カナダの医療サービスについて

カナダに留学やワーキングホリデーで滞在中に、病気にかかったり、事故にあってしまう場合も考えられます。どのようにして医療サービスを受けたらいいのかをお伝えします。カナダの医療サービスは日本と大変異なり、初めての方は戸惑うことが多いかと思いますので、基本的な部分を押さえておきましょう。

カナダの医療サービスをしっかり理解して事前に備えましょう

ウォークインタイプ

まず、カナダには主に3つのタイプの病院・クリニックが存在します。

一つ目はWalk-in-Clinicと呼ばれる、予約なしで診療してもらえるクリニックです。

このようなクリニックは、市内に多数存在しており、診療時間も、朝早くから夜遅くまでと、とてもアクセスしやすくなっています。

一つのクリニックにだいたい数名のドクターが勤務しており、予約なしの場合ですと、基本的にローテーションでドクターが割り当てられます。

クリニックによっては、予約可能である場合もありますが、患者の多くの方が予約せずに来院されるので、待ち時間が長引くことがあります。

予約可能かどうかは、クリニックに電話して聞いてみるか、ウェブサイトで確認してみましょう。

カナダの医療サービスについて | 留学スクエア

かかりつけタイプ

二つ目は、予約なし、そしてかかりつけのドクターでなければ診療してもらえない、Family Doctorがいるクリニックです。

こちらも数名のFamily Doctorが一つのクリニック(ドクターオフィスとも呼ばれる)を共用して診療しています。

このようなクリニックで診療してもらうには、まずFamily Doctorというかかりつけのドクターを探します。

市の医療サービス関係のウェブサイト等にて、Family Doctorとして、患者受け入れをしているドクターのリストがありますので探してみましょう。

その中からドクターを選んで、そのドクターが勤務するドクターオフィスに電話をかけ、Family Doctorを探している、◯◯ドクターにFamily Doctorになってほしい、という事を伝えます。

その後、予約をしてそのドクターと初対面になります。これ以降は、何か気になることがあれば、このドクターに毎回診療してもらえます。

このFamily Doctorを持つというシステムですが、短期滞在であったり、持病や頻繁に病気になる、ということがなければ特に必要はないかと思います。

というのも、医療サービスを受ける中で、日本と大きく異なる部分があるからです。

カナダでは日本と違い、基本的にスペシャリスト(耳鼻科、眼科、産婦人科等)の先生に診療してもらう為に、まずFamily DoctorやWalk-in-Clinicのドクターに紹介状を書いてもらい、スペシャリストのオフィスからの予約についての連絡を待たなければなりません。

その為、病気になりやすいという方には、Family Doctorを持つことをおすすめしますが、そうでなければ、Walk-in-Clinicで済ませても十分です。

また、スペシャリストの中にはドクターからの紹介が必要ない場合もあります。

救急タイプ

そして最後に、大きな病院のEmergency(救急)です。

こちらは、怪我をした時はもちろん、Walk-in-Clinicが開いていない、またはそちらでは処置ができない等の場合に利用します。

Emergencyでは、重体の方から受け入れますので、すごい高熱がでている、だけでは、長い時間待つ場合がありますのでご注意下さい。

Emergencyでは、最初に受付で、どんな症状があるかなど、簡易的な問診がありますので、きちんと症状を伝えましょう。

保険に加入しておきましょう

カナダで病気になっても怪我をした時でも、このようなカナダの医療サービスを利用するとなれば、高額な医療費を請求されます。

事前に海外保険に加入しておけば、万が一カナダで病院にかかるようになっても、医療費の補償もあるので、海外保険で医療費をカバーしてくれます(※加入された保険の補償内容によるので、厳密にいえば全てが全てカバーされるわけではありません)

海外保険も種類がたくさん出ていますので、しっかり補償内容を確かめたうえで、納得のいく保険に加入して、カナダへ渡航するようにしておきましょう。

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

カナダ留学バナー

カナダお役立ち情報

トロント情報

バンクーバー情報

モントリオール情報

カナダ基本情報