アメリカに留学するメリットとデメリット

アメリカに留学するメリットとデメリットについて解説しています

留学先をどの国にしたらいいのかは誰もが悩むことです。そこでアメリカに留学すればこんなメリットとデメリットがあるということをご紹介します。アメリカでの一般的な視点で考えられるメリットやデメリットをご紹介しています。アメリカも広いですので、留学先の都市それぞれで当てはまらない場合も出てくるかもしれませんが、全般的な視点ちおうことを念頭にしておいてください。

アメリカへ留学するメリット

コミュニティカレッジ(コミカレ)から始められる

アメリカに留学するメリットはどういったことがあるかご紹介しています
 

アメリカの大学へ進学したいけど英語力に自信がないという方はコミカレへ入学するという方法があります。

入学条件の英語力の基準が低く、学費も四年制大学に比べると安く設定されているコミカレは沢山あります。最初の2年はコミカレで学び、そこから好成績を維持しつつ有名大学への編入も夢ではありません。

専攻を自由に変えられる

アメリカの大学では途中で専攻を変更することは可能です。余分に取ったクラスの学費はかかりますが 、最初に決めた専攻にとらわれず、臨機応変に対応してくれるのがアメリカの大学です。

アメリカの英語に触れられる

本場のアメリカ英語を肌で感じられるのは大きなメリットのひとつです。

日本に居ても英語に触れる機会はあると思います。しかし、日本で聞く英語とアメリカで実際に話されている英語はまったく別物です。

生活していく上で必要になる単語や表現は、実際に現地に住んでみないと分からないものです。 自然な英語表現を習得するには現地で生活するに限ります 。

日本のいいとろこが見えてくる

外国で生活すると今まで当たり前だと思っていた日本での暮らしの有り難さを実感できます。日本以外の国を知れば知るほど、もっと自国を大事にしようと思えるものです。

年齢にとらわれずチャレンジしたもの勝ち

日本ほど年齢を気にしながら生活している人はいません。アメリカではとにかく「個」を大事にするので、何歳でも自分が好きであればミニスカートを履き、キャリアチェンジしたければ、何歳からでもでも違う道を進むといった人たちが多く見られます。

ホスピタリティーに溢れている

知らない人にも気軽に話しかける習慣や、運賃が足りなくて困っている人がいれば、躊躇なく お金をあげるなど寛容な人たちに出会えるのもアメリカのいいところです。

世界中の人たちに出会えるチャンス

世界中の人たちがチャンスを求めてアメリカへ移住してきます。アメリカ人だけではなく、各国の才能溢れる人たちとの出会いはとても刺激になります。

アメリカへ留学するデメリット

物価が高い

アメリカに留学するデメリットは何があるのでしょうか

日本に比べるとアメリカの物価は高く、レストランなどで支払うチップ代もばかにはなりません。また、 学費も年々高騰していて一般的に留学生はアルバイトができないので、貯金に余裕がない限り生活費を切り詰めることになります。

日本食が恋しくなる

余程の田舎でない限り、アジア系スーパーや日本食レストランは点在しています。しかし、日本食レストランと謳っておきながら、実際は日本食とは程遠いメニューであったり、金額が日本の何倍も高かったりとアメリカで本当の日本食にありつけるのはそう容易ではありません。

高額医療費

間違いなくどこの州でも医療費は高額です。診察代もさることながらそもそも保険料も高く、保険に加入していない住民はごまんといます。

診察代は後日届く請求書をもって確認することができます。診察前に見積もりを出してもらうことは可能ですが、人によって言うことはばらばらなのであまり当てにはなりません。

治安が悪い(銃社会)

地域によりますが、日本に比べるとアメリカの治安の悪さは否定できません。ニュースで銃の乱射事件を聞いても日本にいるとピンとこないかもしれませんが、実際アメリカに住むとスーパーでは銃を販売していたり、銃絡みの事件は頻繁に起こっていることを耳にするので、嫌でも 身近に感じることになります。

人種差別を受けるかもしれない

多種多様の民族が混在しているアメリカでは それぞれ違った思想や価値観を持ちながら暮らしていくことを尊重しています。しかし全ての人がそれを受け入れているわけではありません。移民を歓迎しない人もいれば歴史的な問題から日本を毛嫌いしている人も中にはいます。

ホームステイや寮(シェアハウス)でのトラブル

留学中はホームステイや寮に住むことになる学生の方は多いと思いますが、ホストファミリーと相性が合わないということは頻繁にあります。

また、日本人同士なら何も言わなくても分かってもらえることも、国が変われば一から説明する必要があります。

車社会

留学先が都市部なら車は必要ないかもしれませんが、ないと不便に感じることは多々出てきます。

また、日本に比べて道幅が広いので運転しやすい反面、運転マナーは褒めたものではありません。運転が苦手でも車は生活の一部なので、乗らないわけにはいきません。

日常生活全て英語

英語で授業を受けることも大変ですが、学校以外でも全て英語で生活することになります 。もちろん英語の上達に繋がりますが、 上手く英語で伝えられない・聞き取れないことが続くと自分の英語に自信を無くしてしまうこともあります。

最後に

アメリカだけに限らずどこの国へ留学するにも、多かれ少なかれメリットやデメリットはあります。人によっては、メリットがデメリットに感じてしまったり、またその逆も然りです。それぞれの留学先の国でのメリットやデメリットを総合的に判断して、ご自身にあった留学先を選べるように検討してみてください。

アメリカ留学バナー

アメリカ留学情報

問い合わせバナー