カナダにおけるお金の管理支払方法

現金社会の日本とは真逆で、カード社会のカナダ。

ほとんどの人が、デビットカードやクレジットカードを普段使いとして持ち歩き、財布には現金20ドルも入っていないことも日常茶飯事です。

ここでは、カナダに留学に来る場合、どのようにお金の管理をすればいいのか見てみましょう。

短期留学の場合

短期留学の場合は、滞在期間が短く、就学ビザを持っていない場合が多いため、銀行口座を開くことは特に必要ではないでしょう。

その場合は、主に現金を持ち歩くか、日本からのクレジットカードを使うことになるかと思います。

現金を持ち歩く際には、不要なトラブルを避けるため、財布には必要な金額だけを入れましょう。

カナダで現金を使用する時の注意点ですが、お釣りをもらう場合に、お釣りが合っていないこともあるので確認しましょう。

カナダにおけるお金の管理支払方法 | 留学スクエア

カナダで使えるクレジットカード

カナダで使える主なクレジットカード会社も、主に、ビザ、マスターカード、アメリカンエキスプレスの3社に限られていますので、日本から持参する場合には考えて準備しましょう。

たまにJCBしか持っていない方もおられますので、クレジットカードを準備される場合は、必ずこの3つのカードブランドのうち一つは用意しておくようにしてください。

クレジットカードの使用の際には、日本のように支払い方法を聞かれることはありませんので、その点も覚えておきましょう。

カナダで銀行口座開設

さて、こちらで銀行口座を開く場合についてお話します。

日本では、主に全国展開している銀行と、地方銀行に分かれますが、カナダでは、ビッグ5と言って、カナダ全域で大きく展開している銀行が5社あり、それらを利用することが主流です。

  • RBC (Royal Bank of Canada)
  • TD Canada Trust
  • Scotiabank
  • Bank of Montreal
  • CIBC (Canadian Imperial Bank of Commerce)

どの銀行も、手数料がなし、または最小限であったりと、学生が利用しやすい口座が存在します。

口座を開く際には、基本パスポート、就学ビザ、学生向け口座には大学等のID、などの書類が必要になります。

カナダの銀行口座の種類

カナダで口座を開くと、ほとんどの場合、Chequing AccountとSavings Accountといって、二種類の口座を開くことをすすめられるでしょう。

Chequing Accountを開くと、銀行からデビットカードを渡されます。カナダでは、現金を使う人は多くはなく、5ドル以下のものにもデビットカードで支払いすることもあります。

Chequing Accountとは、お金を出し入れしたり、このデビットカードを使う際のお金が引かれたり、毎日使いの口座です。

それに対してSavings Accountは、普段は使わないお金を置いておき、利子がついてくる貯蓄用口座です。

回数のリミットや手数料がかかるため、このSavings Accountからお金を引き出したりすることはあまりしないものと考えたほうが良いでしょう。

Chequing Accountを利用の場合も、月々にデビットカードを使う回数や、口座に一定の金額を置いておくことが条件だったりと、様々な利用条件がありますので、しっかり口座の種類を確認しておきましょう。

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

カナダ留学バナー

カナダお役立ち情報

トロント情報

バンクーバー情報

モントリオール情報

カナダ基本情報