留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > カナダ留学のお役立ち情報

【ビザ】カナダ・スタディパーミット規定一部変更(2016年7月時点)

カナダのスタディパーミットの規定が一部変更となります。2016年7月時点の情報です。

※ビザに関する規定は突如変更になるケースが多いため、最新の情報は必ずカナダCICのホームページ等でご確認ください。

カナダのスタディパーミット(学生ビザみたいなもの)を申請する際に、2つのプログラムを受講する前提で申請するケースに当てはまる場合に以下で説明する規定が適応されることになります。
続きを読む

カナダでボランティア活動

カナダ留学中に、学校へ行き授業を受けること以外にできるアクティビティといえば、もちろんアルバイトや旅行があります。

それ以外で、カナダでの留学を活用して英語コミュニケーションのスキルアップできることといえば、ボランティア活動があります。

今回は、もし留学中に、アルバイトができなかったり等で、授業のみの平凡な毎日を過ごしているという方に、カナダではどんなボランティア活動ができるかをご紹介します。
続きを読む

カナダで購入できる化粧品

海外生活を送る中で、特に女性が気になることといえば、化粧品についてがあげられます。

短期滞在であれば、日本から持参する化粧品等で間に合うかと思いますが、半年以上の中期・長期滞在になると、どうしても現地で購入しないといけないものもでてくるかもしれません。

今回は、カナダではどのようなお店で、どのような商品が手に入るかをご紹介します。
続きを読む

カナダで運転免許証を切り替えるには

カナダの多くの都市には、もちろんバスや地下鉄、電車などの公共交通サービスが普及しています。しかし、日本と比べて、カナダは国土が広いため、街も四方に大きく広がっています。

そのため、バスや地下鉄だけではどうしても間に合わないこともあります。特に、冬が厳しいカナダでは、バス停で何十分も外で待つことが大変つらくなります。

そこで今回は、長期滞在者向けに、どのようにして日本で持っていた免許証をカナダで切り替え、合法的に運転できるかについて見てみましょう。
続きを読む

カナダ高等教育機関の学費

カナダへの留学を考えるにあたり、心配することといえばやはり金銭面があるかと思います。

その中でも、学費についての疑問が大きいのではないのでしょうか?

今回は、カナダの学部留学にかかる学費についてお話しします。
続きを読む

カナダ・ビクトリアの観光スポット

さて、前回のカナダ記事で、ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリア市がカナダ人からも人気の観光地だとご紹介しましたが、

今回は詳しく観光スポットやアクティビティーを見てみましょう。

ビクトリアには有名なブッチャートガーデンもありますが、今回はダウンタウンから徒歩範囲にあるスポットをご紹介します。

British Columbia Parliament Buildings (ブリティッシュコロンビア州議事堂):入場料・ツアー料無料

州都であるビクトリア市。

ダウンタウンやインナーハーバーから南に向かうと、迫力のある大きな州議事堂が建っています。

12エーカーをももつこの巨大な州議事堂は1897年に建設が完成した、歴史ある建物です。

もちろん現在でも、平日に州議会が開かれており、ほとんどの場合で国民やビジターに公開されています。

ビクトリアを訪れた際には、記念に州議会を覗いてみてはどうでしょう?

また、議事堂内を回りながら、州の歴史、建物の歴史や構造、または州議事堂の役目などを学ぶことができる、ガイドが着いた無料ツアー(英語またはフランス語)もあります。

5月20日までは平日のみで、5月21日から9月5日の間は週末や祝日もツアーを行っています。

さらに、日本語も含めた13ヶ国語での建物の内装についてのセルフガイドもありますのでご覧ください。https://www.leg.bc.ca/content-peo/Pages/Self-Guided-Tours.aspx

Royal BC Museum:1日大人入場券16ドル

大昔にこの地に存在した生き物や動物たちの生態、先住民の言語や昔の生活、ヨーロッパからの移民、そしてその後州がどのような歴史を経て成り立ったかなど、BC州についてならすべての答えがこの博物館にあります。

カナダ国内には600以上もの先住民グループが存在しており、そのうち200近くがBC州を居住としています。

さらにBC州内だけで30以上もの言語、60以上もの方言が使われているといわれています。

先住民の歴史を大切にするカナダ。博物館でじっくりその歴史を学んでみませんか?

また、この博物館にはIMAX(特大スクリーン)劇場があり、自然や生き物をテーマにした45分程度の映画を放映しています。

IMAXのみのチケットは11.95ドルですが、博物館の入場券とセットで買うと25.95ドルとお得になります。

Beacon Hill Park

200エーカーもの敷地がある緑と花のカラフルな色で豊かなこの公園は、インナーハーバーから南へ徒歩10分程度の距離にあります。

この公園のおすすめするところは、春から秋まで毎日オープンしているBeacon Hill Children’s Farmという、色んな動物が生活している小さな牧場です。

うさぎ、ヤギ、孔雀、ラマ、七面鳥などを間近で見ることができ、その中でも、ヤギとふれあえるエリアはいつも子供に大人気です。

この牧場は寄付金で運営しており、実質無料で入ることができますが、2,3ドルの寄付金を入場料として募金箱に入れる方が多いようです。

Fisherman’s Wharf

インナーハーバーからは西に向かって徒歩15-20分ほどに位置する、漁師の波止場、という意味のFisherman’s Wharfがあります。

ここには、おいしいシーフード等のお店やアイスクリーム屋さんが水上に浮かびながら運営しています。

また、野生のアシカを間近で見ることができ、近くのお店から魚を買ってえさを与えることもできます。この波止場には海に浮かぶ家が数件あり、これらは他ではなかなか見られない光景です。

実際に住人が住んでいますので、敷地内にはいらないようにしましょう。

海に囲まれたビクトリア。

気候もとても温暖でほぼ年中緑とカラフルな花が街中に目に入ります。

カナダにこられた際は足を伸ばして訪れてみませんか?

【コース】PGIC Vancouverの医療英語

PGICバンクーバーでは、医療英語プログラム(Medical English Program)を開講しています。

フルタイムの『医療英語』はレベル的にも期間的にも難しい・・・・・
PGIC Vancouverなら午後の選択クラスとして4週間で受講可能です。


プログラム概要

医療英語プログラムは、病院や薬局などの医療現場で求められる、英語によるコミュニケーション能力をみがくことを軸としたものです。患者・医療従事者の双方の立場から、病状や病歴の説明、検査内容や治療ぷしょんの案内、慎重さが求められる情報開示など、異なる状況に適切に対応できる英語スキルを学んでいきます。

看護師や薬剤師、歯科衛生士の方など、すでに医療現場にて活躍されている方が、その経験を活かしつつ、英語での更に高度なコミュニケーションスキルをみにつけたり、プログラムを通して医療的なボキャブラリーや表現を学びたい方にピッタリです。

PGICの特徴

  • ●患者対応のための英語コミュニケーションスキル
  • ●英語での病状、症状、自分自身や家族の病歴など説明
  • ●英語でのクリニック電話対応・問診票の書き方
  • ●医療処置に関する簡潔な説明を英語で行う
  • ●ロールプレイを中心に、より実践的に学べる
  • ●ゲストスピーカーを招き、カナダの医療事情に触れる
  • ●実際に薬局などを訪れての実務見学

受講諸条件

  • 対象レベル:Intermediate(中級)修了レベル
  • プログラム期間:1セッション(4週間)
  • プログラム種別:午後の選択クラス(月~木)


受講生の声

Y.A.様

医療従事者の方が患者さんに向けては、なるべく柔らかい表現を用いて質問していることを知り、驚きました。「What do you think?」「Wanna say something?」のような直接的ではなく、『What’s on your mind?』や『You look as if you are about to say something?』と聞くことで患者さんの心もケアしているそうなのですが、そういった間接表現は日常、友達との会話の中もとても役立ちました。

ロールプレイが多く、実践的な内容のクラスなので、毎日授業時間があっという間に感じる程充実していました。ゲストスピーカーとして来てくれた看護師のスーザンさんの、患者さんの心と体の安定には薬も大切だが、実は『瞑想』がとても有効だというお話もとても興味深かったです。

レベルが高く、内容も濃いこのクラスは、私にはかなりチャレンジでしたが、結果的に語彙力が飛躍的に伸び、かつ視野を広げるきっかけとなりました。受講して本当に良かったです。


時間割

pgic医療英語時間割

学校情報

PGICバンクーバー学校情報へ

バンクーバーからビクトリアへの交通手段

カナダ国内で旅行する場合、カナダ人からも人気の旅行先として、ブリティッシュコロンビア(BC)州の州都、ビクトリアがあります。

ビクトリアへの交通手段


ビクトリアは人口8万人程度の、バンクーバー島の南に位置する港町です。

BC州の最大と都市、バンクーバーからは約100キロ離れています。

実は、バンクーバーまでの時間とほぼ同じぐらいで、シアトルから飛行機やフェリーなどで行くこともできます。

バンクーバーからビクトリアまでの交通手段はいくつかあります。

航空機


1つ目に飛行機です。

これがやはり一番早い交通手段になりますが、コストはかかります。

バンクーバー国際空港からビクトリア国際空港までの飛行時間は約30分です。

航空券は往復で200~250ドル程度になります。

ビクトリア空港ですが、実はビクトリア市から車で20~30分の場所に位置しており、レンタカーやタクシー(約$55)、空港シャトルバス(約$22)で市街に向かう必要があります。

もちろん、コストが一番安い市営のバスもありますが、こちらは50分程度かかり、乗り換えも必要になりますので注意です。

水上飛行機


飛行機の他に、バンクーバー・ビクトリア間には、港町ならではの交通手段として、Harbour Airが運営する水上飛行機があります。

バンクーバーこれらは他の都市からバンクーバー空港に到着するという旅行者には便利な手段になります。

バンクーバー港はダウンタウンの北に位置します。

到着はビクトリアのダウンタウンの西側に位置するビクトリア港になります。

こちらの片道料金はやく210ドルで、飛行時間は30分程度です。

この水上飛行機ですが、バンクーバー国際空港からも出ており、150ドルと少し上記に比べて少し安くなっています。

水上飛行機はビクトリアのダウンタウンすぐ横の港に到着しますので、地上の交通手段を考える手間が省けます。

10~20人程度の乗客を乗せられる小さめの飛行機ですが、水上からの離陸、着陸はなかなか他ではできない経験ではないでしょうか?

フェリー


そして最後に、フェリーも多くの人が選ぶ交通手段です。

ビクトリアへ向かう、本土からのフェリーはバンクーバー市街の外にあるTsawwassenというフェリー港から出ており、ダウンタウンバンクーバーからだと車で50分ほどかかります。

そこでBC Ferries Connectorが運営するサービスを利用することによって、バス一本で、バンクーバー市街からビクトリア市街まで行くことができます。

このサービスですが、ダウンタウンからだけでなく、バンクーバー空港からもバスが出ています。

片道運賃は60~70ドル程度です。フェリーの所要時間は1時間半ほどで、ゆったりと過ごしたい方におすすめの交通手段です。

※各掲載料金は2016年5月時点での料金となります。最新の料金は都度ご確認ください。

ページの先頭へ