バンクーバーの治安で気を付けたい点

バンクーバーの治安で気を付けたい点

バンクーバーは世界的にも住みやすい都市として知られています。世界の住みやすい都市ランキングでも常に上位に来るほど、そこまで治安面について心配しなくても良さそうですし、留学を経験された方からも危ない目に遭遇した話はほとんど聞くことがありません。では、バンクーバーの治安面について実際はどうなのか、見ていきましょう。

外務省によるバンクーバーの危険度

外務所の海外安全情報をチェックすると、カナダは真っ白で危険度のレベルも出ていません。当然バンクーバーも危険度レベルが付いていません。そのため、バンクーバーに渡航するには、安全面で問題ないと考えても大丈夫だと思います。

では、在バンクーバー日本国総領事館の安全情報をチェックした場合でも、たまに強盗や詐欺などの注意喚起は出ている程度です。総じてバンクーバーは客観的にも治安が良いと言えると思います。

治安がいいとは言われているが

このように、危険情報も少なくバンクーバーは世界的に治安が良いとは言われていますが、あくまで「外諸国の中で治安が良い」ということだと思っておいた方が良いです。日本は世界的に見ても治安が良く、そこで普段過ごしている私達にとっては、「思っていたのと違う!」ともなりかねません。

日本でもごく一部の地域は、治安面で少し危険な場所もありますよね。安全に過ごすためには、危険な場所と時間帯を把握しておくことが重要です。しっかり把握しておけば、安全で楽しいバンクーバー滞在にできますので安心してください。

危ないと言われているエリア

治安が悪く、近づかないほうが良いとされているエリアは、East Hastings Street(ヘイスティングストリート東地区)です。ちょうどギャスタウンの東側からチャイナタウンに向かうエリアで、ホテルなども異常に安いので、何も知らないと予約してしまうかもしれません。

この辺りは薬物の売買がされており、浮浪者、薬物中毒者などが多くいることで有名です。夜は救急車やパトカーの音が多く、警察も多くいるようですが、それよりもはるかに多いホームレスに対応しきれていないような印象です。夜ももちろん危険なのですが、日中も非常に危険です。

薬物中毒、アルコール中毒の人たちが、寝ぼけた人のように周りも見ずに道路をゆっくりと横断していたり、道端で寝転がっていたりします。車で通ったことがありますが、徐行しないと通れないほど、そのような人であふれています。この地区は日本の外務省が注意喚起しているエリアにも指定されているので、なるべく近づかないようにしましょう。

また、あまり知られていないかもしれませんが、Main Street-Science World Station(メインストリート サイエンスワールドステーション)付近も夜は危険です。この駅から徒歩2分ほどの場所に大きなバスターミナルがあるため、バスで旅行をしようと考えている人は利用することがあるかもしれません。

夜は近くの広場にいるホームレスの人々の動きが活発になるため、お金や食料を求めて話しかけられることも珍しくありません。また、この駅周辺のファストフード店にもそのような人たちが多くいる場合があるため、バス利用まで時間を潰したい場合は十分気を付けて、可能であれば別の駅周辺で過ごしてからここへ来る方が良いでしょう。

どうしても近づく必要がある場合は・・・

これらの地域には近づかないことが一番ですが、どうしても行かなければならない場合は、「肌の露出を抑える」「高級そうな持ち物やアクセサリーを身に着けない」「ジロジロ見たり、キョロキョロしたりしながら歩かない」ことが大切です。観光客である雰囲気や、街に慣れていないことを見抜かれると話しかけられたりする場合もあるので、現地の人の気分になって歩くことがポイントです。

バンクーバーの街並み

ドラッグを使用している人、ホームレスは多い?

結論から言えば、多いです。都会なので人がたくさんいることも重なって、日本よりもホームレスを見かける機会は多いです。

また、ドラッグに関しては、カナダでマリファナが合法になったこともあり使用者は増えてきており、道にマリファナを売っているお店が出ていたりもします。最近は白を基調としたお洒落な店内になっていることも多いので、注意が必要です。金曜日の夜や週末は薬物使用者が増える傾向にあるので、夜に出歩く際は注意が必要かもしれません。

このようにドラッグの使用者やホームレスが多いのは事実ですが、一定の地域や時間帯に限定されるという特徴もあるので、そういう面では対応しやすいと言えます。

逆に治安のいい、安心できるエリアは?

お勧めのエリアは、Yaletown(イエールタウン)、Robson Street(ロブソンストリート)、English Bay(イングリッシュベイ)付近です。

イエールタウンは高級住宅地として知られており、静かで大人な雰囲気の街並みで治安もとても良いです。レストランも、ファストフード店から高級バーまで様々で、雑貨屋なども充実しています。

ロブソンストリートはバンクーバーのメインのショッピングストリートのため、朝から割と夜遅くまで多くの人でにぎわっており、人通りも多い為1人で歩くこともできます。アジア系のレストランが多くあるため、ほかのエリアと比べても比較的アジア人が多いです。

イングリッシュベイ付近も落ち着いているためお勧めできます。目の前に広がる海を見ながら食事ができるレストランや部屋から海が見えるホテルもあり、楽しめるスポットです。

イエールタウン

バンクーバーの治安まとめ

これらを読んで、バンクーバーの地図が手元にある方は、大体ウォーターフロント駅から東側が危険、西側が安全、ということに気づいたかもしれません。どこが安全でどこが危険かをしっかり把握することが大切です。

留学前に数日間ホテルに滞在する必要がある方や、旅行でバンクーバーを訪れる方は、少し値段が張ってもこのあたりのホテルを予約するようにし、楽しく安全な滞在にしてくださいね。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

カナダ留学バナー

カナダ留学情報

バンクーバー留学情報