間で40~90万円程度です。滞在する地域や、滞在方法によって金額が異なります。

学生寮40~90万円程度
シェアハウス40~90万円程度
ホームステイ50~90万円程度

ホームステイは他の滞在方法に比べて若干金額が高くなります。ただ、1日1~2食付きで、セキュリティも比較的良好なので、初めて留学する際はホームステイを利用する方が多くなっています。

滞在費

現地で滞在する際にかかる費用は、半年間で50~70万円程度です。食費や日用品の購入費用、交際費、交通費などを含みます。

外食が増えると滞在費は膨らむ傾向があるため、外食は計画的に行いましょう。トロント(カナダ)では外食時にチップを支払う文化があり、実際の食事にかかる費用にプラスして、10~15%程度支出が増えます。

渡航費

トロントへの渡航費は8~15万円程度です。観光客の利用が少ない時期に利用すれば、費用を抑えられる可能性があります。

日本からトロントへ直行便で行けるのは羽田空港のみです。そのため、他の空港を利用する場合は、東京で乗り継ぐか、アメリカ経由で入国することになります。地方に住んでいて東京で経由する場合は、その分の費用も別途用意しておきましょう。

その他の費用

主要な出費以外にも、細かい出費が発生することがあります。トロント留学に際して必要となる費用の一例は以下の通りです。

アクティビティ代5万円程度
教材費1万円程度
入学金1~3万円程度
空港送迎費用2万円程度
学生ビザ取得費用2万円程度
海外旅行保険10万円程度

特に海外旅行保険は高額になりやすい費用です。語学学校によっては現地で加入できる保険でもOKとしている場合もありますが、入国時に海外旅行保険の保険証提示を求められることもあるので、できるだけ日本の保険会社の海外旅行保険に加入しておくと安心です。

保険に加入しておくと、いざというときのお金を心配しなくて良いので、思い切り留学生活を楽しめるでしょう。また、現地の指定病院であればキャッシュレスで通院できるものもあり、便利です。

たびほバナー

トロントの語学学校(半年間)の費用目安

トロントの語学学校に通う場合の費用目安をご紹介します。さまざまなタイプの語学学校をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

学校名学費(半年(6ヵ月)=24週)※カナダドル特徴
イングリッシュスクールオブカナダ$8630~$10370
(約906,150円~約1,088,850円)
現地大学への進学向け
キャンパシフィックカレッジ$6840~$9120
(約718,200円~約957,600円)
少人数制を採用
SGICトロント$6600~$9000
(約693,000円~約945,000円)
日本人の割合が少なめ
Tamwood$8400~$10800
(約882,000円~約1,134,000円)
インターンシップやキャリアカレッジあり
UMCトロント$6936~$9192
(約728,280円~約965,160円)
厳しい英語オンリーポリシー

なお、語学学校費用は24週間で算出しています。受講時間や受講数が異なる場合は、上記の金額に当てはまらない可能性がありますのでご確認ください。

トロントの留学費用を抑えるポイント

留学費用は大きな金額が必要になります。そのため、「できるだけ費用を抑えたい」と思う方は多いでしょう。トロントの留学費用を抑えるためのポイントを3つご紹介します。

キャンペーンを利用する

語学学校の中には、時期によって「授業料割引キャンペーン」を行っていることがあります。授業料が5~30%程度安くなるケースもあるので、お得に留学したい方には嬉しい制度です。

また、学校によっては「入学金がなしになる」「就業期間が長いコースのみ割引する」といった場合もあります。自身の希望に合うものがあれば適用しましょう。

渡航時期を秋~冬にする

航空券の費用を節約するのも方法のひとつです。トロントへの航空券は、秋~冬のシーズンに値下がりする傾向があります。少しでも出費を減らしたいのであれば、渡航時期を秋~冬に設定しましょう。

ただし、トロントの冬は非常に寒く厳しいです。年によってはシーズン期間中、常に雪が降っているようなこともあります。「カナダらしい冬を体験できる」というメリットがある反面、「思うように外出できない」「トロントのアクティビティができなかった」といったように留学生活に後悔が残る可能性もあります。

半年の留学ではトロントに滞在できる期間が限られているので、経済状況と留学の目的を比較しながら適切な時期を見極めましょう。

シェアハウスに滞在する

現地での生活に慣れるまではホームステイや学生寮を使用し、土地勘が掴めてきたらシェアハウスに移動することで滞在費用を抑えられます。

トロントのシェアハウスは1人部屋であるケースがほとんどです。プライベートも確保でき、生活に不便はありません。

ただし、ダウンタウン近郊の立地条件が良い場所はシェアハウスであっても家賃が高いため、費用を抑えたい場合は中心部から少し離れた郊外を選びましょう。トロントは地下鉄やバス、ストリートカーなど交通網が発達しているため、多少ダウンタウンから離れても快適に生活できます。

まとめ

トロントの半年間の留学には、120~250万円程度の費用がかかります。留学費用は語学学校や滞在方法、滞在場所、現地での過ごし方で大きく異なります。

少しでも留学費用を抑えたい場合は、節約を心がけましょう。

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

カナダ留学バナー



トロント留学情報