カナダのタバコと飲酒に関するルール

カナダのタバコと飲酒に関するルール

カナダで成人とみなされる年齢は、18歳または19歳です。ただし、州によりこの成人年齢が異なり、成人年齢に達したとしても飲酒できたりタバコの購入ができる年齢が違ったりもするので、成人年齢=タバコや飲酒が可能という認識ではなく、しっかりとタバコの購入及び飲酒可能な年齢を確認しておく必要があります。

今回は、カナダでの語学留学その他のカナダ留学の身近にある、カナダでの喫煙や飲酒についてお話します。

州によって異なる成人年齢

カナダでは、成人年齢が州によって違います。以下はタバコの購入、そして喫煙できる年齢です。

19歳

【対象州】ブリティッシュコロンビア州オンタリオ州、ニューブランズウィック州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ノバスコシア州、ヌナブト準州

18歳

【対象州】アルバータ州、マニトバ州、サスカッチュワン州、ケベック州、ノースウェスト準州、ユーコン準州

また、飲酒できる成人年齢は、上記の喫煙可能な年齢とも違います。アルバータ州、マニトバ州、ケベック州のみ18歳からお酒の購入、または飲酒可能ですが、それ以外の州、準州では19歳からとなりますので注意が必要です。

喫煙場所のルール

喫煙場所についてですが、こちらも州によってルールが異なります。

しかし、一般的なルールとしては、カナダ全土で、屋内の公共の場(バーやクラブ、レストランも含む)での喫煙は禁止されています。

屋外では、ほとんどの州でドアから数メートル以上(州によって異なる)離れて喫煙、または指定された喫煙場所での喫煙のみが許されています。

多くの州で、コンドミニアムやアパートでの喫煙も禁止されていることが多いので、必ず契約書で、またはLandlordに確認しましょう。

たばこの購入

タバコの購入方法ですが、多くの方がセブン-イレブン等のコンビニエンスストアなどで購入することが多いようです。

価格はほとんどが10ドル以上で、日本に比べると大変高く感じられるかもしれません。

飲酒に関するルール

もちろん飲酒にもたくさんのルールが存在します。

例えばバーでお酒を飲むときですが、お酒を頼むと、必ずと言っていいほどサーバーからIDの確認をお願いされます。日本人は特に実年齢より若く見られますので、成人年齢より上でも、多くの方がIDの確認をされるでしょう。

バーの外でも、厳しいルールが存在します。

例えば、公共の場での飲酒。カナダではケベック州を除き、屋外の公共の場での飲酒のみならず、フタが開いている缶、瓶のお酒を所持しているだけで違法になります。

つまり、飲酒、そしてお酒類の飲料の開封は、バー、クラブ、レストランなどの敷地内、そして個人の家などの私有地内のみ許される、ということになります。

留学中に経験するパーティーなどが身近にあるかと思いますが、飲酒や喫煙をする前に、州のルールをしっかり確認しましょう。

カナダ留学バナー

カナダ留学情報

カナダお役立ち情報

トロント情報

バンクーバー情報

カナダ基本情報