カナダの冬の気候と寒さ

カナダの冬

カナダへ留学を考えるにあたり、特にアルバータ州から東側のエリアにおいて、これらのエリアで冬は、多くの方が想像されているように厳しい冬が待っています。カナダのほとんどの地域が北海道の最北端より北に位置します。しかし、東西にも幅広いカナダは、地域によって冬の気候が大きく違います。

カナダ西海岸エリアの気候

日本と太平洋を挟み反対側に位置する都市バンクーバーは、カナダの中では比較的温暖です。

気温や冬の期間も日本と似ている部分があります。氷点下になることもあまりありません。

しかし、日本と違うところは、冬に入ると同時に高湿度な雨季もやって来るということです。その為、どんよりと曇りの日が多いのも特徴で、少し気分もダウンな気持ちになることもあるでしょう。

カナダ内陸地エリアの気候

一方で、内陸地に入るとバンクーバーとは全く違った冬が待っています。

ロッキーマウンテンで有名のアルバータ州では、これからも長くて厳しい冬が続きます。

10月または11月には初雪が降ります。

冬本場の12月から3月の間は、気温はだいたい-20℃から-10℃辺りを行ったり来たりします。

-30℃近くや0℃以上になることもあり、一定ではない外の気温のせいで、服装に困ることもあるかもしれません。

3月を越すと、少しずつ春を感じさせながらも、ほぼ毎年4月または5月中に一度大雪が降ります。

そのダメ押しの雪を最後に、やっと春本場になるのです。

カナダで感じる実際の寒さ

さて、気温−15℃以下に風速を加えるため、体感温度が−20℃以下になることがが多い内陸地の都市ですが、そんな中で私たちが屋外へ出るとどの様に感じるのでしょう?

まず数分で、指先足先と耳が冷えて痛みを感じ始めます。

同時に鼻の中やまつげも凍っていくのが分かるでしょう。

また、冷たい空気を吸おうとすると咳き込むこともあります。

そんな惨めな思いをせず冬を乗り切るには、きちんとした防寒が必要です。

ニット帽、耳あて、ミトン、マフラーを使い、肌をできるだけ露出しないようにすることが大切です。

ご参考四季別のトロントでの過ごし方について(冬の過ごし方をご参考にしてください)

カナダの寒さをしのぐ工夫

しかし、やはり寒さに慣れているカナダは、少しでも住民の生活に支障をきたさないよう、街には色んな工夫をしています。

例えば、ダウンタウンや大学キャンパスなど、人々が徒歩で移動するエリアには、ペドウェイと呼ばれる地下道や高架の歩行者通路が多くあります。

そのおかげて、屋外に出ずに移動することができます。

また、多くの都市で、住居のセントラルヒーティングシステムが普及しており、家の中隅々まで常に暖かくしてあります。

その為、日本で経験するような、帰宅後急いでストーブを点けて、という事はあまりありません。

やはり何度もの厳しい冬を乗り越えてきたカナダですので、様々な対策が成されているんですね。

カナダ留学バナー

理由留学バナー

カナダ留学情報

カナダお役立ち情報

カナダ基本情報

問い合わせバナー