ニューヨークでのお勧めの観光名所7選

ニューヨークでのお勧めの観光名所

ニューヨークに遊びに来た人に聞かれる質問で、もっとも答えが難しいのは「おすすめの観光地はどこ?」というもの。ニューヨークに住んでいる人でこの質問をスムーズに、簡潔に、そして的確に答えられる人に出会ったことがありません。

それは、ニューヨークには多くの魅力的な観光地があるからです!

そのためここでご紹介するのはニューヨークでも定番のおすすめ観光地!ですが、定番になるにはそれだけの理由があります。もしあなたがニューヨークでどこに行くか悩んでいたらぜひ参考にしてみてください!

最後にはお得に観光地を回る方法も紹介していますよ!

Statue of Liberty(自由の女神像)

 

1つ目ののおすすめ観光地は、自由の女神像。ニューヨークのみならず、アメリカの象徴として愛されている観光地の一つです。

自由の女神像があるのはニューヨーク南方に位置するリバティ島、そこまではバッテリーパークから出ているフェリーに乗り込んで向かいます。

自由の女神像を楽しむには3通りの方法があり、公式サイトで予めチケットを買っておくことをお勧めします。チケットの種類は、自由の女神像を真下から見上げて楽しむもの、2つ目は自由の女神像の内部に入り台座まで登る楽しむもの、そして最後は自由の女神像内部はもちろん、王冠の部分まで登れるものとなります。

時期にもよりますが、特に4月から夏にかけては二つ目と三つ目のチケットはものすごい速さで毎年売り切れているので、自由の女神像をみたいなら、計画的に観光することをお勧めします。

自由の女神像

Times Square(タイムズスクエア)

 

マンハッタン42丁目に位置する、ニューヨークの中心地とも言えるタイムズスクエア。

大きな電子掲示板がいくつもあり、様々なブランドやお土産やさんが固まるこのエリアはまさにニューヨークのアイコンとして数々の雑誌や映画などに使われています。

観光地というよりはショッピングを楽しみたい人、その雰囲気を楽しみたい人のための場所です。

また、キャラクターのコスチュームを着て、写真を撮ろうと誘ってくる人がいますが(そのコスチュームも面白い意味で驚きのクオリティ)、そういう人たちはたった1枚の写真に信じられない料のチップをせびってくるので、写真を撮って思い出を作るのはいいですが、その押しの強さに流されないようにしましょう。

チップは気持ち料なので払うことは大事ですが、金額は必要以上に渡す必要はありません

タイムズスクエア

Metropolitan Museum of Art(メトロポリタン美術館)

 

現地の人には「Met(メット)」という名で親しまれています。おそらく芸術に興味があるならこの美術館は外せないはず。なぜならここは世界三代美術館の一つと言われる歴史ある美術館だからです。

展示品が300万点以上あると言われているこの美術館。絵画や陶芸、彫刻など様々な展示がエジプト、ヨーロッパ、アジアなどの大まかなエリアごとに展示されているので、到底1日で全てを見て回りきることはできません。

そのため、目的がなく行った人にはどこから見て回ればいいのか…と困ってしまうのが正直なところ。だからこそそんな人には、Metが実施している無料の日本語ガイドツアーに参加することをおすすめします。

そのガイドツアーでは歴史的に重要な展示品に的を絞り説明を聞きながら1時間ほど回れるようになっています。もちろんガイドツアーが終わった後にもう一度気になる展示や、見ていない場所の展示を見ることは可能。1日いても飽きることなく楽しめる美術館です。

メトロポリタン美術館

MOMA

 

ここも人気の美術館の一つ。実は長い期間ずっと増築工事をしていたのですが、ついに2019年秋により広くなってリニューアルオープンしたことにより、今一度人気が高まっています。

Metとは違い、19世紀後半からの作品にフォーカスして展示しているので、ゴッホやピカソ、モネといった歴史的価値がある作品を至近距離で見ることができます。

またMomaは金曜日の午後4時からはなんと無料で入館することが可能です。実は日本の大手会社ユニクロがMomaと提携しており、金曜日午後4時から閉館時間までの入場料をまかなう代わりに、ユニクロはMomaが所有している作品の著作権をその商品に使えることから多くの素敵なコラボ商品を生み出しています。

そのため、金曜日の4時以降はものすごく混雑するのですが、少しでも節約して観光したい、もしくは見たいものがもうすでに決まっているという人はこの時間帯が狙い目かも。

MOMA

Empire State Building(エンパイアステートビル)

 

ニューヨークの街並みを高いところから見下ろしてみたい、という人におすすめなのが何と言ってもエンパイヤーステートビルディング。

マンハッタン34丁目に位置するニューヨークのランドマークの一つで、「キングコング」や「スーパーマン」などの映画にもよく出てくるビルですね。展望台は86階と102階に分かれていますが、86階からの景色でも十分楽しめます。

また展望台に行くまでも、エンパイヤーステートビルディングを建てた当時の資料や写真、様々な映画に使われていることを紹介するパネルが展示されています。

どの時間帯に行ったとしても美しい景色を見せてくれるエンパイヤーステートビルディングですが、その中でもおすすめは何と言ってもニューヨークの夜景。その夜景には思わずうっとり声が出てしまいます。機会があればぜひ一度みてみては?

エンパイアステートビル

老舗ジャズバー巡り

 

ニューヨークの魅力の一つに本場のエンターテイメントを体験できるというものがあると思います。ここではあえてすでに有名なブロードウェイショーではなく、ジャズが聞けるローカルのジャズバーについてご紹介しようと思います。

ニューヨークには歴史に残る有名な老舗のジャズクラブ、ジャズバーがとてもたくさんあります。大きなジャズクラブが栄えているのはもちろん、小さなジャズバーだって負けていません。中には100年以上続くという店も多く、毎夜多くの人がジャズを楽しんでいます

ジャズと一言に言ってもスタンダードジャズから現代的なジャズまで幅はとても広いですが、ふらっと入った小さなジャズバーで演奏を聴いていたら、出演しているミュージシャンがグラミー賞ノミネートされている、もしくは受賞経歴のあるミュージシャンだったという話は本当によくある話。

それだけでもニューヨークのミュージシャンのレベルの高さが伺えますが、さらに全員が驚くほどフレンドリー。現地の素晴らしいミュージシャンの音を至近距離でしかもドリンク代+チップ代だけで聴けるなんて、音楽好きにとってこんなに贅沢なことはありません。

また有名なジャズクラブでもバーカウンターを常備しているお店などもあり、席によっては当日入ることもできるので、ジャズクラブだから予約をしないと音楽を楽しむことができないというわけではもちろんありません。

元気があれば昼間は観光して、夜は地元のジャズバーで現地の人と話しながらニューヨークらしい音に浸るのもおすすめです。

ジャズバー巡り

Brooklyn Bridge(ブルックリン橋)

 

最後に紹介するのはマンハッタンとブルックリンをつなぐ美しいブルックリンブリッジ。

この橋は遠くから見るのもおすすめですが、もし時間があれば実際歩いて渡ることも可能です。所要時間はだいたい30分ほどとそこまで長くないので、もしブルックリンの観光予定があるなら、ブルックリンに行く時、もしくはマンハッタンに戻る時のルートとしてスケジュールに組み込んでみるのはいかがでしょうか。

また、実際歩いて渡るだけだったらお金もかかりませんし、特に水際に近いこともあって夏場などは涼しい風が吹いていておすすめです。ただ、この橋は現地に住んでいる人もランニングコースとして使っていたり、通勤コースとして使っている人も多くいるので、もし人がいない時間帯の写真を撮りたいなら朝方がおすすめです。

ブルックリン橋

ニューヨークの観光名所まとめ

 

ニューヨークの定番のおすすめ観光地をご紹介しました。もしかしたら今回紹介した全ての場所に行きたいけど、全部行ったら入場料などだけでかなりかかる…と思う方もいると思います。そういう方にはCity Passがおすすめ!City Passとは132ドルの料金で購入することができ、6つのニューヨークの主要観光スポットがお得に回れるチケットのこと。

今回紹介したスポットとしては、自由の女神、メトロポリタン美術館、エンパイヤーステートビルディングが対象です。また、今回は紹介していないですが、911メモリアルやアメリカ自然史博物館、グッゲンハイム美術館なども対象になっているので最大で100ドルほどお得に観光することが可能(実際は9つの観光スポットのうちから6つを選ぶことができるパスなので詳細はCity Passサイトで確認を!)。

 

冒頭でもお伝えした通り、今回ご紹介したのは数ある観光地の中のごくわずかにすぎません。逆に今回ご紹介した場所に行かなくても、ニューヨークの思い出はきっと素敵なものになると思います。ニューヨークの旅の参考になれば幸いです。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

アメリカ留学バナー

ニューヨーク留学情報