ロサンゼルスへの行き方はどの飛行機が良い?

ロサンゼルスへの行き方はどの便が良い?

アメリカ西海岸に位置するロサンゼルス。観光はもちろんのこと、ロサンゼルスへは留学やビジネスで滞在する方も多くいることから、人気がある都市です。

では、ロサンゼルスに日本からどうアクセスできるのでしょうか?

今どき船便ということもないので、日本からロサンゼルスへは飛行機を利用して行くことになりますが、空の玄関口と言えるロサンゼルス国際空港(LAX)はアメリカ西海岸の主な空港としても知られており、日本からロサンゼルスへは直行便も多く運航しているので、日本からのアクセスはとてもいいと言えます。

その中で、直行便を使うのが良いか、それ以外の方法があるのか、そしてどのルートの値段がお安いのか、いろいろと検証してみたいと思います。

直行便は、成田(NRT)、羽田(HND)からの所要時間は9時間40分~10時間半程で、毎日運航しています。また、関空(KIX)からの所要時間も10時間~10時間20分程で、こちらも毎日運航があります。その他には別の国を経由してロサンゼルスに入るという経由便ルートもあります。

そこで日本からロサンゼルスへ直行便を含めどういった飛行機のルートがあるか、そしてどのルートがお安いかご紹介していきたいと思います。

ロサンゼルス行きの航空券

ロサンゼルス行きが決定したら航空券探しが始まりますが、ロサンゼルスに行く場合はなんといっても直行便がおすすめです

直行便は時間の短縮ができるのはもちろんのことですが、初めて足を踏み入れるような場合はストレスを少しでも減らしたいものです。経由便は直行便より値段も安く購入できることも多いのですが、慣れていない場合は直行便の方が安心感もあります。休暇が取りやすいようなハイシーズンは航空券の運賃も上がるので、訪れるタイミングも考慮するのがいいでしょう。

ご注意時差について
日本とアメリカ・ロサンゼルスの時差は17時間。日本の方が進んでいて、ロサンゼルスの方が17時間遅い計算になります。例えばロサンゼルスが午前0時の場合、日本は17時間進んでいるので夕方の5時という計算になります。サマータイム時は日本との時差は16時間になります。

ロサンゼルスへの直行便一覧

日本からロサンゼルス国際空港(LAX)への直行便は、日本航空(JL)、全日空(NH)、ユナイテッド航空(UA)、アメリカン航空(AA)、デルタ航空(DL)、シンガポール航空(SQ)が就航しています。ロサンゼルス国際空港はユナイテッド航空が拠点とする空港です。ここでは日本の空港からロサンゼルスへの直行便をまとめてみましたので参考にしてください。

日本航空

出発地 成田空港
便名 JL62
出発時間 17:05
到着時間 10:50
所要時間 9時間45分
運航日 毎日運航
出発地 関西空港
便名 JL60
出発時間 17:40
到着時間 11:40
所要時間 10時間
運航日 毎日運航

全日空

出発地 成田空港
便名 NH6
出発時間 17:00
到着時間 10:45
所要時間 9時間45分
運航日 毎日運航
出発地 成田空港
便名 NH176
出発時間 16:00
到着時間 9:40
所要時間 9時間40分
運航日 毎日運航
出発地 羽田空港
便名 NH106
出発時間 00:05
到着時間 18:00(前日)
所要時間 9時間55分
運航日 毎日運航

ユナイテッド航空

出発地 成田空港
便名 UA33
出発時間 17:30
到着時間 11:25
所要時間 9時間55分
運航日 毎日運航

アメリカン航空

出発地 成田空港
便名 AA170
出発時間 18:45
到着時間 11:50
所要時間 10時間5分
運航日 火木土日
(変更あり)
出発地 羽田空港
便名 AA26
出発時間 19:15
到着時間 13:10
所要時間 9時間55分
運航日 毎日運航

デルタ航空

出発地 羽田空港
便名 DL6
出発時間 16:25
到着時間 10:20
所要時間 9時間55分
運航日 毎日運航

シンガポール航空

出発地 成田空港
便名 SQ12
出発時間 18:30
到着時間 12:30
所要時間 10時間
運航日 毎日運航

※運航スケジュールは変更になることもありますので、必ず最新のスケジュールをご確認下さい。

その他都市経由でロサンゼルスへ行くルート

日本からロサンゼルスは直行便の数が多いので、留学で飛行機を利用する際には直行便がおすすめですが、その他都市を経由してロサンゼルスへ行く方法もあります。その場合、中国や韓国、台湾などのアジアを経由する場合と、北アメリカのカナダを経由するルートがあります。

但し、経由便は乗り継ぎに長い時間を要することも多く、日本からロサンゼルスまで20時間かかるようなケースもあります。メリットとしては直行便と比較すると経由便の方が料金が格安になることも多いので、予算を抑えたい場合は経由便の利用も考慮するといいでしょう。

韓国経由

韓国の経由便は、ソウルの仁川空港を経由します。大韓航空(KA)・アシアナ航空(OZ)は、福岡・札幌・仙台・那覇など日本の主要都市の空港からソウルへの直行便も出していますので、地方にお住まいの方は成田や羽田に行かなくても最寄りの空港からソウル経由でロサンゼルスへ行くということも選択肢にできます。

中国経由

中国経由の場合、経由地になるのが北京・上海・広州となります。北京経由は主に中国国際航空(CA)、上海経由は中国東方航空(MU)、広州経由は中国南方航空(CZ)です。その他に中国では新興の海南航空や厦門航空などここ最近でロサンゼルス便を就航してきていますので、利用できるかと思います。

台湾経由

台湾は台北桃園空港経由で、チャイナエアライン(CI)とエバー航空(BR)がロサンゼルス直行便を出しています。日本の主な地方空港から台北行きも出ていますので、台北で乗り継いでロサンゼルスに行くことができます。

香港経由

香港国際空港でキャセイパシフィック航空(CX)がロサンゼルス便を就航させています。キャセイパシフィックは福岡や名古屋など主な空港から子会社のキャセイドラゴン航空も含めて便が出ています。

マニラ経由

ここ数年でフィリピン航空(PR)もマニラからロサンゼルスまでの便が就航しています。フィリピン航空も日本の主要な空港からマニラまで便が出ていますので、検討に値するかもしれません。

カナダ経由

成田・羽田・関西からエアカナダ(AC)がカナダのバンクーバー・トロント・カルガリー・モントリオールへ直行便を出しています。ロサンゼルスまででしたらバンクーバーやカルガリー経由で乗り継いで利用するのが時間も短く効率的です。

どのルートが一番格安か?

では直行便を含めてどのルートが一番格安になるでしょうか?

航空券のチケット代は、チケット購入時期、出発時期や曜日、チケットタイプ等の諸条件によって値段も大きく変わるため一概には言えませんが、東京からロサンゼルスまで2月の土曜日に出て1ヵ月後に帰国するシーンを想定して値段がいくらになるかチェックしてみました。

Google Flightを利用して東京から直行便、経由便も含めて検証してみます。

ロサンゼルスまでの航空券運賃

複数の航空会社の組み合わせは除外するとしまして、一番の格安は、ソウル経由のアシアナ航空便(¥89,980)となっています。

その次にお安いのがマニラ経由のフィリピン航空便(¥99,600)です。

そして、意外かもしれませんが、3番目にお安くなるのが直行便のユナイテッド航空(¥102,250)となっています。

日系の航空会社は日本航空・全日空共に13万円代となっています。

航空券を選ぶ場合は、値段が安いというのももちろんありますが、出発時間・現地到着時間・乗り継ぎ時間・航空会社など様々な条件を考慮したうえで自分に合った航空券を選ぶようにしてみて下さい。

ESTA(エスタ)登録を忘れずに

どんなお得なロサンゼルス行き航空券を入手しても、短期留学や観光など90日以内の滞在でアメリカへ入国する場合は、電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」が必要です。ESTAへの登録が無ければアメリカの入国審査をパスすることができないので、忘れずに登録するようにしておきましょう。

なお、90日以上アメリカに滞在する計画であれば、何かしら事前のビザ申請が必要となりますので、必ずビザを取得してからロサンゼルスに向けて渡航するようにしてください。

ロサンゼルス直行便の様子

ロサンゼルス直行便の機内のレビューがYouTubeなどの動画で沢山アップされています。日本語のものもあれば英語のものもあるので、ロサンゼルスへ向かう直行便の機内の様子がどういった感じなのか動画でチェックしてみると面白いです。

全日空の羽田⇒ロサンゼルスレビュー

羽田空港を出発してロサンゼルスへ向かう搭乗から到着まで飛行機内の様子をレビューしている動画です。ロサンゼルスに行った気分になれます。

日本航空の成田⇒ロサンゼルスレビュー

成田空港からロサンゼルス空港まで日本航空でのレビュー動画です。

シンガポール航空の成田⇒ロサンゼルスレビュー

成田空港からロサンゼルス空港までシンガポール航空でのレビュー動画です。英語でのレビュー動画です。日本に住んでいるPaoloさんと言う方がシンガポール航空のエコノミークラスの様子をご紹介してくれています。

アメリカン航空の羽田⇒ロサンゼルスレビュー

羽田空港からロサンゼルス空港までアメリカン航空でのレビュー動画です。日本語の字幕付きでレビューされています。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

アメリカ留学バナー

アメリカ留学情報

アメリカ基本情報

アメリカ生活情報リンク

ニューヨーク生活情報

カリフォルニア生活情報

その他