留学生にお勧めなロサンゼルス市内での移動手段

"留学生にお勧めなロサンゼルス市内での移動手段

ロサンゼルス留学を考えている人にとって、現地での移動手段は学校や住まいを決める上でも大切な要素ではないでしょうか。ロサンゼルスは『車社会』といわれることの多いですが、車以外の移動手段もあります。留学生におすすめの移動手段を紹介します。

ロサンゼルスでは車が必須?

「ロサンゼルスは車社会」「ロサンゼルスでは一人車一台が普通」といったことを見聞きしたことがある人も多いのではないでしょうか?実際にどちらも間違っていません。しかし、ここでいうロサンゼルスは、ロサンゼルス市を中心とした『ロサンゼルス・カウンティー』のことをさしています。土地が広いため、どうしても移動には車が必要なことが多いのです。

しかし、ロサンゼルス市内での移動であれば、交通手段が非常に充実しているので、必ずしも車が必須というわけではありません。多くの留学生が利用している移動手段を紹介します。

Metro Rail/メトロレール(電車・地下鉄)

メトロレースは、ロサンゼルス郡都市圏交通局が運営している電車・地下鉄路線です。アメリカの電車や地下鉄と聞くと、薄暗く汚らしいイメージを持つ人も多いと思いますが、実際には、どの路線も比較的新しいため、綺麗で快適です。

2019年7月現在では、Red Line(レッドライン)、Purple Line(パープルライン)、Blue Line( ブルーライン)、Green Line(グリーンライン)、Gold Line(ゴールドライン)、Expo Line(エクスポライン)、Orange Line(オレンジライン)、Silver Line(シルバーライン)の8路線があり、いずれも10分~20分間隔で運行されています。

また、ハリウッドやビバリーヒルズ方面へのアクセスがスムーズになるPink Line(ピンクライン)も建設中です。

なお、メトロレールでは紙の乗車券が廃止され、日本のSuicaやPasmoのような電子マネーカード『Tap card(タップカード)』の購入が必須です。各駅に設置されている自動券売機で購入やチャージが可能になっています。

メトロレール
photo credit: Phillip Pessar Metrorail Brickell Station via photopin

Metro Bus/メトロバス(バス)

メトロバスは、メトロレール同様にロサンゼルス郡都市圏交通局が運営しているバス路線です。住宅街を通過する路線も含め、広範囲に200以上の路線があるため、ロサンゼルス市内の最もメジャーな移動手段になっています。

メトロバスには、オレンジ色の各駅停車バスと赤色の快速バスがあります。いずれも、料金は定額制で、どこまで乗っても料金が変わらないのも、利用者が多い理由の一つです。

ただし、一つ知っておかなければいけないことは、日本のバスのように車内に両替機がないことです。お釣りがもらえないので、毎回、ぴったりの小銭を持っていくか、メトロレール同様に『タップカード』を事前に購入してから利用しましょう。

メトロバス
photo credit: Metro Transportation Library and Archive via photopin

Dash/ダッシュ(バス)

ダッシュは、ロサンゼルス市交通局が運営している路線です。メトロバスよりも範囲が狭いですが、30以上の路線があり、停留所がロサンゼルス市内のあちこちに細かく設定されているのがメリットです。

また、運賃が現在の時点で50¢と非常に低額になっているので、上手く利用すれば、かなり節約にもなるでしょう。

なお、ダッシュもメトロバス同様に、お釣りがもらえません。タップカードのようなものもないので、ぴったりの小銭を用意して乗車するのがおすすめです。

LA DASH Bus

配車サービス

近年、利用者が増え続けているのが、配車サービスとも呼ばれている、ピックアップサービスです。これは、プロのタクシー運転手ではなく、一般の人が自分の車を使って送迎をしてくれるサービスになります。

特に評判が良くメジャーなのが『Uber(ウーバー)』『Lyft(リフト)』の2社です。いずれもスマートフォンアプリをダウンロードし、氏名や電話番号、クレジットカード情報を登録することで簡単に利用が可能です。

サービスを利用する際は、事前に配車時間、運賃、経路、運転手の顔写真等が分かり、決済もオンライン上で済みます。運転手との金銭のやりとりもないので安心です。

また、どちらもレビュー制度を採用しているので、運転手の過去のサービスに対する評価を確認した上で依頼することが可能です。リフトの場合は、レビューが80%以下になると運転資格がなくなるため、サービスの良い運転手が多いといわれています。

LYFT

タクシー

ピックアップサービスの普及により、タクシーの利用者は激減しています。しかし、時間帯や場所によっては、ピックアップサービスが混んでいて利用できない場合もあります。そういう場合は、ピックアップサービスより割高になりますが、やはりタクシーが便利でしょう。

ロサンゼルスでは、日本のように流しのタクシーを見かけることは殆どありません。タクシー会社に電話をして呼ぶのが一般的です。近年は、オンラインやアプリで配車の予約ができるタクシー会社もあるようなので、英語に自信がない人でも問題ないでしょう。

状況に合わせてロサンゼルスの移動手段を選ぼう

ロサンゼルス市内は、さまざまな交通手段が揃っています。普段は低料金のダッシュを利用し、渋滞が見込まれることが予測される時間帯は、時間通りに移動可能なメトロレールを利用するなど、状況に合わせて賢く使い分けるのがおすすめです。

地元の人のように色々な移動手段を上手く使いこなし、快適なロサンゼルス留学生活を送りましょう。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

アメリカ留学バナー

アメリカ留学情報

アメリカ基本情報

アメリカ生活情報リンク

ニューヨーク生活情報

カリフォルニア生活情報

その他