カナダの医療保険-加入条件と補償

カナダで留学中などで風邪や花粉症の症状を経験された場合、市販や日本から持参した薬では治すことができずに、カナダ国内の医療サービスを必要とする場合が出てきます。

カナダ国内の公的健康保険は、日本の国民保険と違い、各州がそれぞれ管理しています。つまり、加入できる条件も州によって大きく異なるということです。

ここでは日本人の多くが留学先として選ぶ、ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、そしてオンタリオ州の加入条件や、補償内容を見てみましょう。

ブリティッシュコロンビア州の加入条件

まず、ブリティッシュコロンビア(BC)州では、

  • Study Permit又はWork Permit保持者であり
  • BC州内に最低6ヶ月以上居住する予定がある者

が州のMedical Service Plan(MSP)に加入できます。

申請してから実際に保険を使用できるまで、2−3ヶ月のWaiting Periodがありますので、注意してください。

このWaiting Periodが過ぎると、日本の保険証のようなカードが郵送されてきます。

それまでの期間中は、念のためにクレジットカードの付帯補償や、民間の保険を利用するなどのバックアッププランを考えておきましょう。

BC州のMSPには毎月の基本保険料があります。保険料は、世帯の人数と所得によって決まります。

カナダの医療保険-加入条件と補償 | 留学スクエア

アルバータ州の加入条件

次に、アルバータ(AB)州。

Alberta Health Care Insurance Plan(AHCIP)には月々の基本保険料がありませんので、実質無料で医療サービスを受けることができます。

こちらもBC州と似たように

  • 最低6ヶ月の有効期限があるStudy Permit又はWork Permit保持者であり
  • AB州内に最低12ヶ月以上居住する予定がある者

が加入できます。

こちらのプランは、申請に1週間程度かかります。

こちらも、その後カードが送られてきますので、クリニック等に行く際はそのカードを忘れずに持って行きましょう。

申請に必要な書類は、パスポート、Study/Work Permit、そしてAB州居住証明(自宅に届く請求書などの住所証明)です。

オンタリオ州の加入条件

最後にオンタリオ(ON)州です。

ON州には公的健康保険のOntario Health Insurance Plan(OHIP)がありますが、他州に比べ、加入条件が厳しくなっています。

こちらのOHIPプランは、主に市民権、永住権、又は永住申請者を対象にしており、ワーキングホリデーや留学生は加入できません。

Study Permitを保持している留学生であれば、州内の多くの公立大学が指定するUniversity Health Insurance Planという大学生向けの保険に加入することが義務付けられています(基本保険料あり)。

私立大学でも、また、ワーキングホリデーでの滞在ですと、Work Permitを保持していても州のOHIPには加入できませんので、民間保険会社を利用しましょう。

補償内容

そして、補償内容ですが、細かな部分が異なっても、基本的な部分は一緒です。

主に、医療上必要なサービス(救急やウォークインクリニックでの診療や治療)は補償されますが、それ以外の、歯科、眼科、そして処方箋代は含まれません。

日本の保険と比べると、補償されているサービスが大変少なく感じますが、基本保険料が無料、または低額なカナダでは、しかたない、とされています。

一番良いのは、滞在中は安全に過ごし、風邪をひかないように注意することかと思います。

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

カナダ留学バナー

カナダお役立ち情報

トロント情報

バンクーバー情報

モントリオール情報

カナダ基本情報