カナダ留学で失敗しないために

カナダ留学で失敗しないために

カナダは日本から遠く離れています。そのため、カナダへの留学に失敗したと思ってしまうと留学を楽しめずに帰国してしまうこと事態になりかねず、さらに留学のための莫大な費用が無駄になってしまいます。カナダへの留学が失敗しないために知っておくべきことや用心しておくべきことなどを解説していきますので参考にしてみてください。

留学の目的を決めておく

単純に前からカナダへ留学したかったという理由で留学するのも、もちろん動機としては良いのですが、カナダへ留学する目的をはっきりしておかないと少しもったいないです。事前に目的を決めておかないと後で失敗するリスクが高まるからです。

カナダへ留学する人の多くの目的としては、英語を学ぶ『語学留学』が多い傾向にあります。その他は留学ではないですが、ワーキングホリデーで就労する目的もよくあります。

カナダの場合は雄大な自然を満喫できるたりもするので、英語学習以外にもウィンタースポーツや自然の中での課外活動など別な目的を兼ねることもできます。

あらかじめしっかりと目的を決めてカナダへ留学するようにしておけば、失敗と感じるリスクは軽減できます。ただ何となく留学という気持ちでいると失敗に感じるリスクが高まる可能性も出てくるので、目的を見据えて留学するようにしましょう。

カナダの留学先地域や学校

カナダは広いですので、地域や都市によってカナダそれぞれの文化や風習の違いがあります。そういった点も考慮しながら、どの地域に行き、その地域のどの学校に在籍して、どれくらい滞在するのかを事前に決めておく必要があります。

実際に留学してみて、カナダでの留学先の地域や学校が思っていたものとは違うということも出てきます。

そのため、カナダのどこに留学したいか下調べを怠らず、自分の希望に合った地域、そして学校を選ぶようにしましょう。

滞在先について

カナダで留学する際に、滞在先として主にホームステイまたはシェアアパートを滞在先として選ばれる方が多いです。

ホームステイする際には、ホームステイ側のホストファミリーとうまく付き合っていく必要があります。人によっては、ホストと相性が合わずに、ホストの変更や滞在費用の返還などでトラブルになるケースもあります。

またシェアアパートでは、シェアする相手や大家さんと交わしたルールを守りながら生活していきますので、そのルールに窮屈感を感じてきたり、あとは事前に認識していなかった物件のほころびなどのトラブルという事が出てきたりもします。

シェアアパートでは、事前に物件をしっかりチェックし、大家さんとも会ってルールを細かく確認することが重要になります。

意外にも滞在先への不満などで、留学そのものを失敗と感じてしまうケースも出てくるので、滞在先のタイプはご自身の生活スタイルを考慮して選ぶようにしましょう。どうしても滞在先でトラブルが生じた場合は、ホームステイであれば早めにホストの変更を申し出ること。そして、シェアアパートでは、シェアする相手や大家さんと交渉するなどして現状を改善していくなどの対処をしていき留学生活の不満を軽減していくようにすることが大切です。

ご参考カナダでの滞在方法について

留学費用感

短期または長期留学、どの学校で留学するのかによって誤差が出てきますが、目安として1か月程度の短期留学の場合の平均費用は、航空券込みで約50万、1年程度の長期留学となりますと別途ビザ申請代がかかり、約270万円~350万円程度はかかってきます。

カナダでの留学費用は、他の国に比べて安い方ではありますが、実際に留学して思った以上に費用が掛かったとなると、当初の予定以上の出費となり計画の失敗と感じてしまうことにもつながりかねません。

留学前に留学費用の算定と、カナダ現地での支出計画をしっかり練って留学するようにしておけば、留学後の充実感がでてくるかと思います。

ご参考カナダでの留学費用について

ビザの申請

カナダで長期留学をする際にはビザ申請が必要です。短期留学で6ヶ月未満の滞在なら、ETAの登録のみで特にビザの申請はいりませんが、6か月以上の長期留学となれば、学生ビザに相当する『Study Permit』が必要となります。

カナダのビザ申請はオンラインで申請できるので、許可が下りるまで特に長期間を要することはないですが、出発時期から逆算し余裕をもってビザ申請の準備を進めておかないと、出発に間に合うかどうかといったギリギリのタイミングになり、かなり心理的にも焦ってドキドキしながら経過を待つようになります。また2019年から東京での指紋認証が義務付けられていますので、指紋認証に出向く期間も計算に入れていかなければいけません。

出発までにビザの許可がもらえないと、ビザの再申請や学校への途中入学となるケースもあり、その分余計な費用が掛かることも考えられます。

ビザの申請が必要な場合は、しっかりと余裕をもってビザ申請に臨めるように準備を進めてください。当たり前ではありますが、パスポートを忘れると入国もビザの申請もできませんので、パスポートの手配も忘れないようにしましょう。

ご参考カナダのビザについて

カナダ人の特徴を知っておく

カナダに留学するということは、語学学校などの学校関係者はもちろん、ホームステイのホスト、大学カレッジにはカナダ人がいます。仲良くなるためにもカナダ人の特徴を知っておく必要があります。

カナダ人は基本的に穏やかな性格の持ち主が多く、留学生からすればフレンドリーに接しやすいかと思います。ただ、時間にはルーズで日本とは違い約束した時間を守ってくれる保証がありません。そして、差別には厳しいので留学生側が安易に差別発言をすると、非難の対象にもなりかねませんので注意しましょう。

相手の特徴を少しでも知っておくことで、コミュニケーションがとりやすく、カナダへの留学も充実したものに感じられると思います。

ご参考カナダ人の特徴

保険に加入しておく

カナダの留学先の学校や教育機関などによっては、留学生の保険加入が義務付けられています。傷害保険や医療保険などが該当します。

保険に加入しておかないと、カナダで万が一の病気やケガで病院にお世話になった時に高い費用を請求されてしまいます。

保険未加入で、カナダで病気やケガにあって、法外な治療代を支払う事態になったら、留学どころではなくなるかもしれませんし、想定以上の出費となってしまって早めの帰国を余儀なくされてしまうかもしれません。

例え病気やケガで病院にお世話になったとしても、出費を極力減らし、継続して留学生活が送れるように、事前に保険に加入しておくことは、失敗しないカナダ留学のためには必須です。

たびほバナー

留学エージェントにも相談

自分でいろいろと準備してそれでも不安なら留学エージェントに相談してみるのも一つの手段です。留学エージェントとは留学希望者に対して留学における手続きを代行してくれる代理店のことです。

留学エージェントの中には無料で相談を受け付けているところもあり、相談やカウンセリングを受けて、自分で準備して留学しても良いですし、留学エージェントに手続きを依頼しても構いません。

ただ、注意していただきたいのは、特定の留学エージェントの情報のみをあてにしないということです。留学エージェントに依頼したから、カナダへの留学が失敗しないとは限りません。留学エージェント経由で留学しても失敗するケースはあります。

留学エージェントに相談したりお願いしたりする場合は、特定の代理店だけではなく、いろいろな所から話を聞いて様々な角度から提供された情報をチェックし、ご自身の希望や要望に合うかどうか判断していくことが重要です。

ご参考留学エージェントを利用するポイント

カナダ留学バナー

カナダ留学情報

カナダお役立ち情報

トロント情報

バンクーバー情報

カナダ基本情報