留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > オーストラリア  > オーストラリア留学で求められる健康診断の指定病院は限られています

オーストラリア留学で求められる健康診断の指定病院は限られています

オーストラリア留学で学生ビザを取得する場合、オンラインで日本国籍の方はアセスメントレベルが1なので、オンラインで申請していくことになります。ただ、オーストラリアの場合は、健康診断の受診が必要です。健康診断の受診がこれまで義務付けられていましたが、2015年11月より日本国籍の方は健康診断の受診が免除されるようになりました。その一方で、妊娠されている方や、医療関係者の方、現地でチャイルドケアセンターなどで研修される方、75歳以上の方など特殊ケースの場合は引き続き健康診断の受診が求められています。
※2016年2月現在の情報に基づいてご案内しています。

健康診断が求められる背景

オーストラリアは、世界で最も健康水準が高い国の一つとなっていて、そのレベルを維持したいと考えています。その為、長期で滞在される方には最低限に健康状態が良いということを求めるようになっています。

オーストラリアは世界中から学生が集まる人気の留学先です。特にアジアや南米からの生徒も多く、これらの国々には衛生状態が決して良いとは言えない国も沢山あります。これらの国から無チェックで滞在を許可するとオーストラリアに住む人々にも健康的な影響が出てくることも考えられます。

また意外にも日本も例外ではなく、日本では結核が想像以上に患っている方もおられますので、そういった呼吸系疾患の蔓延を事前に防ぐという狙いもあります。


健康診断でチェックされる主な内容

健康診断では、大まかに以下の項目でチェックされていきます。一般的な健康診断の項目と考えていただけると無難かと思います。人間ドックのような半日や一日かけて様々な項目をチェックしていく様なものではございません。血液検査も無いくらいです。
・身体測定
・血圧測定
・内科検診
・胸部エックス線
・尿検査
・聴力/視力

簡単に検査して見つかるような重大な疾患が無いか、呼吸器系の疾患は無いかというところがメインです。

健康診断


健康診断の料金

健康診断の料金は行かれる病院により異なりますが、2万円程度を見ておいて、実際に病院に健康診断の予約をする際に料金を確認してください。なお、保険は適応されませんので、3割負担で済むといったことは無いです。この点はご注意ください。


健康診断を受診できる指定病院

オーストラリアの留学ビザでは、この健康診断が受診できる病院が指定されています。そのため、必ず指定された病院で健康診断を受診しなければなりません。この点がオーストラリアの留学ビザで気を付けなければいけない点の一つです。では日本のどこの病院で受けられるかというと、

<東京(新宿区)>
・聖母病院

<東京(港区)>
・東京メディカルエンドサージカルクリニック

<大阪市(淀川区)>
・大阪回生病院

<神戸市(灘区)>
・神戸海星病院

<福岡市(中央区)>
・福岡中央総合健診センター

<札幌市(東区)>
・カレスサッポロ 北光記念病院

以上6カ所しかありません。日本国内で6カ所のみです。一昔前までは、この3倍くらいはあって日本各地にいても比較的受診しやすかったのですが、数年前に徐々に限定されてきました。

大都市の名古屋にもないので、名古屋だと東京か大阪に出向いて受診する必要がありますし、仙台であれば東京、広島であれば大阪か福岡といったように、大都市や中都市でも新幹線代など交通費をかけてこれらの指定病院に行かなければなりません。ここがオーストラリアビザの一つの注意点です。

※指定病院が変更になる可能性もありますので、必ず最新の指定病院リストを確認してください。「australia japan panel doctor」で検索すれば確認できるかと思います。リンクのURLが変更される場合もありますので、リンクは貼り付けておりません。

医師


事前に予約していきましょう

これらの病院で健康診断を受診する場合は、事前に予約をとって行かれることをお勧めします。特に渡航までに時間が無い方であればなおさら事前に健康診断の予約を入れたうえでこれらの病院へ出向いてください。また事前に混雑状況なども確認されておくと安心かもしれません。


まとめ

・オーストラリアのビザでは、健康診断が不要になったが、特殊ケースの場合は依然受診が必要
・受診は日本国内で指定された6カ所の病院のみ(東京・大阪・神戸・福岡・札幌)
・健康診断に国民保険や社会保険の適応はありません
・健康診断受診前に予約や混雑状況を病院へ事前確認しておきましょう

■ 関連リンク
オーストラリア留学

ページの先頭へ