トロントの治安状況、危険なエリアや危ない地区はどこ?

2017年度、世界で最も安全な都市第4位にも選ばれたトロント。銃の携帯が認められていないこともあり、世界の中でもカナダは安全なイメージが大きいかもしれません。

トロントの危険なエリア

トロントの中でも危険といわれているエリアをご紹介します。トロントではジェーンフィンチ・ケンジントンマーケット辺りには注意しておくようにしてください。

トロントの治安状況、危険なエリアや危ない地区はどこ? | 留学スクエア

ジェーンフィンチ

でも実際はトロントにも危険エリアはあり、地元の人でも用事がない限り近づかないという場所や、昼は大丈夫だけど夜は行かない方が良い、というエリアが存在します。

例えばトロントの北西に位置するジェーンストリートとフィンチストリートが交差する一角。通称ジェーンフィンチと言われていて、ダウンズビュー駅やフィンチウェスト駅からバスで行けるのですが、降り立った瞬間から、何か不審な空気が流れています。

古い高層アパートが並び、ガラスを全て割られたバス停があったり、道端にはゴミが沢山落ちていたり、トロントのダウンタウンとは全く違う雰囲気が漂っています。この辺りにはギャングが多く住んでいると言われていて、銃撃事件が起こることも。マリファナの匂いがすることは日常茶飯事です。

このエリアの近くにある大学の最寄りのバス停ではレイプ事件も発生していますので、特に女性の方は夕方以降は絶対に一人で歩かないように気を付けてください。昼間は一見平和そうに見えるかもしれませんが、よほどの用事がない限り立ち寄らないことをおススメします。

ジェーンフィンチの南側

また、ジェーンフィンチの交差点から南に下って行くとぶつかるジェーンストリートとウィルソンストリートの交差点も治安が良いとは言えません。

ナイフや銃による事件、誘拐や薬物絡みの事件も多く発生していますので、家を選ぶときや散策をするときはトロントの北西よりも、北東の閑静なエリアをおススメします。

ジェーンフィンチ

ケンジントンマーケット

そして盲点になりがちなのが、ガイドブックになどにも載っている「ケンジントンマーケット」です。

ここはトロントのダウンタウンですし、有名な観光地なので一見安全に見えます。確かに昼間は多くの観光客や地元の人で賑わうのですが、夜はガラッと雰囲気が変わります。夜になると、麻薬の売人、麻薬を使用している人、酔っ払っている人などが多くなり、喧嘩や銃による事件も耳にすることがあります。

その証拠に朝早くケンジントンマーケットへ行くと、街がとっても荒れていて、ゴミや瓶などが散らかっています。また少し裏に入ると道が細い上に人が少なく、事件に巻き込まれやすくなるので、夜のケンジントンマーケットもぜひ、注意してください。

トロントでの安全な過ごし方

基本的には日本と同じようなことかもしれませんが、トロントも夜遅く一人で歩くのは危険です。留学生は電車やバスで移動することになると思いますが、バス停や駅からステイ先が遠い場合は歩くことも多くなるかと思います。

学校や友達と遊んでいて、つい夜遅くなってしまうこともあるかもしれませんが、トロントの犯罪の多くは夜や明け方など暗い時間に比較的多く起こっています。夜遅くに一人で歩いていると、日本で言うカツアゲにあったり、性犯罪に巻き込まれる可能性もあるので、細心の注意が必要です。

実際、一人で夜ダウンタウンを歩いていた友人はカツアゲに遭いケガまでしていましたし、郊外を一人で夜遅く歩いていた友人はひったくりに遭ってケガをしていました。また、日本ではチャックの無いカバンを持っている人も多いのですが、トロントではぜひチャックがあるカバンやしっかりと閉まるカバンを持つことをおススメします。

TTC(トロントの公共交通機関)は電車もバスもストリートカーも混みあうことが多いので、スリに遭わないように日本以上に気をつける必要があるかもしれません。

あとはやはり、自分の意志をはっきり伝えられる程度の英語力や勇気も安全に過ごすカギかもしれません。

トロント地下鉄

トロントで実際に多い犯罪

トロントに住んでいて、身近な友人や自身が巻き込まれた犯罪は、スリ、カツアゲ、自転車盗難、車上荒らしなどでした。

スリはバスの中が多く、携帯電話や定期、財布などが盗まれやすいようです。

車上荒らしは日常茶飯事で、車の中にカーナビを置いていたら、車の窓ガラスを割られ見事に盗まれました。

またトロントで自転車を駐輪する時は盗まれるものと思え、と言われるほど自転車盗難は日常茶飯事です。私はアパートの木の塀に鎖のカギで自転車を駐輪していましたが、木の塀ごと自転車を盗まれたことがありました。参考までに、トロントでは盗難防止のため自転車は部屋に持って入る人が多いようです。

トロントでの過ごし方

また、銃規制のあるカナダですが、意外と銃の事件が発生しています。それは先ほど書いた危険エリアだけでなく、ダウンタウンのショッピングモールでも起こっています。ギャングの喧嘩で起こる銃の事件が多いのですが、よく一般市民が巻き込まれていますので、口論している場面や危険な雰囲気を察したらすぐにその場を去るのがいいかもしれません。

どこでどんな犯罪が起こったのかを詳しく書いている、クライムマップ(crime map)という物もあり、トロントの地図と、犯罪の種類や発生率も詳しく載っていますので、防犯のために時々チェックしてみるのもおススメです。

安全に留学生活を送れるように、危険な場所や時間をしっかり念頭に置いて、楽しいトロントライフを送ってください。


留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

カナダ留学バナー

カナダお役立ち情報

トロント情報

バンクーバー情報

モントリオール情報

カナダ基本情報