トロントで留学やワーホリするメリットとデメリット

トロントで留学やワーホリするメリットとデメリット

カナダのトロントで留学やワーホリしてみようかなと思うと、カナダで一番の大都市ということもあって色々な人種の人も多くおり、トロントで留学したりワーホリしたりする難しさってどういうところなのか、他の都市に無い違いって何なのか気になる所だと思います。

このページでは、カナダ一番の大都会トロントでの留学やワーホリのメリットとデメリットについてご紹介していき、トロントで留学したりワーホリしたりする上での不安な点などを事前に解消できればと思っています。

トロントでの留学やワーホリを検討するにあたり、このページを最後までチェックしていただくことで、トロントに滞在できるイメージが付いてくるようになると思います。

トロントに留学をするメリットは?

トロントのユニオン駅

トロントで英語を勉強するメリットは大きく分けて3つあります!確認していきましょう。

日本人が少ない

留学先を選ぶ時に、日本人の割合を気にする人も多いのではないでしょうか。英語環境に身を置くことで英語が伸びるので、日本人が少ない方が良いですよね。

トロントは、他の国や他の都市に比べて日本人が少なく、丸1日街中に居ても1人見かけるかどうかといったところです。全く居ないわけではありませんが、自ら進んで関わろうとしなければ、日本人と接する機会はほとんどないでしょう。

※語学学校などには日本人は目にするようになりますので、その点は誤解ないようにお願いします。

英語の発音にクセがない

カナダは英語の発音が綺麗なことでも有名です。オーストラリアは訛りが激しく、イギリスやアメリカにも独特な発音・文法が多くあります。

一方でカナダは訛りがほとんどなく、発音的にも文法的にもクリアで綺麗な英語を話す人がほとんど。リスニングしやすいので、早い段階で英語力に自信が付くことでしょう。癖のない英語を学びたい人にはカナダがオススメです。

勉強しやすい環境

世界的な名門校トロント大学をはじめ、語学学校なども豊富です。トロント大学は、どのランキングにおいてもおよそ20位前後を維持しています。日本の東大よりも上位です。トロント大学はトロントの街中にあり、大学の生徒が近くの図書館で勉強している姿も良く見かけます。

トロントには図書館も多く、パソコンも無料で貸し出していたりと勉強に集中できる環境が整っています。トロント大学の優秀な学生達に刺激され、勉強がはかどることは間違いありません。

トロントでワーホリをするメリットは?

トロントからも近いナイアガラの滝

ワーホリなら、オーストラリアやニュージーランド、カナダはバンクーバーに行く人が多い印象がありますよね。でも、トロントにワーホリするメリットはたくさんあるんですよ!

仕事が見つけやすい

仕事が多いわけではありませんが、日本人ワーホリ人口が少ないので競争率は低いです。いいなと思う仕事さえ見つかれば、採用される確率は高め。

日系レストランや雑貨屋さんなどはクラシファイドに求人情報が載っています。また、近所のお店に飛び込みでレジュメを配り歩いて、仕事をゲットする人も少なくありません。

旅行がしやすい

トロントはカナダの東側にあり、ナイアガラの滝のすぐ上に位置しています。トロントを拠点に旅行する人も多く、カナダ国内ではモントリオールやオタワ、ケベック、プリンスエドワード島などが人気の観光先です。

アメリカとの国境が近く、ニューヨークまでは車でも行ける距離。ニューヨーク以外にも、ディズニーワールドのあるフロリダや、ワシントンD.C.、アトランタなども比較的近く、さらにはカリブ海の島々や南米までも行きやすい場所にあるため、ワーホリの帰り際に色んな国に寄ってから帰国する人も多いですよ。

人種差別がなく住みやすい

カナダはフランス系、イギリス系、アフリカ系、インド系、イスラム系、中華系、その他アジア人など多数の人種が住んでいます。国として成立してからはまだ150年程しか経っておらず、皆んなで作り上げてきた国なので、他民族にも寛容です。

日本人だから、アジア人だからと嫌な顔をされることもなく、誰にでも同じように接してくれるので住みやすさを感じられます。

トロントにはデメリットも2つある

トロントからも近いナイアガラの滝

トロントに留学やワーホリをする時のデメリットも確認しておきましょう。

寒すぎる

冬が長く、非常に寒いです。11月頃から気温がぐっと下がり真冬がやってきます。12月〜3月ごろまでは大雪が降ることも、体感マイナス20度になることもごく当たり前にあります。年に寄ってばらつきはあるものの、基本的に日本とは比べものにならないくらい寒いのがトロント。家から出るのが嫌になってきてしまうのは、大きなデメリットとなるでしょう。

中級以上の英語力がないと生活しずらい

トロントに住んでいる人は色んな人種の人々です。基本的に皆んなカナダで生まれ育ったカナダ人なので、英語はもちろんペラペラ。そのため、留学生やワーホリ勢も良い意味で差別されることなく、ネイティブと同じように英語で話しかけられます

トロントでは、外国人でも英語は話せて当たり前という認識があるので、英語が初級レベルの人では生活を始める前に大きな不安を抱くことになるかも知れません。

トロントがオススメできない場合は?

トロントには、仕事の種類がそう多くはありません。現地のサイトや日系のクラシファイドで探すことができますが、大体同じ求人が出ていることがほとんど。仕事にこだわりのない人なら大丈夫ですが、「カナダでこんなことがしたい!」という大きな目標のある人には向かないかも知れません。バンクーバーには日本人も多いので、仕事の種類もトロントよりは多くなっています。

トロントのおすすめポイントまとめ

トロントの魅力はやっぱり「綺麗な英語が身につくこと」です。1度覚えた訛りや癖はなかなか抜けるものではないので、はじめから綺麗な英語を覚えた方が効率が良いですよね。

また、トロントは多国籍な街なので外国人に全く偏見がなく、現地の友達も作りやすいですよ。国や地域によっては、他民族に排他的なところもあるのですが、トロントは国籍よりもその人の人柄を見てくれるので、外国人の友達が欲しい人にもオススメの都市です!

カナダ留学バナー

トロント留学情報